FC2ブログ

200622 東仙北

2020年6月22日(月)曇一時雨
200622higashisenboku.jpg

夏至が過ぎると、これから短くなるだけということを受け入れられない心持ちが、数日だけ続く。
東仙北のもりしげ近くの細い路地。トタンのような壁でできている平家の古い家が取り壊された。
基礎が残っているだけ。いつまでもありそうな感じだったけれど、消えた。

200622uchimaru-lawson.jpg

消えたといえば、ローソン盛岡内丸店の2階、看板が白くなっていることを今更気付く。
TSUTAYAからECCに変遷していると思っていたが、今はM進になっていたのか。

200622minamiodori.jpg

南大通一丁目の火事があったところ。最後に残されたビルの解体も終わり、更地に。
向こう側や背後に旧Nanakが見える。

○青龍水 ポンプを再稼働するも、水のくみ上げならず
○松園の住宅街で複数の落書き被害
○岩手県立大学がきょうから対面授業を開始
○紺屋町アンチック市 2カ月遅れで開幕(21日)
○盛岡市 新型コロナの支援策として水道基本料2カ月分を免除へ
→8月、9月の検針分
○週刊ジャンプの「呪術廻線」が10月からアニメ化
→作者は岩手県出身の芥見下々さん

200621 安倍館児童公園

2020年6月21日(日)晴
200621kitunemori.jpg

夏至、父の日、部分日食。てんこ盛りな日。
早朝の前九年に出る狐森稲荷神社の大木が待ち構える。思い入れはある道。
大木の下はやはり草深く、階段を登るのも勇気がいる。
前は社があったと記憶するが、それがないのを知ったのは以前のこと。
今日もやっぱりなかった。

200621himawarigakuen.jpg

前九年公園まで行けば、道路の向こうに岩手山。
空は青いのに、山には雲がかかり始める。すっきりと見たかったので無念。

公園周辺はあまり変わりがない印象を受ける。
盛岡市立ひまわり学園も。

200621konan-gijyuku.jpg

江南義塾も。
正々堂々 まっすぐに生きると訴えかけてくる。
野球の練習の音が聞こえてきた。

夕方、落し蓋の穴を通して日食を映す。
次が10年後なら、無理矢理にでも見せてやればよかったかな。
一緒に見られる保証はどこにもないから。

(安倍館児童公園)
200621abetatecho.jpg

3番にある公園。
バス通りからは理容石川あたりから細い道に入る。
Nekoteという床屋さん付近で曲がる。その突き当たりの道沿いに公園はあった。
1,026平米、昭和58年3月31日供用開始。

200621abetate-sube.jpg

縦長の敷地の中央に藤棚。そこを区切りにエリアが分かれている感じ。
確認できたのは水飲み場、砂場。日都産業の古い滑り台。

(きょうの電話ボックス)
200621koshudenwa-zenkunen.jpg

前九年三丁目でゴミ集積所とポストに挟まれて存在。
公衆番号は611番。

○「お弁当パラダイス」が大通商店街で開催。市内24の店が参加
○盛岡駅前商店街の「駅前開運100縁商店街」が2ヶ月遅れで再開(20日)
○東北地区高野連 独自の東北大会を8月9日から11日までの開催を発表(20日)
→硬式と軟式両方を宮城県で開催

200620 河南ふれあい公園

2020年6月20日(土)晴時々曇
200620hatakegaeshi.jpg

畑返踏切から見えるまっすぐがさらに姿を変えていた。
踏切を渡るとすぐ広い道を横切るようで、その幅で排水の施設が設置された。
段差があるので、踏切とはどんな接続になるのだろう。
まだ、ちょっとわからない。

200620tamahome.jpg

西バイパスの南側を走ると、切なくなったりする。
タマホーム、ホーマック、カローラ岩手など東仙北にいたお店たちの姿があるから。
そのせいか、ゆいとぴあのエリア外に出たくなって、才川から道を外れる。
埋蔵文化財センターあたりから、落ち着いた風景に変わっていく。

