FC2ブログ

070411 南大通一丁目

4月11日(水)はれ


あおいそらがひろがって気持ち良い朝だった。
朝と言えば、FM岩手の「朝のペパーミントタイム」。
4月からパーソナリティが一部変わった。
月・火は加藤アナで変わりはないが、
退職した渡辺アナに代わり、水は佐藤雪江さん、木・金が河合純子さんに。
一気に落ち着いた雰囲気になった。
今となっては、あの若さも良かったが、これはこれで良し。

南大通一丁目の橋一にて。
「たぬきうどん」ではなく「たぬき丼」の表示に興味をひかれる。
天かす中心なんですかねえ。実物を見たことがないので想像の域はでませんが。
それなら「きつね丼」があっても良さそうだが
油揚げはご飯に合わないかもしれない。

070411gc-sakanacho.jpg

今このへんで目立つ風景は、グリーンキャピタル肴町。
改修しているようで、白いシートに覆われている。
それが今日は日差しに映えて、結構美しかった。
白のシートって珍しいのでは。

070411sanzushiryo.jpg

まあ、いろいろあるけれども、
良いことがあったり、トンデモなことがあったり
小さな感情の起伏をじんわりと楽しむ、ある種しあわせな日。
誰かさんがいるから生きていけるというのは、確かにある。

田中地蔵で今更ながら、梅が咲いているのを見た。
人生の春はともかく、盛岡には春が来た。

大工町に入って、三寿司寮にホッ。
寮っぽくないところが好き。

○「もりおかスクエア」のエリアに岩手公園・内丸、大沢川原周辺も追加
○達増氏に当選証書
○不来方高校が「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール」に指定されたそうです
○市長の日程(11日)新採用職員研修市長講話

もりおかの坂 その1

もりおかの坂 その1 <仮称>谷小路坂


やや古い話題かもしれません。
東京では坂が静かなブームであると聞いていました。
関連本も2冊ほど買いました。
先日、東京へ行く機会があり、根津あたりを歩いてその魅力にノックアウトされました。
東京の奥深さを知った訳です。

ひるがえって、盛岡という街はどうか。
坂という観点でみると、実はそれほど有名なものはありません。
盛岡関連本の名著「もりおか思い出散歩」(盛内政志著)に「盛岡の坂」という項目があり
名前がついている坂が数箇所あげられている程度です。

坂とはなんぞやと、辞書で調べてみると
「一方が高く他方が低く傾斜している道。また、その傾斜。」(ヤフーの辞書より)
それほど厳密な定義はないようです。

それならば、盛岡だって由緒はともかく、いい傾斜はあるぞという感触はあります。
名前がなければ勝手につけながら、
盛岡の坂を鑑賞しようというのが、このカテゴリーの趣旨です。
ですから、あまり厳しい突っ込みは「なし」でお願いします(笑)。
また、いい坂を見つけたら教えていただければと思います。

前置きが長くなりましたが、1回目はこちら。
仁王新町から三戸町方面へ行くと、大川医院跡があります。
看板の文字に味わいを感じるところですが、このあたりから川口印刷へ抜ける道があります。
1回目から坂道というには微妙な長さですが、
中心部では、なかなかの傾斜なところを愛しています。
坂に隣接した灰色のアパートが風景をうまく作っているところが、ポイントを高くしてます。
「四ツ家荘」という名前で、今となっては、貴重な王道なアパート名がうれしいです。

坂をあがると、「谷小路」と呼ばれていた細長い道が川口印刷へつづきます。
侍町だったそうですが、今は「東北下宿業協会」など興味深い看板があったりします。

昔はこの坂はなかったようです。赤川があった関係もあると思います。
この坂を谷小路側から下ると、左手に仁王新町公民館があり、
不自然な空間に川の流れを想像することができるかと思われます。

この坂は四ツ家界隈の散歩では欠かせない貴重な連絡路となっています。

1回目ですから無難に「谷小路坂」と名前をつけてみました。
いかがでしょうか。

とこんなふうに、盛岡の坂を紹介していきます。不定期ですし、続かないかもしれません。
少なくとも紹介の価値がある坂は50本はあるのではと踏んでいますが・・。

(おことわり)
<仮称>がついているのは、著者が勝手につけた名前です。
正式な名前あるいは、近隣の方がつけている名前がありましたらご教示ください。
また、坂の情報もお待ちしております。

