FC2ブログ

070714 羅漢夏まつり

7月14日(土)くもり時々パラパラ


市内各地では小さな夏まつりのシーズン。
その中でも、やっぱり羅漢夏まつり。去年のリベンジを果たす(笑)。

十六羅漢に囲まれながら見るフラメンコはシュールでもある。
それでも楽しさや美しさの片鱗みたいなものを感じる。
指先までの動きがあるから、時間の割にはハードなんだろうな。
もうこれで今年は思い残すことはないかな?

隣接する松尾町でも松尾神社のお祭り。
盛岡水族館があるストリートを閉鎖して、いつも通り。

置いていた自転車をまちなかに取りにいく。
中津川では淡島・金勢まつり。肴町にみこしがあって、現物をはじめて見る。
男はそのまんまだけど、女は竪穴式住居みたいだな・・。

目的は果たし、岩手銀行本店のファザード工事はもうすぐ終わり。
数日前には、向かって右半分が白かったけれども、もう元の色に戻りつつあった。

○映画館通り Bally'sは6月26日で閉店
→急なお知らせとなりましたとお詫びしておりました
○マリオスにNTT東日本のグループ会社のテルウェル東日本がコールセンター開設を決定
→116の受付業務など、10月に業務開始。これによりマリオスの入居率は100%になるらしい
○めぐみ幼稚園 毎週金曜日は手づくり弁当の日
○岩手大学が大学院の秋入学の検討を開始。早ければ2010年度にも実施
○岩手競馬 特別調査委員会が13日開催 競馬振興公社職員・元組合職員などから聴取
○高校野球県予選(2日目)
 盛岡三高1-2専大北上(延長10回)、盛岡工7-0宮古工(7回コールド)、江南義塾1-2一関工
○もりおかの人口 299,659人(6月1日現在 対前月比2人増)

070713 大沢川原一丁目

7月13日(金)はれ


なんかそらが青い。自分の中では予定外の晴れ。
川原橋あたりまで歩いて、下橋中が120周年なんてことを垂れ幕で知る。
橋を渡れば、国際交流プラザ跡地のマンション工事も背丈を伸ばし始めている。
まだ小さいけれども、明治橋あたりからのビューにどんな変化をもたらすのやら。

橋からポンプ場に下る。3つの階段があるのだが、それぞれの意味がそれなりにあるのだろう。
岩手女子高とポンプ場がつくるスペースへ。
錆びた標識が孤独に立つ。
かろうじて「この場所は施設の出入口につき駐車を禁じます」と読める。

いつかは朽ちていく。存在だけでなんとか本来の役割を果たそうとする。
それは正しいことなんだろうか。
存在なんてのもはかないものでしかないのに。

でも、居てくれるだけ意味があるコトはないわけでないから、やっかいだ。

070713higashiodori.jpg

連休の天気はいまひとつらしい。書店に行き、本を数冊購入。
読み終わる自信はさらさらないが、そういうのがないとどこか不安であること事実。
やることを作っておくみたいな感じだろうか。

東大通を傍目から見る。行き交う人々。
それぞれの存在に意味があるなら、きっと幸せなことなんだろう。

(きょうのイワマ)
070713iwama.jpg

桜山神社脇のイワマ靴店解体工事は裏から見たらかなり進捗していることがわかる。
夕方にはもっとなくなっていて、シートの骨組みも一部撤去されていた。
来週にも消えそうな勢い。ふと、河南病院はどうなったかな?なんて思い出したりもする。

○開運橋が7月30日から1ヶ月間ライトアップ
→午後7時から10時まで。今年は開通90周年らしい。予算は1千万円。期間中の電気代約2万円
→ランガートラス橋。全長82.5メートル
○盛岡市庁舎の耐震診断を実施へ。ちなみ耐用年数は50年で、残期間はあと5年らしい
○盛岡市が市クリーンセンター建設工事がらみでJFEエンジニアリングを提訴
→談合が行われたとして、総額約26億円(利息込み)の損害賠償を求める訴訟
○高校野球県予選(初日)岩手10-0水沢農(6回コールド)
○「いわてグラフ」を見ていたら、あのAKIさんが気仙茶の取材。すごいコラボだよ
○二高 創立110周年&新校舎落成記念の「白梅芸術鑑賞会」@県民会館(12日)
○市長の日程(13日)市外用務

もりおかの坂 その40

もりおかの坂 その40 ふちどり坂<仮称>


隠れた坂の名所、高松団地界隈・上田堤二丁目の端にあり、残された農地と接する美しい坂です。
道幅は細くもなく、太くもなく、中庸な美しさがあります。

ここは下から見て綺麗な坂。
実は、この先は曲がって、曲がって、終わりです。
いわゆる卍の一部みたいなかたち。説明しようがないしぶい場所に出ます。

070707fuchidorisaka2.jpg

農地と接する部分には高いフェンスが設置されていますが、そんなに拒絶感がありません。
かえって、いいアクセントになっているくらいです。
柵と風景を作る坂は幾つかありますが、この開放感の源泉はなんだろうかと考えさせられます。
網目の向こうを見ると、最初は林檎(だったかな?)、それから上はイチョウがありました。
坂を挟んでは、トウモロコシ畑も存在。まだ緑が濃い場所です。

