FC2ブログ

070812 東松園三丁目

8月12日(日)はれ


東松園三丁目の北松園へアプローチする交叉点。
そこにはなぜか温度計があって、「36」の文字を表示していた。
今は「真夏日」とは言わないんだっけか?
歩けば、汗はとりとめもなく出てくることは出てくるけど、数字ほどではないなという感覚。
松園にいたせいだろうか。もちろんへばりはしたのだけど。

070812kita-kenei.jpg

松園の坂収集。思いつくまま、頭の中の地図を展開して、記憶にある坂をたどる。
西松園、東松園、そして松園。

東松園にある県営松園北アパート。
ファミリーマートから見る坂が結構愛しい場所。一通だったのか、この坂・・。

ここのテラスハウスの一角には窓がない場所がある。
来るたびに解体?と勘違いしてしまう。
どんなスペースなのか、気になりつつも、わからないまま。
冬には雪が吹き込んでこないのだろうか・・なんて余計な心配もしてしまう。

070812coop-matuzono.jpg

ぐるっと回って、コープ松園。
たぶん、松園の中心であろうこの店も8月20日で閉店する。
老朽化のため、建て替えなんだとか。2008年夏「ベルフまつぞの」として生まれ変わる予定。

店内に入る。確かに一昔前で、個人的には懐かしい気持ちにもなる。
でも、懐かしさが売り上げにつながらないのなら、悠長なことは言ってられないってとこか。
片道だけのエスカレータを上る、2階はかなり整理され、閉店ムード。
書店と100円ショップ以外は品薄という状況。

この2階から、松園ショッピングセンターへ。
緑とオレンジの屋根に覆われた短い連絡路。ここもサヨナラなんだろうな。

ショッピングセンターは寂しげな空気がいつも通り流れていた。
その中で、トムス松園店は8月19日で閉店。
お別れの貼紙には「店舗取り壊しのため」とある。
隣はシャッターが下りたままのかつての「マルメ」。
生協と関連があることなのかしらん。

松園は、ひょいと行って、楽しむのは難しい場所だけど
漬かってきた場所はでてきているから、それを見つけるのが楽しい。
具体には、県営アパート系の場所とか。

(小泉うどん店)
070812koizumi-udon.jpg

西松園のNTT寮あたりに小さな抜け道があり、たどれば坂のサミットだった。
下っていくと、松園観音がある坂。
更に進むと、その店があった。やや感動(笑)。小泉うどん店にようやく出会うことができた。
普通の一軒家テイストの店舗だが、入り易いのはなぜだろう。
出すのがうどんだからかな?

玄関には食券の販売機。暇つぶし用の「とりぱん」が4冊ほどあった。
中もほんと普通の家って感じなので、戸惑う。
10時過ぎだったがテーブルはほぼ埋まり盛況な店内だった。

「とりぱん」1巻を3分の1くらいめくったところで、うどん登場。
なるほどって感じで食べる。醤油と酢をかけるってのは、新鮮だったなあ。
今度は、暖かいのを食べにこよう。

(きょうの地図)
070812matuzono-chizu.jpg

北日本銀行松園支店あたりにて。

○バスターミナル裏の終末処理場の解体工事も見応えあり
○東松園小学校で公民館の整備工事がはじまっていた
→坂沿いに白いフェンスが敷地が終わるまで
○県立博物館はロータリから芝生までの階段が100段。由来は県政百周年
○松園二丁目のかつてのファル跡地に「まつぞの魚菜市場」
→日の丸青果と我らが阿部魚店が入居している
○展望台から小鹿牧場のルートを初体験

もりおかの坂 その59

もりおかの坂 その59 ほっそり坂(やや紫陽花坂)


住所は小杉山。山王小学校の西側をゆっくりとほっそりと登っていく坂道。
入口は里東顕寺公葬地と呼ばれる墓地がある。
小さな階段は風情があり、この一角だけ昔ながらなのかなという雰囲気を残しています。
ホントの地元の人だけが眠っているんでしょうか。

城南自動車と中島荘の間を通り過ぎて、生垣と石垣の間。
幅は狭く、車が通っているのは個人的は見たことがない区間。
ちなみに石垣の上は、山王小学校です。

やがて、幅は少し広くなります。昔は県の医療局公舎がありましたが、今は分譲され宅地に。
突き当たりに出て、左は山王小学校、右は山王橋経由で盛岡地方気象台という地点。

070811ishigakisaka2.jpg

この坂、バイパスに近いわりには、雰囲気はあるんです。
でも、何か決め手に欠ける不思議な存在感。
紫陽花が綺麗だったよなという記憶もあったのですが
それほど量的にあるわけでもありませんでした。

決め手に欠けると、名前を考えるのも難しい。
「山王」という名前は、なんとなくバイパスのあっち側という感じがするし
「小杉山」は別の坂に使いたい感じ。
となると形状に逃げたりする訳で・・。ホントの仮置きで「ほっそり坂」。
紫陽花がもっと多かったら、「あじさい坂」なんてつけられるのでしょうけど
量を勘案して「やや紫陽花坂」。

でも、なんか良い名前をつけてあげたい、隠れた好坂です。

Template Designed by DW99