FC2ブログ

060412 東山堂支店

4月12日(水)雨


材木町商店街にあるのが「東山堂支店」。面構え通り、細長の店内。
品揃えは、バランスよくという印象でしょうか。
奥に参考書(教科書ガイドですが)が結構あるのも、へえって感じです。
東山堂とは経営は別だけど、親戚にはなるのだそうです。
そして、もともとは東山堂は材木町が発祥の地なんだとか。
関係はそれなりにあるということで、謎がとけて、スッキリしました。

小さな書店シリーズはこれでおしまい。
日本書店商業組合連合会のホームページによると、残る盛岡の加盟店はさわやと東山堂だけみたい。
(丸善、エムズ、未来屋とかは入っていないようですね)
また、玉山区好摩に「玉花堂」というところがあるらしいが、ちょっと遠い。

思えば、盛岡に来た頃(10年くらい前)には「きたくり書店」とかあったなあ。
八幡町にも、新田町にも、仙北町にもあった。この前、中野の「田中屋書店」は閉店したし。
マルタカはどうしようかと思ったけど、本業は文房具店でしょうから割愛。
第一書店もふと思い出したりなんかして(特に短命だった中央通沿いの店舗)。

それぞれがそれぞれに味がありましたけど、細々という雰囲気でした。
残っている場所も、穴場っぽいと言えるのではないでしょうか。
上ノ橋町からはじまって、本町・四ツ家~三戸町~長町~材木町と一筋に描けそうです。
大きめの書店は、気が向いたらそのうちに。

060412zaimoku.jpg

材木町まで来たのだから、賢治さんを1枚。
個人的には、このくらいの距離で、横から村定と一緒におさめるのが好き。

タイムスに、八幡芸者の髪結いをやっていた女性の記事。
そのころの思い出については「何もしゃべらねえ」と。
芸者の名前も覚えない。何を聞いても忘れることにしていたのだとか。
一つの生き方だよなと思いながら読む。

060412shimizu.jpg

雨はほぼずっと。ただ傘はささないつもりなら何とかなる感じ。
いわゆる霧雨に近い。夜、清水町まで来れば、暖かいせいか町が煙っていた。

○きょうの誤変換 父さん同士店
○中央通の美容室トリイも、もう少しで閉店らしい。マンション建設のため
○盛岡ブランドの認証制度
→有効期間は4年間。申請には手数料。初回は基本料5,000円/1事業所にアイテムの数に応じて、認証申請品目手数料が10商品ごとに1,000円。更新時の基本料は3,000円
○メモ 広季、遥、泰音、嘉梨、雛、優果、芽依、椿、幸愛、虹
○岩手公園のさくらまつりのぼんぼりは120基
○薮川小学校の新入生はなし。今後4年連続で入学児童はない見込み

Template Designed by DW99