070410 紺屋町

4月10日(火)はれのちくもり一時雨


村田アパートというそうです。
いつも「まめキッチン」や「北京飯店」に目を奪われて、全体が見えませんでした。
北京飯店の隣も何かあったはずですけど、入居者募集の看板があるだけで思い出せません。
ホントにちゃんと見ていることって、あまりないんだよなって気がつきます。
視界に入っているモノ、コト、ヒトのうち
ココロと脳みそに落とし込んでいるのなんて全体の10%にも満たないのではないでしょうか。

そう、少し離れてみる。
そして、また新しいコトに気づく。

070410shinmeicho.jpg

葺手町かいわいを歩いていましたが
にたない旅館跡のマンション工事はなかなか上に伸びてきません。
中をのぞくと、大きな石があります。まだ出るのかしらん?ドリル風の工作機械あり。
まつばやの建物は、バスセンター側の一部を壊していました。

小人町を経由して競馬会館。保健所へのリニューアル工事であることはわかりましたが
目立った進捗は外部からはうかがえず。建物にもまだ「競馬会館」の文字ありです。

きょうも雨。密かに最近微妙に寒くないですか?
大船渡では桜は咲いたようですが・・。

○盛岡の土淵小学校に4つ子の1年生が入学
○県議選 岩手競馬の融資案に関連した現職の当落
賛成 19人のうち3人が落選 反対 16人のうち2人が落選
○岩手競馬 第19回五葉山賞 デュアルライフ号(小林俊)<9日>
→開幕3日間の発売額、入場者は前年度を下回る
 発売額 5億2600万円(▲5.8%)、入場者数 4万3,806人(場外含む)<ただし水沢競馬場は増>
○岩手川の仙北工場の建物譲渡先の公募が12日から受付開始
→仙台市のホットハウスが取得しています

○本宮の新しい地区活動センター、児童センター、老人福祉センターは13日オープン
→原敬記念館となりに建設。3つの複合施設。総事業費は約3億2,500万円
○七十七銀行 盛岡支店の法人営業を強化中
○8日未明から朝にかけて 街中にカモシカ出現 東署地下駐車場で捕獲
→松尾町、川原橋、岩手公園に出現の末・・・
○市長の日程(10日)全国市長会理事会、全国市長会市長フォーラム、その後帰盛

070409 油町

4月9日(月)くもり一時雨


岩手県では12年ぶりに新しい知事が誕生。
今度も名前に「増」があるな、「也」もあるなと、そんなことをぼんやり思う。
でも、今の知事の任期満了日は4月29日なので、
新知事が県庁にやってくるのは事実上5月に入ってかららしい。

世の中が動いても、「毎日」は何事もないようにやってくるところがすごい。
最近は天気がいまひとつ。きょうも雨が降る。
油町の本町郵便局そばの駐車場にあるごみ収集所。
スペースの有効活用というところだろうか。区画で余った三角地帯を使っている。
盛岡でも屈指の特徴的な収集所かも。

070409koshoji.jpg

こちらは、由緒ありそうな瓦が出土したという光照寺の裏。
フェンスが取り払われて風景が少しだけ変わっている。
赤喜の脇から入るこの道も、細くて役に立たなそうで散歩では使える道。
個人的にはお気に入りの場所。

070409michinokuginko.jpg

最後は、みちのく銀行南大通支店跡。
ふじさんのところで知ったのだが、オレも気がつかなかったなあ・・。
河南に生きるものとしては不覚というか(笑)。
3月9日で営業終了。取引は盛岡支店に引き継ぎ。
看板も取り払われ、シャッターにかつての面影が少し。
そもそも南大通のこの場所に青森の銀行の支店があるのか不思議だった。
でも、なくなれば寂しいもの。失って失って、僕らはまた少し大人になるという。