傾斜も十分なこの坂で、綺麗だなと素直に思えるラインを鑑賞しましょう。
側溝のふたの色がやけに目立ち、坂をうまく際立たせています。
とりあえず「ふちどり坂」にしておきます。

もりおかの坂マップ<試行版>

070712 山安

7月12日(木)くもりから夜に雨


ボクもずっと変だと思っていた。
ふじさんのところで知ったのだが、県庁の裏手にある「フレッシュフーズ山安」は閉店したのだとか。
最近、いつ行ってもシャッターだったので、何かあったのかしらんとは思っていたのだけど
貼紙も特になかったので、そのまま通り過ぎる日々だった。
確かに阿部魚店に野菜が置いてある。なるほど。

070712kagano.jpg

二高の校庭整備はかなりすすんできて、以前のような空地風情はなくなっている。
テニスコートなのかな?緑を中心とした資材が空間を埋めつつある。

加賀野一丁目は静かなところ。
保存樹木の「舞妓の藤」がむき出しになっている。
家あったよね。ここ。
こうして全景があられると、舞妓というよりは恐竜とか獣とかなイメージに見えなくもなく。

きょうは、いろんな空地を見つけたかも。
結構、家の取り壊しが多いんじゃないかな、この頃。

070712honchodori.jpg

くもりぞら続く。夜は夜。

撮りそうで撮らない場所シリーズ。
本町通一丁目の山秀屋、コバヤシの並び。
吉与から下小路へ抜ける、この通り。
平野商店を抱えながらも、目立たない通りなんだよなあ。

○高校野球県予選開幕 遠野緑峰が開幕試合で勝利!
○参議院選挙告示 岩手選挙区は4人が立候補
→小泉元首相は20日に来県
○県内選挙人名簿登録者数(7月11日現在)
旧盛岡市 男 107,418人、女 122,177人
○「どんど晴れ」の経済効果は直接で約2,500万円。PR効果は62億4千万円の試算
○油町の古本屋が縮小し、「マネークリニック」の看板が登場
○城南小学校前交叉点 突き当たりの家が消えて、バレエ教室などが見えるようになる

もりおかの坂 その39

もりおかの坂 その39 狐崎坂<仮称>


上田堤の高松団地をくだり、高松の池の反対方向に歩けば、別世界が待っています。
坂というよりは、峠道な雰囲気で大きなカーブを描いていくのが特徴。
緑に包まれながら、歩いていけるのが、とても嬉しい坂でした。

このあたりは住居表示はされておらず、上田字狐崎稲荷といいます。
近くには稲荷窪という地名も残っていて、狐とは浅からぬ因縁がありそう。
肝心の稲荷は見つけられませんでしたが、
昔は、夜には出てきそうな怪しい雰囲気があったのかな。

070707kitunezaki2.jpg

大きいカーブの途中に木が一本あって、貴重な日影。そこはひとやすみスポット。
それでも坂は続き、木々に挟まれ、道は狭くなります。
どうなるんだろう?という頃に、北山トンネル入口付近にかかる長嶺橋へ。
もうほとんど三ツ割。
橋を渡れば、たんぞう坂の上あたりにでるわけです。

「稲荷坂」も捨て難いのですが、やはり「狐」を入れたい。
だから「狐崎坂」です。

長さ、傾斜もあるし、岩手山は眺められるなかなかの好坂です。

070711 鉈屋町

7月11日(水)そして雨は降り始める


朝起きたときは大丈夫だったけど、やがてさらさらと降り始める。
強弱をつけて、雨はほぼ一日降っていた。

飯岡線に乗る。仙北組町あたりは道路拡幅工事の終盤戦なんだろうか。
ここしばらくは、かつての道、中央部分を工事しており、
車たちはそれぞれの道へ歩みだすみたいに、この区間だけ離ればなれになる。
地下道がある交叉点の手前で、また一緒になるのでたいしたことはない話だが・・。

向中野の畑は刈り取りが終わって、またいつも通り草原な風景に。
今年も色づいた風景を撮ることはかなわず。

やがてスコーレ高校前。新しい道をたどりながらバスは進む。
学校の真ん中を貫いていた道は少しずつ姿を消そうとしていた。

070711piza.jpg

こんなのを食べながら、夜は夜。
すごいカメラを手にとったり、いろいろお話。

070711zenrinkan.jpg

店を出る頃には、雨は小降りになっていた。
傘はささずに歩いて帰る。善隣館あたりは夜でも明るい。
そんなにすごくないカメラでパチリ。
ここの前の道の整備は、仙北町より進捗しているはず。
まだ仮設の柵たちはそのままだけど。

雨脚が少し強くなって来た。でもいいやと、そのまま家まで歩く。

○Jリーグ事務局がグルージャ盛岡のの現地調査(10日)
→県営運動公園はピッチの縦の長さが基準に満たないのだとか・・
○高校野球県予選開幕式の司会進行は盛岡工のマネージャー
○薮川中(生徒3人)が渋民中(生徒177人)と交流学習。今年で3年目
○西松園一丁目にグランドワークの手法による公園整備。「ふれあい公園」という名称
○盛岡調理師専門学校 生徒81人
○市長の日程(11日)市内用務

