FC2ブログ

070704 愛宕町

7月4日(水)くもりのち晴れ


先走ってこぼれているいるような水分を空気の中に感じながら、愛宕町を北へ。
下小路中の筋に出て、盛岡市医師会あたりまで進む。
あんまり医師会の建物としては意識したことがなかったけど、奥のほうにあった。
どこの参道になるかは知らないが「ハウス表参道」というアパート。
恩流寺が見えて来ると、ボクの中では道造モードになってくる。

バイパスのアンダーバスをくぐると生々洞跡だ。
そして、栗山大膳の墓へつづくスロープ。
まじまじと観察すると、石畳というよりは、石の滑り止めだったんだね。この坂は。
そんな坂の下から、凝縮された風景を眺めた。

今回発売された「てくり」は盛岡ノートが巻頭特集。
木村さんの記事はプロだなという視点。色のことなんか考えもしなかったなあ。
彼女の存在は知らなかったけど、配偶者が単身赴任しているとのこと。
ただ、こうしてこの町をちゃんと書いてくれそうな人が増えるのは嬉しいこと。

この町を美しく撮る人は結構いると思うけど、文字で書き残せる人はそんなにいない。
盛岡ノートに惹かれるのは、そういう部分にあるのかもしれない。

下小路のメインストリートに出て、黒川産婦人科あたりからはもういつもの気分だ。
生々洞あたりで高揚する気分。理由をうまく説明できないけど、もっと考えてみたい。

070704iwama.jpg

どこか疲れ果てて、桜山神社。
イワマの解体がはじまった。シートで覆うための足場が組まれた。
更地になって、有効活用されるという。岩手公園側はこれでスッキリとした景観になるのだろう。

ここの靴屋でよく買ったものだ。
嫌いじゃない店だった。閉店して、新しいお店を見つけるまで、しばらく困ったものだ。
高すぎず、安すぎず、ほどほどの入り易さ。
さよなら。

午後になると、雨。やみそうもない。
歩いて帰る。

(今月の大慈寺児童センター)
070704daijiji.jpg

七夕かあ・・。

○中の橋にもハンギングバスケットが設置
○第53回盛岡市小学校陸上記録会が3日に開催。49校、1451人が参加
○小笠原が鹿島に復帰
○県立美術館のピカソ展 3日に入場者2万人突破
○楽天8-6ソフトバンク(3日 盛岡)
○月が丘の九戸屋肉店が南部かしわの「きんかん」の薫製を販売中
○市長の日程(4日)定例記者会見、広域連合運営協議会、競馬組合臨時議会

もりおかの坂 その33

もりおかの坂 その33 高松の坂<仮称>


ふと思うときがあるんです。
「高松の池」って、高松の「池」。ただの「池」かい!って。
(まとめてひとつの固有名詞になっているのはわかっているのですが・・)
そんな役にも立たないことが頭を離れなくなるってことがありますよね。

高松のメインストリート。綺麗になって、もう何年が経つでしょう。
キッチンあべ、サンクスと私的スイートスポットを通り過ぎると、高松神社。

神社あたりが坂になっています。
短いながら、コンパクトに高さを上田深沢線(とまだ言うのかな?)に合わせていく役割。
鑑賞していたら、青年が立ち漕ぎして上っていきました。
見事に坂の判定基準をクリアです。

070624takamatunosaka2.jpg

ここは、下からというよりは、上からすらっと伸びるメインストリートを眺めるのが好きです。
この道には、「これから市内へ突入するぞ」という感覚がボクの中にはあります。

高松は坂の宝庫で「名坂」候補も数あまた。
しかし、ここに「高松の池」ならぬ「高松の坂」の名前をあげたいなと。

Template Designed by DW99