■統一地方選のまとめ■
時代はすぐ移り変わります。場所によってはポスター掲示場は市議選モードに。
070409uchimaru-keijiban.jpg


○知事選
当選 達増 拓也 無新 454,135(民主推薦)
   柳村 純一 無新 158,881(自民推薦)
   ザ・グレート・サスケ 無新 61,922
   菅野 恒信 無新 48,456(共産推薦)
   芦名 鉄雄 無新 23,150
・投票率 68.53%(過去最低)<盛岡市は62.88%>
・達増氏は現役の知事では全国最年少の42歳
・法定得票数 186,636票、供託金没収点 74654.4
・盛岡市での得票
 達増氏 91,724、芦名氏 5,124、菅野氏 9,129、柳村氏 26,730、サスケ氏 10,566

○県議選
・民主22、自民13、公明1、共産1、社民3、岩手政和4、無所属4
→民主が第1党なのは、日本で岩手だけらしいです
・盛岡選挙区(定数10)
当選 及川  敦 無 元 15,284
当選 高橋比奈子 自民現 12,868
当選 小野寺 好 公明現 12,841
当選 佐々木 博 民主現 12,599
当選 三浦 陽子 民主現 12,042
当選 吉田 洋司 諸派元 11,803
当選 樋下 正信 自民現 11,573
当選 斉藤  信 共産現 11,447
当選 小西 和子 社民新 11,210
当選 高橋 雪文 自民現 10,058
   伊沢 昌弘 社民現 8,601
   高橋金兵衛 民主新 8,147
   高橋 貞勝 民主新 4,968

○岩手競馬 第19回栗駒賞 ダンディキング号(草地保)<8日>
○2年ぶりの1年生 侍浜小学校角柄分校(久慈市)
○市長の日程(9日)庁議、その後上京

070408 盛岡城下町線

4月8日(日)はれからくもり時々雨


そのバスは、小さな姿でステラモンテの前に停まっていた。
乗車すると、車内が狭いのに驚く。10人も乗ったら満席みたいな感じ。
いやあ、コンパクトなバスだこと。
後ろの方は観客席みたいに段差。座りたかったけど先客あり。
前の方に座ると、ノンステップだからマックスやまびこの1階に乗ったような気分。
予想外の4人の乗客を乗せて、「あさ開」バス停を出発した。

このバスは滝沢営業所所属みたいだ。青山の乗り継ぎバスなんかで使われてた模様。
県交通にしては珍しくお下がりではなさそう。それだけでも新鮮。

「大慈寺前」は乗客ゼロ。だが同じ停車時刻の「鉈屋町」バス停で3人が乗車する。
鉈屋町の通りにバスが入る。なんか静かな波のような感動が・・。
「惣門前」でも2人を乗せる。すごいぞ城下町線。

「穀町」は乗降客ゼロ。「賢治清水」もいなかった。
観光シーズンでもないので、こんなものかもしれない。
結局、そのまま「盛岡駅」まで一気に進む。「菜園川徳前」も通過だった。
でんでんむし乗り場の近いところに作られた城下町線専用のバス停で短い旅は終わる。
すぐ駅の中に入ることができる、いい場所。

振り返ると、
盛岡市民の間でも、あまり知られていない惣門・鉈屋町かいわいの街並み。
岩手公園の石垣、川徳、開運橋からの岩手山。
それなりな盛岡のエッセンスが詰め込まれた好ルートではないだろうか。

帰りも乗ったのだが、
「あさ開」行きの場合は、杜陵小学校付近の「下ノ橋町」を経由する。
したがって、中津川沿いを走るわけで、これもいいなと思った。
だから「盛岡駅」から「あさ開」へ行くがおすすめ。
また季節が良くなったら乗ってみたい。印象がかなり変わるはず。

070408ekimae.jpg

駅や新しいコジマなどで買い物。
コジマは初めてだったが、駅から歩くには微妙な距離かも。ヨドバシ感覚ではない。
またカードを作ってしまい、財布が厚くなる。
減らす妙案はないものか。

