FC2ブログ

060903 山岸六丁目

9月3日(日)晴れ一時くもり


山岸六丁目。みたけとともに貴重な「六丁目」。
そして50番台まである番地も盛岡では屈指。
でも、ここは「洞清水」といったほうがピンとくる場所である。
山岸から三ツ割へ向かって方向転換するあたりから、団地が道路沿いに並ぶ。
幾つかの団地に分かれていることも今日知った。

バス通りの南側の第二洞清水団地の公園がいい。
桜でも咲くのだろうか、洞清水西幼児公園。横長でうっそうとして美しい公園だった。
程よく草がはえ、滑り台の背中も歴史を感じさせる。

真ん中にあるのが洞清水中央児童公園。ここはコーポ洞清水から見る入口が素敵。
さらに心打たれたのは、洞清水東幼児公園。
役割を終えているのか、夏草に覆われた敷地。夢の跡って俳句みたいなところ。
洞清水、侮れないところだ。

それに比べると、プリムローズ洞清水は、まだ歴史の浅さがにじむ。
このあたりが六丁目になって、50番まで有する大きな町になった。
ワークショップ方式で整備されたプリムローズ公園を見た。
洞清水西幼児公園クラスになるまでは、やはり歳月が必要のようだ。

「ここは、幼き希望(ゆめ)がよみがえる丘。」
プリムローズとは、桜草のことで、少年時代の希望という花言葉がある。
家を建てる。それは少年時代の希望かどうかはともかく。人生のひとつの節目ではあるんだろう。
だから、いたずらにつまらない街並なんても言えない。
ひとつひとつがそれぞれの人生の結晶であるならば、街並についての責任はむしろ違う場所にあるのだと思う。

060903komagatajinjya.jpg

名乗町から、山岸四丁目へ。白百合の入口から南側、バス通りの西側に広がるエリア。
縦目の道路の宅地が並ぶ。ある場所で、階段があって導かれるままに登る。
ワンランク高い場所に上がって、風景が変わる。そのままの高度を保って、南へ歩く。
すると、コンクリートの壁に隙間があって、階段。
その先にあったのが、オンボロの神社。これが「駒形神社」らしい。
三ツ割の金刀毘羅さんもかなり来ているが、ここはそれ以上かもしれない。
境内もないに等しく。マイナの頂点といったところか。
それでもお参りする人はいるようで、マルボーロライトなどがお供え。

紅葉が丘の文字が見えてくれば、四丁目の旅も終わる。
東北銀行山岸出張所など見慣れた風景に出た。

(白百合へ)
060903shirayuriko.jpg060903shirayurisho.jpg

どきどきしていた。
その長い坂道のはじまり。自転車置き場があって、そこで最初の生徒と出会う。
そこからが長かった。修道院、マリア寮、第2修道院が過ぎても坂道は終わらない。
幼稚園まで来ると、なんとなく風景が見えて来た。
中学校と高校の校舎の全景が見えて、そこがゴールだった。ふーっ。

道路を挟んで小学校の校舎。今年は創立50周年とのこと。受付も小学生の女の子。
同じ制服を来ているところが、なんか別世界であること教えてくれる。
松尾鉱山じゃないが、ここは一種の地上の楽園か(笑)。
隔離された世界に慣れていないので、最後まで僕は落ち着きがないまま過ごしたのである。

・学園祭のテーマは「凛」
・高校のクラス名は、桜・菊・梅・松・藤・楓
・敷地に教会ってのはないんだなあ。白百合ホールっつうのがあったけど。

(きょうの懐かし)
060903yamagishi-kanariya.jpg

内丸・大手先でよく見ていたヤツがいた。山岸六丁目にて。

○盛南開発の居住人口(3月末)6,387人<計画の約35.5%)
○自由民主党東北ブロック大会がホテルメトロポリタンニューウィングで開催
○1968年「ハンバーガーとサラダの店・ベル」が創業
→今は「アレフ」となって、札幌に本社があるそうです。

(お詫び)みたけにも六丁目があります。訂正しました。ご指摘ありがとうございました。

Template Designed by DW99