FC2ブログ

070725 中央通一丁目

7月25日(水)はれ


盛岡も通り抜けることができる細い路地ってのは、なかなかありそうでない。
中心部では、中央通一丁目の笹川ビルや村上ビルが作っている、この空間が代表選手か。
シネマ横丁と呼ぶが、ピンと来る人はそんなにいないはずだ。

梅雨明けでもしたような空が放つ厚さから逃れるように、「外小路左近」側から入る。
怪しげな雰囲気は昼も夜も変わらないなあ・・というイメージが自分の中にある。
ふと立ち止まると、白い看板に「ヒョッコリ」の文字が目に留まる。
味わいある絵だと思って、矢印の方向を見る。
「ヒョッコリフルギテン」と看板。「フルギテン」というカタカナも美しいな。

光が強い方を見ると、中央劇場の一部を背景に大きなバイクが停まっていた。
映画館通りはすぐそこ。

(きょうのイワマ)
070725iwama.jpg

17日付け以来の掲載です。いつの間にか綺麗な更地になっていました。
地下を見るのを忘れたなあ・・。さんさ前にほぼ終了というところでしょうか。

(短期連載 とことん都南2007 その3 北野神社)
070722kitanojinjya.jpg

盛岡南高校の大きな体育館が見えるT字路を北へ。このあたりも風景が広がっているところ。
高屋敷堰を渡り、再び突き当たり。適当に右に進路を取れば、鳥居が見えてきます。
これが、西と東の見前鎮守(村社)「北野神社」の入口。

境内に入ると、神社らしくない開放感みたいなのがあります。
平地にあるせいのかなあ。見渡すと、社務所に上通公民館が併設されています。
そのそばにはサッカーボールの形をした遊具。
神楽をやるところは、2箇所も。見たことないですけど宮崎神楽ってのがあるようです。

敷地のほぼ中央に鳥居が立ち。また、それがディファレントな感じ。
日影がないよなあと思っていたら、もう一つの出口あたりに大きな根株があることを思い出しました。
宮崎の大杉(樹齢800余年)ってのが、昭和40年まで存在していたそうです。
このあたりは、昔ながらの見前な雰囲気が残っていそうな境界線なんじゃないかな。

○第30回盛岡さんさ踊りは過去最高の216団体
○サイクル・オダシマの創業は大正8年
○中河の創業者が屋台を始めたのは昭和30年2月22日
→現在地にお店を出したのは昭和43年。4月から3代目候補がデビューしたそうです
○盛岡市議会議会制度検討委員会 政務調査費 376万7338円の自主返還を合意
○市長の日程(25日)盛岡市戦没者追悼式 

もりおかの坂 その49

もりおかの坂 その49 小山坂<仮称>


盛岡の東にある素敵な町、東山一丁目。
ファルの裏手からうねうねと歩いていくと、東山荘というアパートがあります。
そこが小山(こやま)観音への入口。

最初、その果ては見えないのですが、
一度軽くカーブすると、茶色の瓦屋根が緑の中に見えてきます。
見た目は緩やかそうですが、長さがあるので坂としての手応えはあり。
すぱっとまっすぐでない道筋も歴史を感じさせてくれます。
ただ、周辺の建物は典型的な団地にあるような建築物なんですが・・。

やがて左手に生け垣が現れ、鳥居が近づいてきます。

070716koyamasaka.jpg

小山観音は盛岡三十三観音の第九番札所。
新庄観音とは姉妹関係にあると伝えられているのだとか。
観音様と坂はダイレクトにはつながっていなくて、別の脇道から入るようなスタイル。
そこで坂とはやや高度差ができるので、
鳥居あたりから坂を見下ろすと、いわゆる南昌山たちがつくる屏風のような山並みたち。
なかなかの絶景です。

ここは素直に「小山坂」。問題ないでしょう。

Template Designed by DW99