西口周辺の次の大物といえば、ラウンドワン。
マリオスとワイズマン側に建物はできるようで鉄骨が組まれている最中。
ボウリング場もあるのか・・。我らがスターレーンのライバルになるわけだ。

安さで評判だった盛岡駅西口時間制駐車場は1日から営業休止。
舗装やゲートシステムを導入するようだ。予定では20日から営業再開。
24時間営業に。

そして城下町線に乗ろうとしたとき、駅前の風景が微妙に変わっていることに気がつく。
「岩手銀行」の看板が新しく登場していた。

070408nadamo.jpg

夕暮れ時、安倍礼司を聞きながら、車の充電を兼ねて106号を東へ。
河南病院のガワはまだ健在だった。
そのまま根田茂まで行く。
県道に入ると、新しい道が空を横切っている。釜石の洞泉を思い出す。
それ以外にはあまり変わりはないのかなという印象。
小学校の看板が少し寂しそうだったけど。

○茶畑のコジマ跡はブックオフでした
070408chabatake.jpg

ゲオではなかったっす。4月27日にオープンするようです。

○岩手県知事に達増拓也氏当確
○岩手大学の入学式@県民会館(7日) もろもろで1626人
○岩手競馬の開幕初日の売り上げ 1億6,146万3,600円(昨年より約8%減)
○1人当たりの地方債残高 104万7,233円<全国で4番目に多い 2005年度末>

070407 大沢川原三丁目

4月7日(日)くもり


かつては大沢川原から開運橋へ抜ける車でにぎやかだったこの道も静かになった。
歩道が整備され、センターラインがひかれ、何事もなかったように存在しつづけるのだろう。
最近、不来方橋ユーザーになっていて、気がつかなかったが
スイミングスクール隣の「群馬事務器(株)盛岡営業所」が消えてしまっていてびっくり。
そしてちょっぴりショック。

取り立てて騒がれることなく消えてしまったと思うが
この通りの最後の証人みたいな風情だったが、いなくなってしまった。

静かにいなくなるのが理想。
でも大事な人だけには惜しまれたい。
まだ修行が足りないか・・。

070407moriokaeki.jpg

盛岡駅にて。懐かしいものを見つける。
このスタンプは国鉄時代に全国に整備されたものだったと記憶している。
小学生だった僕は行ける範囲で集めたものだっけ。
まだあるのかとしみじみする。

(鉈屋町かいわい小ネタ特集)
フローラルアベニュー大慈清水に作った壁って開閉式だったんですね。
まあ、そんなことはさておき、ココロにちょっと響いた小ネタなど。

○「まねぎや」の看板がなくなっていた
070407manegiya.jpg

たくさんメニューの数が、街歩き好きにはたまらなかった「まねぎや」の看板がなくなっていまいた。
リニューアル?それともこのまま消えてしまうのか?

○工藤薬局の壁掛け型ポストも消える
070407kudoyakkyoku.jpg

惣門の工藤薬局の壁にあったかわいいポストも姿を消してました(涙)。
街の風情に合っていたと思うんですがねえ。
店舗前の自動販売機の並びに移設。今度のタイプは「埋設型郵便ポスト」というらしいです。
これはもう数ヶ月経ちますが、タバコの自動販売機もなくなっています。

春ですねえ・・。

○1人の入学式 橋野小(釜石市)、岩瀬張小(岩手町)
○岩手競馬が開幕 「走れる 歓びを力に、前へ。」
 メインレースは第25回岩手日報杯 トーホウライデン号(高橋悠)が優勝
○光照寺の裏で粒羽双鶴文が入った瓦が出土。寺町窯の存在が明らかに
○レッドソックスの松坂は、盛岡での寒さを思い出しながら投げていたそうです
○仙台市連坊小路のJRアパート消えてしまいました
○よ市加盟店
すし香、いわて不動産、村定楽器店、カガヤ、戎屋、山口輪店、山善、大江堂印章、近文商店、岩渕カメラ、きづや西林堂、村庄、東山堂支店、エムツウニシダ、エヴァホール、クロスオーバー、アイスの加賀、佐々木時計店、ブルーマリー、パールドライ材木町、まるみ商店、音座、高橋商店、たかむら、風の旅、小中屋、岩泉純木家具、カラマツトレイン、いさみや、フォトモリオカ、くずまき高原牧場、クツのコマツヤ、ワカバ薬局、くどう商店、伝統工芸館、石川金物店、石川本店、ベッカライベルク、村川酒店、赤沢、ニットモード、立花製靴店、しゃおしゃん