070710 マルイチ中ノ橋通店

7月10日(火)くもり


IBCの隣にできたマルイチ中ノ橋通店を訪ねてみる。
平日のお昼時、この場所にしては駐車場もほどほどの盛況。
どうやら2階にも駐車場がある様子。

入った第一印象は、なんかシンプル。
品揃えをじっくり見たわけではないけど、遠回りするほどではないかなと。

ここは24時間営業。河南地区のスーパー事情も大きく変わろうとしている。
一番影響を受けるのは山王の生協かな?
ジョイスのグリーンショップ店は相変わらずマイペースな雰囲気だし。
鉈屋町にできるというユニバースが開店すると、ジョイスは大変だろうが・・。

ふと周囲を見渡してみると、八幡宮へのカーブ入口に酒屋さんがあることに気づく。
もしかしたら、本当に影響を受けているのは、このお店かもしれない。

070710bugaru.jpg

きょうは朝から曇り空へ向かっていて、気温もそれほどには上がらなかった。
神明町や志家町を歩いていたのだけど、志家大駐車場前のブーガルにもテナント募集の看板。
その隣のビルもがらんとしている。
かつて慣れ親しんだ風景だけに、少ししみじみ。

070710nakanohashidori.jpg

こちらは中ノ橋通二丁目の高橋ビル。1階がこんな感じである。
106号は工事はやっているけれども、素人目には、まだ見違えるほどというほどでない。

帰り道、本屋さんで「もりけん本」(盛岡商工会議所)を購入。
ご当地検定のひとつ、盛岡もの識り検定試験の参考書だ。
1,500円という価格にややためらうも、買うことにした。
盛岡に関する基本的な知識がコンパクトにまとまっている印象。
盛岡の文化・芸術というコーナがあり、「あの人もか・・」と思いながら読む。

○盛岡貯金事務センターの解体はじまっていた。敷地の周囲に柵
○先月10日に実施した「さんさの太鼓パレード」が正式にギネスに認定
→合同演奏する和太鼓の数が2,571個。6日に認定証が届く
○6月の盛岡の平均気温は史上最高の20.2℃を記録
○西松園の「やよい幼稚園」が県内2番目の認定こども園に
○第54回全国高校定時制通信制軟式野球大会北東北地区予選決勝
 杜陵10-0青森工(6回コールド)4年ぶり11度目の優勝。全国大会へ
○県教委の臨時会で2016年の国体招致を議決(9日)
○岩手競馬 第7回中津川賞 フジタカリョウマ(板垣吉)<9日>
○市長の日程(10日)盛岡地区広域行政事務組合議会全員協議会・臨時会、青年会議所国際アカデミーinもりおかウェルカムパーティー

もりおかの坂 その38

もりおかの坂 その38 上田堤の長い坂(宇登坂?)


緑が丘と三ツ割の間に立ちはだかるのが、この坂道。
登れそうな気がしてペダルを踏んでも、挫折してしまう。
釜石新鮮組(かつてはスパー)あたりから見ると、かわいくくねっているくせに難関です。

070707udosaka-shoei.jpg

上田堤北口バス停付近からゆっくりと坂ははじまっているような感じです。
ローソン、松栄堂、コインランドリーという不思議な取り合わせを横目にして進む。
宮野商店と釜石新鮮組のあたりでカーブを描き、本格的な上りへ。
確かな坂という感じが少し嬉しかったりするものです。

高松小学校を右手にしながら、左手にはスタジアム洗車場や児童センター。
こちら側は上田字宇登坂長根という地名になっています。

070707udosaka3.jpg

高松小学校の校門前の信号付近がサミット。
ある種の達成感を得て、三ツ割の野球場へ下っていきます。

この坂は傾斜もあり、長いけれども、これまた特徴的なものが少なく名前をつけるのが難しい坂。
気になるのは、今も生きている「宇登坂長根」という地名。
この傾斜を指すかどうかは不明です。
三ツ割の古老によれば、野球場から高松小学校方面の道は戦時中軍隊が作った産業道路だったとのこと。
ちゃんと調べないと、いけないかなという感じです。
「上田堤の長い坂」ということにしておいて、何かわかれば追記します。

(参考資料)「三ツ割自治会40周年記念誌 みつわり」(三ツ割自治会)

070709 開運橋

7月9日(月)暑い晴れ


遠い町から帰って来て、開運橋を渡る頃には夕暮れ時。
見えるかな?
いつも、そんなことを思いながら、この橋を渡る。

薄い夕焼け色を背景に、山の影が映える。
思わず一枚。いや、やはり意図的か。
きのうは近づいてみていた、あの山もボクにとっては、これくらいの距離感がいい。

070709miurabill.jpg

ルイズの裏の道を歩くと、東横インになるというビルは鉄骨が上へ伸びていた。
この角度で甚ビルのロゴを見るのも、しばらくないのだろう。

暑い一日だった。33℃という表示もどこかで見た。
これから夏のはずなのに、どこか終わったような気分でいるのは
夕暮れの時間が少しずつ早くなっているせいだと思われる。

(きょうのイワマ)
070709iwama.jpg

きょうはアフロな彼と。仕事が終わった時間なので、見た目は金曜日と変わらず。

○岩手21赤べこ軍団(矢巾町)が県勢20年ぶりの都市対抗野球出場(8日)
→東北大会の第3代表決定戦で2-1(延長10回)JR東日本東北にサヨナラ勝ち
○大通のサウス・ウイング本社は、きょう移転オープン
→ビルの2階から5階はマンスリーマンション
○第一回ケータイ文学賞の大賞「解氷」は、盛岡の盲学校の先生の作品
○岩手競馬 第7回ふみづき賞 ベリーメリーホーク(菅原勲)<8日>
→8日は岩手競馬発の3000Mのレースが行われた
○市長の日程(9日)庁議・政策形成推進会議、行革推進推進本部会議、県農業信用基金協会理事会、国保連合会役員会、まちづくり懇談会

