FC2ブログ

060721 愛宕町

7月21日(金)やがて、れいにいでい


下小路を中央公民館あたりまで歩いて、
自分の今の状況と同じようなグランドホテルの長い坂道の入口でため息をつき、
アケボノ母子園を通り過ぎて、たどりついたのが武家屋敷風の屋根の家。
数年前までは人の気配があったような気がするが
こんな雨の日、折れたアンテナが現状とやらを教えてくれる。

毎日の中では幾つかの戦いがあって、勝ったり負けたり引き分けたり。
そんな負けた日の思い出をアンテナに重ねてしまったりなんかした。
美しく負けるなんてのは、なかなかできない。おれは。
でも、ちゃんと負けたいよな。

060721yoshiyo.jpg

人通りも少ない下小路中前からジョイス本町店へ。
敷地の一角では、菓子店・クリーニング店・美容室(だったかな)が入居する建物が建築中。
いつまでシートで覆われてるんじゃと思っていた
一勧跡のル・サンクもここからだと姿を見ることできるようになっていた。

吉与の壁にあるモノたち。組み合わせの妙に足が停まる。
こんなふうに僕も時には場所を変えながら「組み合わせ」のひとつになっている。
それが輝きを放っているかどうかは怪しいのではあるけれども
歯車ではなくて、ちゃんとした組み合わせのかけらになれるなら悪い人生ではないだろう。

雨は微妙に降り続け、雨の日は焼酎が半額になるという店で飲む。
誰もがやっぱり負けていて、それを乗り越えたり、抱えたりして生きていること。
当たり前なことだけど、気づいた夜。

(気になるモノ)
060721atagopanshon.jpg

どうでも良い話。これは愛宕町のパンション。
この文字を見ると、「つつみだいじろう」の歌を口ずさんでしまう。
♪パッション あつく あつく~
サンデーズとかあったよなあ。

060721aburacho.jpg

こちらは内丸や本町界隈で見かける電柱の警官。
夜にどんなふうに見えるのかは、確認したことはない。
このデザインを見ると、遠野の綾織桜並木を思い出すのである。
どうしてかは、現地で確認してみてほしい。もういないかもしれないけど。

○岩手医科大学が薬学部の設置認可を文部科学省に申請
→来年4月開設。定員160人の6年制。
 医学部と歯学部の教養教育部門が矢巾へ。盛岡の雰囲気また変わるかも。
○メモ 健大、大地、恋羽音、友哉、拓幹
○高校野球はベスト8の対決
 一関一、盛岡大附、久慈工、専大北上、一関学院、遠野、大船渡、大野
→遠野高校が密かに健闘していました。惜しくもやぶれてしまいましたが
○イオン盛岡南SC近くに弐萬円堂盛岡西バイパス店オープン
○岩手日報がきょう創刊130周年

Template Designed by DW99