070406 向中野字八日市場

4月6日(金)くもりときどきはれ


ヤマダ電機のその先。
こちらが盛岡西バイパスのつづきであることは、あまり知られていないかも。
久しぶりに訪れると、平成20年に開通と大きな看板があった。
ここから才川バス停までは、道の姿が見えるだけにそんなにかかるのだろうかと思う。
接続部の整備に時間がかかるということだろうか。
二桁の数字が違うと、遠い未来のようでもあるが、冷静に考えると来年の話。
「平成」の元年から僕の旅は迷走したまま20年か・・。

070406kinzokukaikan.jpg

こちらは街中。大通入口の金属工業会館。
一番上の広告スペース部分が改修している。
新しいものになるのだろうか。見慣れた風景がまた変わる春。

070406orisho.jpg

さらに大通。アイメガネ跡は「魚真」という居酒屋になって再出発。
こちらは「織匠」の跡。
「とんちゃん」という佐助豚居酒屋(新しいジャンルか?(笑))のスタッフ募集の貼紙。
このスペースに入るかはわからんが、また飲食店系が濃厚みたいだ。
佐助豚は県北で作られており、県内では有名。楽しみ。

○医大の入学式@県民会館 入学生は383人
○カーブスがみたけに5店舗目を出店。10日オープン
○県立療育センター開所(5日)
→手代森の「都南の園」を再編。児童精神科外来も新設
○材木町の「よ市」は7日開幕。今年は34回目で34回開催
→「よ」には「夜」のほか「萬(よろず)」「余」「良」「与」「喜」の意味があるのだとか
○市長の日程(6日)市立高校入学式、岩手県市長会議

070405 下ノ橋町

4月5日(木)はれのちくもり 一時雪


中津川沿い。
古いアパートの前に口を開けて待っている入口。
どこへ通じるんだろう。どんな世界が待っているんだろう。
とても黒くて、アナザーワールドへの誘いみたい。
入ってみたいけど入れない。盛岡でも屈指の怪しげな地下。

070405osakawara.jpg

お昼。多少健康に気を使ってから、岩手公園に入る。
さくらまつりのぼんぼりが並ぶ。
季節感を自分の中で摺り合わせながら、どこかいつもと違う川沿いを歩いた。

灰色のそらでは、すべてのモノがどこか現実から離れているように見える。
噛み合ない風景がますますそんな感じに。
だから街の隅に立って、自分の位置を確かめるのだ。

夜あり。擦り合わせの季節は終わりを告げる。
まだ立ちはだかるものは見えてこないけど、歩いてみることにする。

○盛岡市動物公園のライオン ガオー、クィーン、モカ、リオ
○気象台の3回目の開花予想 盛岡は4月19日
○県立大学の入学式 込み込みで638人が参加(4日)
○メモリアルホールもりおか黒石野会館は16日オープン
→川村ストア跡地にできます
○おでって1階に「おもてなしプラザ」設置へ
→盛岡ブランドに関係する施設になるようです
○市長の日程(5日)盛岡市地区担当員委嘱状交付式、市政ラジオ番組収録

070404 加賀野一丁目

4月4日(水)晴れから曇り方向へ


岩山研究その2。
新年度で、まあまあのそらに誘われて加賀野の土手沿いを歩く。
そして川留稲荷で特にあてがないお参り。

自分の中での岩山といえば、川留稲荷からの道の向こう、
あるいは天神コートがある通りあたりから見る姿だったりする。
川留稲荷からの道からはレストランがある展望台が見えるし
こちらは、鹿島さんが作った展望台が見える。
まだ、山の色は冬の色。

070404mezon-nakatugawa.jpg

いつもより水量が多かった中津川。
かきつばた園にも水が張られている。
土手沿いで気がついたのは、メゾン中津川がサヨナラ風情。
複数の棟があるが、いずれも中がくりぬかれているみたいな感じになっている。