もりおかの坂 その37

もりおかの坂 その37 庚申坂(待つ坂)<仮称>


緑が丘と三ツ割を結ぶ道は、盛岡北部の貴重な横断道路として活躍しています。
緑が丘から入ると、下って、競馬場跡地の壁画。
それからローソンと松栄堂。ここが底っぽく。
釜石新鮮組から本格的に上りに入り、高松小学校でひといき。
県営野球場の照明灯とスコアボードの後ろ姿にしびれ、東山堂の脇をすり抜け、三ツ割へ。
そんな道です。よそ者のボクも好きな道ですから、住んでいる人は思い入れがあるのでは?

070707irairasaka2.jpg

緑が丘側の接続点はゆるりとした坂になっています。
松園への道とは、T字に接続。それなのに結構渋滞します(なぜだろう?)。
たまにそのことをすっかり忘れて、渋滞にはまったりすると、しまった!という体験をします。
バイクで行っても、狭い道ですから、車の脇を通る訳にもいきませんので待たされることになります。
そんなふうに、悔しい思いをすることが多い道なんです。個人的に。

入口付近には、小澤サイクルがあり、更地になった御堂寮。
生協の別な入口、みかわや、移転して来た緑が丘郵便局、やま庵などなど。
道を挟んでは、フレッシュSATOやライオンベーカリーかな。

東緑が丘口バス停から見ると、この坂、思ったより美しいことを知りました。
坂であることはあまり主張していない謙虚な感じが好印象でした。
でも、名前をつけるのが難しい場所でもあります。
バス停もそんなふうな苦労がうかがえる命名ですし。

かつての地名は庚申窪。だから「庚申坂」かな。
それとも、渋滞で待たさせれることが多いので「待つ坂」とか。
うーん、難しい。良い名前があったら教えて下さい。

070708 繋字尾入野

7月8日(日)ほぼ晴れ


網張からヨロヨロになりながらも、なんとかたどり着いた繋十文字。
ふと、また思う所あり、寄り道をする。

普通は手づくり村、繋温泉病院の道を行くのだろうが、脇道に入る。
このあたりは繋字尾入野(おいりの)と呼ばれ、盛岡市である。
繋というと温泉があるほうのイメージがあるけれども、市役所の支所なんかはこっち側にあったりする。

センターラインがある道が集落の真ん中をつきぬける。旧道だろうか。
どのへんが真ん中かなと思いながら進む。
すると、参議院選挙と衆院選岩手1区補選のポスター掲示板。
たぶん、おそらく、このあたりが真ん中かと思われ、岩手山と一枚撮影。

070708camel-goshoko.jpg

繋十文字といえば、キャメルマート御所湖の様子が少し静かだったので近づいてみる。
どうやら休業しているらしい。その他にも、しばらく品薄になる旨のチラシも。
もしかしたら、風景が少し変わっていくかもしれない。

(ここも県道です)
070708matukawa.jpg

先月の29日に供用開始になった県道雫石東八幡平線(網張~松川)を歩いて来た。
いろいろあって工事が中止になったこの道も、既存登山道を活用して、歩行者のみ通行可能となった。
大松倉橋から松川大橋までの片道約8,410m。往復すると約16キロ。

網張側から入り、三ツ石山荘でよっぽど止めようかと思ったが、
気を取り直して、松川大橋まで歩いた。休みを含めて約3時間。
帰りは気合いを入れて、2時間余。

帰り道、網張側の道路に出ると、「三ツ石山は360度のパノラマビューだったよ」と。
普通そうだろな・・。やや虚しい気持ちに(笑)。
詳しくは別な場所でリポートします。

http://www.pref.iwate.jp/~hp1008/okusando/ok1.htm

○繋のコンビニ
070708tunagi.jpg

紫苑あたりにあるコンビニ。行く途中、隣接して同じような建物を見て、えげつないのお・・と。
帰り道、確認すると、工事をしている方は、かつてのファミマで、営業しているほうが移転していたという次第。ややこし。
建築計画によると、老人ホームを作るらしい。
移転させるほど、なにかあるのか?この場所に。

○盛岡工業 2006年度卒業生就職内定者199人のうち、
→県内就職者は100人、県外就職者は78人(公務員、縁故除く)
○第30回さんさ 今年は153団体
○岩手競馬 第8回ミルキーウェイカップ マツノメガミ(板垣吉)

もりおかの坂 その36

もりおかの坂 その36 下町坂<仮称>


鉈屋町の十文字稲荷あたりから、上小路へ抜ける坂道。
あさ開あたりから、少しずつ傾斜がでてきて、永泉寺の前を通り、むさし屋で突き当たる。
それなりに由緒はあり、昔の「宮古街道」である。

傾斜はそれほどあるわけではないけど、上から見るスラリと伸びる道筋が素敵。
この前紹介した「高松の坂<仮称>」にも通じるものがある。
個人的には「スラリ系」の坂として分類できるのではないかと思っている。
(他には神子田の嶋岡商店あたりとか)