200620kawamura-sanfujinka.jpg

適当にバス通りを南下する。
飯岡郵便局あたりだっただろうか。
仙北町にあった川村産婦人科の看板にノックアウトされる。
斜めの三人の赤ちゃんがかわいすぎる。

飯岡小学校の創立100周年で整備された「岩石」をみて、折り返し。
飯岡地区コミュニティ消防センターから田園がひらけてくる。
西バイパスは遠くに見えるが、正直どこにいるのかよくわかっていない。

200620en.jpg

ようやくバイパスをアーチカルバートでくぐる。
そこでは緑が強くなった田んぼが、雲の下に広がっていた。
斜めの道を選んで、盛南開発エリアに戻る。

「札幌海老麺舎 えん」にたどり着く。
よく見ると、2階はいわてアスリートクラブ。
ここだったのか。所在地は飯岡新田になるらしい。

(河南ふれあい公園)
200620kanan-fureai.jpg

北飯岡三丁目にある児童公園。ジャムフレンド盛岡の東側に位置する。
1,800平米、平成24年6月1日供用開始。
中へ入ると、東屋とレンガ風の水飲み場がお出迎え。
この規模で駐輪場があるのも珍しい。

200620kanan-fureai-branko.jpg

園路があり、それに沿って遊具が配置されている。
コトブキのウゴウゴ、タカオの小さな滑り台。
メインは、中村製作所のおやこブランコかもしれない。
縦に二人で跨って楽しむタイプだ。

○さわや書店 オリジナルトートバッグ「ほんをよむ」を6月29日から発売開始
○県北バス 22日から106急行の運行本数を平日12便、土日祝日9便に変更
○いわての暮らし文化特別知事表彰にクラブチェンジの黒沼社長ら3人・1団体が表彰(19日)
○県高校総体の代替大会 ソフトテニスも開催を決め、5競技に
○名前
 愛衣,あい

200619 盛岡駅

2020年6月19日(金)曇後時々雨、雷を伴う
200619morioka-ekimae.jpg

全ての都道府県との移動自粛が解除になった。
盛岡駅の変化には特に気づけなかったけど、別のステージに入ったことは確か。

バス乗り場の真ん中に立つ。
今の推しが豆腐であることがわかり。
GENプラザの上は矢沢永吉さんに変わっていたことを知る。

200619menkyo-c.jpg

駅舎を通り過ぎ、アイーナ。
1階の免許センターには貼紙。
更新は再開されたもののCOVID-19対策で収容人員が少なくなっている。
そのため、日曜日は入場制限が行われているようだ。
他にもボールペン持参もしなくてはならない。

200619seiryusui.jpg

帰りは、強めの雨の中を走り出す。
そのうち、オレンジ色の光がまぶされきた。
柔らかいだけでない、異次元へ引っ張っていかれそうな光。

岩手山も姿を見せる。
柄にもなく希望を感じちゃったよ。

(おまけ)
200619shimizucho.jpg

穀町の筋を進んで、六日町で突き当たるあたり。
しばし更地だった場所に建物が作られている。
屋根には上棟式の矢羽根と吹き流し。
久々に見た。餅とかまいたのかなあ。

○都道府県またぐ移動自粛が全面解除
○いわての観光リスタートセレモニーが開催。知事が「岩手の新しい観光宣言」
○ 「わんこそば」再開
○ わんこそばを提供している事業者「わんこそばガイドライン」を知事に報告
○「奥州愛馬の会」が知事に通常開催を要望
○ 岩手県 新型コロナウイルス検査で「抗原検査」も導入
○盛岡市 見前小学校の敷地内に(仮称)見前第2児童センターを整備へ。2022年度の供用開始を目指す

200618 ベルフ山岸

2020年6月18日(木)晴後一時曇、雷を伴う
200618belf-yamagishi.jpg

ベルフ山岸もシートに覆われていた。
こちらは外装塗装工事らしい。6月30日まで駐輪場は移動。
今の建物がオープンしたのは2005年7月。それなりの歳月だ。
なんでもメンテナンスは大事。さて、自分はどうしようか。

山岸駅、永福寺、中津川橋と山岸的エッセンスを吸収しておく。

200618atagocho.jpg

マチナカへ戻るには、必然的に下小路を通ることになる。
黒川産婦人科の隣が岩手フジカラーだったんだなと。
このまっすぐを夢中になって走ることができるときは、自分はいい状態だと思う。