あと少しすりゃ桜かあ。
あんまり実感はないのだが、新しいことには少しずつなじんでいる。

(きょうのトタン)
加賀野一丁目にて。密かにトタンに萌えてる日々。
そろっているようで、そろっていないところが美しいでしょ。
070404kagano-soko.jpg


○中央通三丁目の県道に青と赤の位置が逆の信号機があったそうです
○四十四田企業団地の盛岡テクノパークの起工式(3日)
→5社の入居がすでに決定。敷地面積は1万3130平米
○市長の日程(4日)盛岡市交通指導隊退任者感謝状贈呈式、介護保険認定審査会全体会議

070403 岩手医科大学教養部

4月3日(火)くもりに近し


本町通三丁目の岩手医科大学教養部。
たくさんの車が構内を埋め尽くす。学生のものか、職員のものかわからねど。

<追記>学生ではなく職員や看護士の方の駐車場だそうです。ご指摘ありがとうございました。

矢巾キャンパスには、薬学部のほかに新1年生の教養部門があるという。
きょうは、ひっそりしていたが、この場所の運命はいかに?
保育所もあるので、すぐに消え去るわけでもないのだろうが・・。
建物の竣功は1964年10月。老年の域に達したといえなくもなく。
いずれにしろ、中心部ではそれなりの広さを持つ場所。注目したいところ。

070403hipokuratesu.jpg

構内にぽつりと立つ木があった。
「ヒポクラテスの樹」と呼ぶ、由緒あるもののようだ。
医大の創立50周年記念して、昭和53年に植えられたようだ。
石碑によれば
「この樹は、西洋医学の父ヒポクラテスが故郷ギリシャのコス島に建てた医学校跡に二千数百年を経ていまなお繁るプラタナスの直系株でヒポクラテスの樹と稱せられる。」

そこにはヒポクラテスの箴言(しんげん)というのも刻まれている。
「人生は短く
学は遥けし
機は逸し易く
試みは過ち多く
判断は至難なり」

うっ、久々にグサリとくる言葉・・。

070403daini-taiikukan.jpg

教養部周辺にも医大関連施設はあるのだが、
交叉点にある第一アパートは以前掲載したことがあると思う。
きょうベランダをみたら、微妙に塗装が新しくなっていて手入れされていること知る。

それより気になるのは、第二体育館。
こちらの先行きは長くないのか。体育館っぽくないところが好きだった。

○「どんど晴れ」の初回視聴率 過去最低でスタート
→関東地区 14.9%、関西地区 14.2% どちらの地区も記録を更新とのこと
→或る意味 話題になったのかな?
 関西地区は「純情きらり」の記録を更新のようですが、あれは面白かったらしいです。前向きに
○県内地銀の採用数
 岩手銀行 85人(+2)、東北銀行 40人(+6)、北日本銀行 61人(+21)
○増田知事が地方分権改革推進委員会の委員に
○アルベールビル五輪の金メダリスト 三ケ田礼一さんが県職員に
→県教委のスポーツ特別指導員に。県体育協会に派遣へ
○岩手競馬の2006年度年度代表馬 オウシュウクラウン号
○新井満さん作曲の「ふるさとの山に向ひて」が渋民で収録(2日)
○矢巾の「パストラルバーデン」は飛鳥商事に賃貸し、存続へ
→名称は「マース矢巾パストラルバーデン」とのこと。営業再開は今月中旬以降
○県内の覚せい剤取締法違反摘発者数(1月~3月)23人(昨年同期比+8)
○市長の日程(3日)定例記者会見

070402 上の橋

4月2日(月)くもり一時小さな雨


さあ、新年度。元気を出していくかと絞り出すようにして走り出す(笑)。
モーツアルトのピアノソナタ第8番(K.310)<グルード版>で気合いを入れながら。
明らかな希望はないけれども、
新しい風はどこにでも流れていて、その匂いかぎながら僕は過ごした。