最初は大きく見える車たちも、やがて豆粒のように小さくなり、交叉点から消えていく。
そんなのを眺めていると、結構楽しめるもの。

このへんは「下町(したちょう)」と呼ばれていたそうだ。
河南の小ぶりなこの美しい坂は、「下町坂」と名付けておきたい。

070707 上田字狐崎稲荷

7月7日(土)おおむね晴れ


上田堤の高松団地を下ると田んぼがある。
あまり行かない方向に進路をとれば、そこは上田字狐崎稲荷。
ダイナミックなカーブを描く道があって、緑が濃い場所に思えた。
夏の日差しは、この時間帯はまだ強く、かみしめるように上っていく。
わずかな区間だったけど、木々が道に迫り、一定の高さにボクがいることを知る。

呼吸が安定し、見慣れた風景を手に入れる。長嶺橋がそこにいた。
北山トンネルの工事現場は、また一段と整然として来た感じがする。
穴を掘るのは、或る程度、かたがついたようだ。
片方の入口には「北山トンネル」のプレートが埋め込まれていた。
ここにたくさんの車が流れるようになる頃、いったい何をしているだろうか。

また同じ道を戻る。緑と岩手山。長嶺とはまた少し違ったいい風景だ。
国道455号の西側はなかなか面白い。

070707uedatutumi.jpg

上田堤から高松にかけての坂収集。
予想通りいい坂や思わぬ発見の坂など。

上田堤と東緑が丘の間、ローソンあたりから高松小学校にかけて。
歩いてみると、じんわりとはじまり、釜石新鮮組あたりからがっつりという感じ。
緑が丘から三ツ割へ自転車で走りたくない理由。ここだったと思い出す。

しかし、きょうは七夕だったか。何をやってんだか(笑)。
明日も天気が良さそう。それならと・・懸案事項に挑戦することにした。

○2006年度酸性雨調査結果 盛岡市の年平均は4.7(県環境保全課調べ)

070706 肴町

7月6日(金)久々の晴れ間


御幸新道に入って、アーケードの入口へ向かう。
みかわやのプチなまこ壁も、もういつもの風景になっている。自転車がズラリ。
そのトイメンにあるのが、桝田ビル。
アーケード寄りの入口が鎖によって封鎖されている。
何回か上ったことがある階段。ややしみじみ。「手芸」の文字も見えない。

070706nashinoki.jpg

それから、あれこれあって、梨木町あたりに来る。
梨木町踏切方面へ向かう道に入ると、見慣れたつもりが気づかない風景にいくつか出会えて新鮮。
ムサシの隣に、こんな建物があったなんて。弁当屋さんがあったんだね。
白ゆり学習会の建物も、じっくりと見てれば、それはそれで面白みはあったし。

070706nashinoki2.jpg

道路の反対側には、「ぎょうざ」と書かれたのれんが揺れている。
これが店名ではないと思うが、目を引くという意味では成功しているのかもしれない。
なかなか味わいがある通りかもしれん。
ボクの中の梨木町を少し更新した。

そのあと、山田線の線路沿いを散策。
河北小学校は盛岡では数少ない線路に近い学校じゃないかとか。
すごく良い坂を見つけたり。まあ、そんなことをして日が暮れた。

(きょうのイワマ)
070706iwama.jpg

イワマ靴店はすっぽりと白いシートの夕方。樋下建設の文字。
桜山神社による「趣意書」が掲げられていました。
戦後の混乱期に民間に売却されていたんですね。

○セブンイレブンが花巻、奥州、北上で4店舗開店
→2009年度までに50店舗めざす。盛岡進出は未定
○城東中で「社会を明るくする運動」河南地区集会(5日)
→生徒は231人。朝読書、岩山巣箱かけ、スノーバスターズの活動が紹介される
○この前の県議会で、盛岡市の中核市指定の申し出に同意の議決
○6日午前 カラスで盛岡駅周辺の120戸が停電
○市長の日程(6日)もりおか老人大学入学式

もりおかの坂 その35

もりおかの坂 その35 柵坂(黒岩坂)<仮称>


盛岡には幾つかの小規模な団地があります。
ちゃんと名前があったりして、それをめぐるのは結構楽しいです。
感覚だと、盛岡の北に多く存在するような気がします。

その中でも、なかなかその気にならないと行けないのが上田黒岩団地。
高松小学校あたりから鉢ノ皮へ向かうあの道の先にあります。
鉢の皮団地と一緒にしてもいいような気がしますが、住所の関係なんでしょうか
あくまでも「上田黒岩団地」として独立しています。
そこがなんか意地らしいと言うか、かわいいというか・・。

その団地のメイン道路はここになります。
フェンスがずっと連なっていて、上の方まであります。
独断なくてもいいような気がしますが、よそ者にはわからない事情があるのでしょう。
これだけフェンスが印象的な場所は、あとは厨川小学校あたりくらいでしょうか。

傾斜はなかなかです。まっすぐタイプ。
道はやがて途切れて、緑に吸い込まれていきます。
地図を見ると、点々の道が黒石山に続く・・みたいな。
もう来ることないかな?と思いましたが、またいつか来ることになるかも。

「フェンス坂」というのもなんなんで「柵坂」かな。

(お知らせ)
コメントに触発されまして、お遊びで作ってみました。アクセスできますか?
こうして分布を見ると、盛岡の地形というのがそのうち見えてくるのかもしれません。
もりおかの坂マップ(試行版)