(おまけ)
200618inazo.jpg

久々に下ノ橋町の新渡戸稲造さんと向き合う。
いつもどおりそこにいた。
台座の後ろにはいろいろと書いてある。
朝倉文夫作とか、昭和58年10月建立とか、協力 盛岡信用金庫とか。

○「わんこそば」も再開 業者が独自のガイドライン作成
→東家では、19日からは本店のみで再開
○盛岡市動物公園 駆除したイノシシの肉をピューマのエサに
○30日に予定されていた盛岡市の小学校陸上記録会 新型コロナで中止が決定
○盛岡市中総体 全13競技を無観客で実施へ
○紺屋町の「光のアトリエ 喫茶・月時計」は5月23日オープン
○盛岡市内の公立校で夏休みを短縮するのは、小学校14、中学校2
○盛岡市 新型コロナ対策でプレミアム商品券を発行へ
○県立美術館 企画展「Human and Animal 土に吹き込まれた命」も開催中止
○県交通  松園盛岡大学線 6月22日より運行再開、イオンモール盛岡線 16:50以降の便を再開
○名前
 葵,あおい

200617 ベルフ仙北

2020年6月17日(水)晴
200617belf-senboku.jpg

アンダーパスをくぐる。
いわて生協仙北店の駐車場に車の姿はほとんどなかった。
6月16日から改装工事のため休業しており、6月25日にリニューアルオープンとのこと。
店内の様子は当然うかがえない。どんなふうに変わるのかしらん。それは楽しみ。

200617senchu-bara2.jpg

基本的には晴れていた。
仙北中のバラのゲートも花が咲いている。
まともに見るのは初めてかもしれない。
薄い色の花なんだな。

向こう側は更地。
動き始めるのはまだ先か。

(おまけ 建物を正面で見る)
200617motomiya.jpg

橋を下ったところにあるジュウェル盛南大橋。
1階にローソン盛岡本宮店がある。
不動産情報サイトなどによると、1996年2月築。地上6階建て。
ストリートビューでは、2017年頃までは街路樹があったので、スッキリとは見えなかった。
2018年には幹だけになり、2019年には姿を消している。

○青龍水 枯れる。原因は不明
→異変が起きたのは、今月10日。掃除が終わったあと、水が満杯にならず、ポンプが空回り
○岩手県 こ年度から杜の大橋の4車線化工事に着手。2025年度の供用開始目指す
○夏季県高校野球大会盛岡地区予選の組み合わせ決まる(16日)
→盛岡四高は盛岡市立と対戦
○県合唱連盟 第72回全日本合唱コンクール県大会の中止を決定
○太陽鉱油 盛岡市湯沢に盛岡南インターサービスステーションを8月初旬にオープン予定
○名前
 結生,ゆい
 海美,うみ
 和奏,わかな
 蘭, らん

200616 青龍水

2020年6月16日(火)雨時々曇一時晴、雷を伴う
200616seiryusui.jpg

とあるインスタで、雨不足で地下水が枯れてしまい青龍水が止まっていると知る。
現地へ行くとそれは事実で、水槽の中は空っぽであった。
---------------------
雨不足で地下水が枯れてしまい、
青龍水は止まっています。
雨が降って水源が回復するまで
お待ちください。

青龍水を潤す会
---------------------

そんなに降っていなかったのかと思いながら、
昨日や今日の雨がここの水脈に恵をもたらしてくれることを願う。

200616marusho.jpg

夕方は川原町を通った。円光寺入口にある細い建物に貼紙。
丸庄クリーニング南大通り店は5月30日で閉店していた。
看板がちょっと懐かしいフォント。

(おまけ)
200616morii.jpg

大沢川原の盛岡医療福祉スポーツ専門学校。通称「モリイ」。
4月から「スポーツ」が学校名に加わっている。
植木が機関車型だと知る。

○南大橋の東仙北側では舗装の工事中
○岩手県議会 新型コロナ対策で常任委員会で一部質疑について事前通告制を導入
○いわてグルージャ盛岡 6月27日、ホームで秋田と開幕戦
○第163回直木賞候補作に「雲を紡ぐ」と「少年と犬」が決まる
○名前
 楓,かえで

Template Designed by DW99