少し外に出て、岩山の観察をしてみた。上の橋から。
黄砂のせいだろうか山は霞んで見える。
もうちょっと全体像が見えたような気がしたが、
岩繊ビルなどの空間から展望台あたりがかろうじて姿をのぞかせる。

070402iwatekoen.jpg

お昼時には小さな雨を感じながら、冴えない色のそらを中津川沿い。
やがて岩手公園に入って、広場から三の丸へ。
雪あかりの氷の盛岡城は完全に姿を消していた。
もう春だって、言っても良いんだと思う。
重いものを脱ぎ捨てて、まずは行けるところまで。
多少の慎重を加味しながら・・。

(今月の大慈寺児童センター)今月はテーマが見えにくいですが、スタートのイメージなのかな?
070402daijijijido.jpg


○亀半のシャッター いつの間にか宝船が・・
070402kamehan.jpg


○市長の日程(2日)辞令交付式、副市長就任式、庁議、永年勤続者表彰式
「盛岡城下町線」「盛岡城下町循環線」実証運行出発式

070401 あさ開

4月1日(日)雨のちくもり


ステラモンテにおそるおそる入っていくと、確かにバス停があった。
「あさ開」の文字。ホントに走るんだ・・。

明日から実証運行がはじまる「盛岡城下町線」と「盛岡城下町循環線」。
「どんど晴れ」需要を見込んだ観光と日常生活の足としての目的。
それにしても、ステラモンテの真ん前にあるバス停。
これほどプライベートっぽいバス停は、盛岡にはないだろう。
イオンへ入っていくバスはあるけれども、あそこは大きいからそんな感じもしない。

バス停は「でんでんむし」や消えてしまった「盛岡南部都心循環バス」と違い
特別なデザインが施されなることなく、赤に白の通常タイプ。
ただの経費節減か、それとも定着へ向けた真摯な姿勢なのかはわからない。

070401daijijimae.jpg

あさ開から出ると、一瞬細い道から、大慈寺小学校前へ。
最初のバス停は「大慈寺前」。片側のみ。
でも、大慈寺の門は、次の「鉈屋町」が近いような・・。

070401natayacho.jpg

「鉈屋町」はかわてつ園の前あたり。
「大慈寺前」との間は、100mもないだろう。
盛岡では屈指の短いバス停間距離になるはず。

070401somonmae.jpg

おそらく、ここから鉈屋町の通りに入って、惣門へ。
「惣門前」からは上下線それぞれにバス停が設置されている。
森商店と石岡呉服店の前に1基ずつ。

070401kokucho.jpg

そして、県道不動盛岡線に重なるルートになり、「穀町」の名前が復活する。
あさ開方面は、スターたむらの近くに設置!
駅方面は、石川クリニックあたり。
穀町を出ると、浅岸線のバスと同じルートで「下の橋町」を通過する。

070401kenjishimizu.jpg

下の橋を渡り、最後の新設バス停「賢治清水」。
本来の清水寄りに設置されている。詩の記念碑があるところからはやや離れている印象。
でも、迷うほどではない。

こんな感じで「盛岡城下町線」のルートをたどってみた。
朝や夜は走っていないので、通勤には使えないところが残念。
できれば出発時刻も「00」発なら、それでそろえてもらえればありがたいような気がした。
盛岡駅からあさ開は200円。ぜひ河南地区にいらしてください。

チラシを見ていると、もうひとつ気になることが・・。
平成19年5月から「岩手公園」のバス停が「盛岡城跡公園」になるらしい。

というわけで、明日から新年度本格スタート。
イワテライフ日記はつづきます。もうちょっと楽しいことが書けるように。
そんなことを目標に。

○2006年の県外への人口流出 5,873人(共同通信社調べ)
→全国では8番目に多く、東北でも3番目
○岩手銀行は5月2日で創立75周年
○大沢川原 不来方橋入口から開運橋入口にかけて 歩道ができそうです
○河南病院 まだ外観を保っている状態
○山王山 一部に新しい道が
○山王小学校脇の宅地に家2軒
○中ノ橋通二丁目 クラブチェンジが入っているビル 新しい外観が姿を見せる

Template Designed by DW99