070705 開運橋通

6月5日(木)ほぼ雨


開運橋まで足を伸ばす。
スイミングスクールが綺麗になっていた。
マイアミ跡地に簡易な柵が作られたことを知る。
それから先に進まないこの場所は、やや哀しげで、せつない感じ。

開運橋通の衣料店前で、1つだけ仲間と外れた椅子。
正しく濡れていた。雨は止みそうにもなかった昼間の風景。

070705hiroshi.jpg

大通の裏から改名移転する「ひろし外科・肛門科」はこんな感じ。
かつての建築事務所を増築して、たぶん改修したもの。

自分が過ごしていた場所が変わる。
消えるのとは、また別な感情があるんだろうな。

夕方には小降りになっていた。傘がなくても大丈夫なくらいにまで。
バスを待つ人や車を横目に、なんか流れと反対になって歩いて帰った。

(きょうのイワマ)
070705iwama.jpg

シャッターがあがっていて、店先のロゴなどが見えていました。
一応メモ
・ここには盛岡城の鳩御門があった
・店舗は地下1階、地上2階。2003年閉店→地下があったんですねえ

○タルトタタンに「茶畑ソフト」登場。駐車場は7月20日から25台に拡大予定らしい
○県中総体地区代表(盛岡地区)
・バスケットボール(男子)大宮、巻堀、岩手大附、北松園、下橋、渋民
・バスケットボール(女子)盛岡白百合、黒石野、大宮、上田、見前南、北陵
・バレーボール(男子)渋民、北陵、見前南、松園、飯岡、岩手大附
・バレーボール(女子)厨川、北陵、岩手大附、見前南
・卓球(男子)北陵、見前、厨川、見前南
・卓球(女子)厨川、仙北、飯岡
・ソフトテニス(男子)黒石野、松園、岩手大附、下小路、乙部、河南
・ソフトテニス(女子)見前、土淵、城西、米内、河南、仙北
・サッカー 厨川、松園、北松園、飯岡、城西
・バドミントン(男子)見前南、大宮、岩手大附、北陵、城西
・バドミントン(女子)見前南、城西、見前、大宮、米内、北陵
・柔道(男子)下橋、大宮、黒石野、厨川
・剣道(男子)北松園、見前、厨川、城西、上田、大宮、黒石野、北陵、河南
・剣道(女子)飯岡、厨川、北松園、黒石野、河南、北陵、見前
・ソフトボール(女子) 黒石野、岩手大附
・軟式野球 見前、北松園

○盛岡市が自転車の安全と利用促進に関する独自の条例を制定へ
→国勢調査によると、代表的な通勤手段として自転車は22.0%で2位(1位は車 53.0%)
○被保険者名簿を保管していない市町村 旧松尾村、旧水沢市、雫石町
○市長の日程(5日)自殺防止対策セレモニー後の自殺対策要請訪問、まちづくり懇談会(中野)

もりおかの坂 その34

もりおかの坂 その34 老梅園坂<仮称>


大慈寺町から松尾町へジクザグと。
緩やかにあがっていく、いかにも河南っぽい坂です。
左手には立派な家があって、右手には普通の家やアパート。
坂を上がりきったところには、古いアパート&木造家屋があったのですが消えてしまいました。

恥ずかしながら、老梅園というのがここにあるのを最近知りました。
盛岡でも由緒ある庭園なんだとか。
盛岡市のウェブサイトによると、保護庭園で、河成段丘地形を活かした見事なものらしいです。
残念ながら非公開。
この坂は、そんな地形の余波みたいなもんでしょうか。

立派な家もさることながら、個人的にはこの角度で見る清水荘が好きだったりします。
整然も良いけど、どうやら複雑に建物が組み合わさった風景のほうが性に合っているようです。

何も知らないときは無難に「大慈寺坂」とも思いましたが、
やはり、ここは敬意を表して「老梅園坂」かな。

070704 愛宕町

7月4日(水)くもりのち晴れ


先走ってこぼれているいるような水分を空気の中に感じながら、愛宕町を北へ。
下小路中の筋に出て、盛岡市医師会あたりまで進む。
あんまり医師会の建物としては意識したことがなかったけど、奥のほうにあった。
どこの参道になるかは知らないが「ハウス表参道」というアパート。
恩流寺が見えて来ると、ボクの中では道造モードになってくる。

バイパスのアンダーバスをくぐると生々洞跡だ。
そして、栗山大膳の墓へつづくスロープ。
まじまじと観察すると、石畳というよりは、石の滑り止めだったんだね。この坂は。
そんな坂の下から、凝縮された風景を眺めた。

今回発売された「てくり」は盛岡ノートが巻頭特集。
木村さんの記事はプロだなという視点。色のことなんか考えもしなかったなあ。
彼女の存在は知らなかったけど、配偶者が単身赴任しているとのこと。
ただ、こうしてこの町をちゃんと書いてくれそうな人が増えるのは嬉しいこと。

この町を美しく撮る人は結構いると思うけど、文字で書き残せる人はそんなにいない。
盛岡ノートに惹かれるのは、そういう部分にあるのかもしれない。

下小路のメインストリートに出て、黒川産婦人科あたりからはもういつもの気分だ。
生々洞あたりで高揚する気分。理由をうまく説明できないけど、もっと考えてみたい。

070704iwama.jpg

どこか疲れ果てて、桜山神社。
イワマの解体がはじまった。シートで覆うための足場が組まれた。
更地になって、有効活用されるという。岩手公園側はこれでスッキリとした景観になるのだろう。

ここの靴屋でよく買ったものだ。
嫌いじゃない店だった。閉店して、新しいお店を見つけるまで、しばらく困ったものだ。
高すぎず、安すぎず、ほどほどの入り易さ。
さよなら。

午後になると、雨。やみそうもない。
歩いて帰る。

(今月の大慈寺児童センター)
070704daijiji.jpg

七夕かあ・・。

○中の橋にもハンギングバスケットが設置
○第53回盛岡市小学校陸上記録会が3日に開催。49校、1451人が参加
○小笠原が鹿島に復帰
○県立美術館のピカソ展 3日に入場者2万人突破
○楽天8-6ソフトバンク(3日 盛岡)
○月が丘の九戸屋肉店が南部かしわの「きんかん」の薫製を販売中
○市長の日程(4日)定例記者会見、広域連合運営協議会、競馬組合臨時議会

もりおかの坂 その33

もりおかの坂 その33 高松の坂<仮称>


ふと思うときがあるんです。
「高松の池」って、高松の「池」。ただの「池」かい!って。
(まとめてひとつの固有名詞になっているのはわかっているのですが・・)
そんな役にも立たないことが頭を離れなくなるってことがありますよね。

高松のメインストリート。綺麗になって、もう何年が経つでしょう。
キッチンあべ、サンクスと私的スイートスポットを通り過ぎると、高松神社。

神社あたりが坂になっています。
短いながら、コンパクトに高さを上田深沢線(とまだ言うのかな?)に合わせていく役割。
鑑賞していたら、青年が立ち漕ぎして上っていきました。
見事に坂の判定基準をクリアです。

070624takamatunosaka2.jpg

ここは、下からというよりは、上からすらっと伸びるメインストリートを眺めるのが好きです。
この道には、「これから市内へ突入するぞ」という感覚がボクの中にはあります。

高松は坂の宝庫で「名坂」候補も数あまた。
しかし、ここに「高松の池」ならぬ「高松の坂」の名前をあげたいなと。

070703 ホテル小田島

7月3日(火)雨のちくもり


ホテル小田島の駐車場の区画線はやけに長い。
悠々とはいかないが、後ろは気にせずに停められるかな?
有効利用ってところなんだろう。

朝から雨。きょうはサラリとした感じの降り方で、しっとりくる。
こんな雨なら歓迎する。子供の情景を聞きながら仕事場まで。

070703nagatacho.jpg

駆け上がり坂を下って、長田町。
デイリーヤマザキ盛岡長田町店が6月15日で閉店していることを知る。
ワープロで定型文なのに、なぜかしんみるとくるお別れの貼紙。雨のせいか・・。

福田パンはなぜかシートに覆われている状態。向かい側の新店舗は、まだ作っている最中。
かたびら薬店。よくよく見るとタバコの自動販売機も消えていた。完全閉店したのか?

夜は夜。
この歳になると、まあいろいろと差が出るわけで。
どちらが上で下だとかとは思わないけれども。

○マルイチ中ノ橋店 オープンに先立ち4日、5日特設コーナでカードを発行
○盛岡市議会議会制度検討委員会 政務調査費185万円(54件)を返還を合意
○門二丁目の建設業者が隣接する市有地を無償整備 公園の名前は「川原道公園」
○上飯岡のシンセイが自己破産の申立て
○盛岡でナイター 楽天vsソフトバンクダイエー 田中投手が先発
○第52回全国高校軟式野球選手権岩手県大会 決勝 専大北上6-5盛岡一(延長10回)<2日>
○岩手競馬 第12回東京カップけやき賞 フサイチギガダイヤ(菅原勲)
○市長の日程(3日)国土交通省ほか道路特定財源見直しに係る道路整備の「中期的計画」等の要望

070702 中央通三丁目

7月2日(月)くもりのち雨


なんか久しぶりの中央通三丁目。
今更ながら、盛岡石油が消えているのを知る。
勤労青少年ホームがほぼ見えるかたちになっていた。
まあ、懐かしい場所ではある。
跡地の行方は不明だが、そのうちまた何か建つのだとは思う。

070702shinzankoji.jpg

新山小路あたりも歩いた。
消えた長屋跡地は整備されて駐車場に変わっていた。
村定さんと関係があるのか・・。

桜城小学校の北側にあたるこのエリアは新山小路がある限りは来ることになるだろうけど
やっぱり長屋がひとつ消えてしまうと寂しさはひとしお。
そういや、桜城小近くのサンジェルマン通りもホントに臨時休業しているんだということも知った。

070702sakurayama.jpg

桜山神社前に行くと、こんな貼紙があちこちに。
「愛されて60年 感謝の気持ちをこめて ありがとうキャンペーン 開催中!」とある。
内丸第二町内会と東大通商業振興会によるもの。
どうやら今日から県庁の昼休みが60分に戻ったかららしい。
そして、たまたまなのか、町内会も60年とのこと。
キャンペーンは7月31日まで(お店によって異なるとのこと)。

某店でチラシをもらう。それによるとそれぞれが独自のサービスをしている様子。
・モンタン 2日~4日まで全品100円引き
・白龍 粗品進呈
などなど。100円引きは多くて、その他にも半ライスやデザートのサービス。
「携帯はし」プレゼントなんてお店もあった。
飲食店以外でもイベントに共催しているお店はあって、ロイトはポイント2倍なのだとか。

夏だというのに、自分の行き先はかなり不透明。
久しぶりに妹から電話があった。育った土地には帰らないことにしたという。
まあ、人生様々か。

○参議院選・衆院補選のポスター掲示板の設置始まる 
→盛岡市内には604箇所に設置(ただし玉山区89箇所は参議院選のみ)
→岩手県内では7,822箇所(2004年参院選より456箇所減)
○北東北デスティネーションキャンペーンが1日開幕
○岩手競馬 第39回岩鷲賞 ヤマニンエグザルト(板垣吉)<1日>
○市長の日程(2日)庁議、岩手県河川国道事務所、東北地方整備局平成20年度国予算に対する建設関係要望

もりおかの坂 その32

もりおかの坂 その32 学び舎坂<仮称>


黒石野二丁目・みどり台へ行く道のひとつ。
黒石野中学校付近からアプローチする坂です。
知らないと通り過ぎてしまう感じですが、あれよあれよという感じで、団地に出ます。

坂の途中で振り向くと、黒石野中学校の校舎の上の部分。
耐震工事をしたので、外観は昔より綺麗になりました。中はどうなのかは知りませんが。

校舎が見える坂ってのいいですね。
様々な思いを抱えながら、中学生が通っていそうです。

070624kurochusaka2.jpg

私の不確かな記憶だと、この道で畑?だった頃もこの坂でたどり着いたのだと思います。
下の方は昔ながらの雰囲気を少し残していると思われ、狭い巾です。
団地に近づくとやや広がってきますが、基本的には人中心っぽい印象でした。

黒中が見えるので、「黒中坂」も考えましたけど、
ちょっと遠いので「学び舎坂」とやや間接的に。でも、語呂が悪いなあ・・。

070701 河川防災ステーション

7月1日(日)くもり時々はれ


都南大橋の欄干が終わってすぐの道に入る。
車1台よりやや巾がある程度のスロープをくだり駐車場。
普通車より大きい白い区画線。いいのかな?と思いつつ車を停めた。

目に入ってくるのは、大きなHの文字。ヘリポートがあるのだ。
看板をみると、ここは「河川防災ステーション」。
大規模災害時に利用する緊急資材がしこまれているらしい。

隣接する緑の部分はただの公園かと思っていた。
が、「津志田地区水辺プラザ福祉体験施設」というらしい。
路面幅員、段差などを体験できる場所が備えられている。

三本柳権現堂を目指し、その中を歩いていく。
そんな雰囲気もなく、こどもたちが幸せそうに遊んでいた。

070701mayooka.jpg

それから、安倍礼司を聞きながらR396を旅する。
番組が終わる頃にたどり着いたのは、迷ったときによく来ていた場所。
地名とは違って、ストレートな風景なんだと気づく。
緑の田んぼが傾斜に並ぶ。ここは快晴のそらが向こう側にあった。

まずは折り返し。

(きょうの地図)
070701sanboyanagi.jpg

三本柳権現堂バス停(旧サティ側)にある物件。
取り扱い範囲が飯岡駅あたりまでなので細かいかも。
「二本柳」は愛嬌ということで・・。手書きテイストに免じて。

○桜山神社にあの南部中尉の鋳型(胸像部)があるそうです(非公開)
○三本柳のふれあいランドいわての利用者が30日に250万人突破
→1994年12月の開館から12年6ヶ月
○ハンギングバスケットの公共空間の設置数 589個(6月末現在)
○岩手競馬 第8回ねむの木賞 トーホウライデン(高橋悠)<30日>

もりおかの坂 その31

もりおかの坂 その31 岩脇坂<仮称>


松園へ行く道から、静かに外れて岩脇緑が丘団地へ。
その役割を果たしているのが、この坂。

「岩脇団地前」というバス停はありますが、団地はずっと下。
北上川のレベルまで下りていかなければなりません。
市道から軽い坂になっていて、英語で書かれた歓迎の装飾が出迎えてくれます。
ちなみにバス停は、この装飾のある階段からのアプローチ。
天気がよければ、このあたりから岩手山が見えます。

そして、緑が濃い直線の坂がわだかまりもなく伸びています。
傾斜は見た目よりきついかも。

閉店してしばらく経つカワショーが見えて来て、右へくいっとカーブ。
テラスハウスメインの素敵な団地・岩脇緑が丘団地が出迎えてくれます。

070624iwawakisaka2.jpg

この坂、なんか魅力的だなと考えてみたら、直線部に家がないということに気づきました。
建物囲まれた坂道もそれはそれで良いのですが
こんなふうに緑に覆われた坂というのも、存在としてはアリかなと。
盛岡でも珍しいタイプの坂かもしれません。

「岩脇坂」。普通ですけど、なんかしっくり来る響きです。

(修正のお知らせ)
もりおかの坂 その29
http://iwatelife.blog7.fc2.com/blog-entry-953.html
この坂の上のほう(長安殿付近)に名前があることが判明したので修正しました。
「たんぞう坂」というそうです。

Template Designed by DW99