FC2ブログ

070826 乙部

8月26日(日)はれのちくもり一時強い雨
070826otobebashi.jpg

北上川の東側。手代森、黒川、乙部。
その中でしっくりと来るのが、乙部だったりする。
よそから来た者にとっては、あの旧道がわかりやすい存在だからだ。
その反対に手代森や黒川は、ターゲットがしぼりにくい印象だ。中心がいまひとつわからない。

旧道を北へ進むと、左カーブする道に架かる小さな橋。
「乙部橋」という、ど真ん中ストレートな名前はメインルートだった証である。
橋の東側は、あと少しでイケル風景になりそうなのに、もったいない。

このカーブ好きかも。
車から降りてわかった新しいマイ乙部な風景を更新する。

070826kitada-saketen.jpg

乙部の旧道沿いには、所々に昔ながらの古い商店が点在している。
かつての酒屋は、もう営業を止めているようだが、懐かしいホーロー看板が残っている。
「お酒は現金で願います」
昔は、現金商売ではなかったんだよとバイトしていた酒屋のじいさんに聞いたことがある。
現金商売にしたことを自慢していたっけ。
そのお店はコンビニに変わった。じいさんは元気だろうか。
あれから15年近くは過ぎている。

070826otobe-monzen.jpg

乙部橋を渡ると、空気が変わる。町から出たって感覚。
目立つのは如法寺。坂の上にでかい木が門のところにそびえる。
さらに進むと、乙部門前バス停。病院の前に昔ながらの待合室が残されている。
広告の看板は「紫波郡都南村大字乙部・・」。都南も遠くなりにけり。

070826otobesho-mae.jpg

旧乙部小学校に戻る。今は乙部運動広場として余生を送っている。
子供たちが結構遊んでいる。

その前の道路沿い。見慣れた風景が変わっていた。
自転車屋さん(佐々木輪業)の建物がなくなっているでないか。
黄色の重機があったから気がついたのだけど・・。
どこか肝心なものがなくなってしまったような気がして、やや寂し。

追記)やけに国道396号で中学生を見るなあと思ったら、乙部地区の運動会&乙部中の郷土芸能大会だった模様。

○盛岡市長選挙は谷藤氏が再選
→きょうは、市長選でした。危うく忘れそうでしたが、一票は入れました。
○ホテルメトロポリタン盛岡ニューウィングが25日からチャペルなどをリニューアル
○県競馬組合事業運営監視委員会の累積債務の拡大等についての検証に関する報告書を提出(24日)
○岩手競馬 第30回すずらん賞 コスモスバーブ(菅原勲)<25日>
○岩手競馬 馬インフルエンザ 水沢で15頭新たに感染。合計で39頭(25日時点)

もりおかの坂 その71

もりおかの坂 その71 安倍館町への坂


かつての国道4号。今は県道220号・氏子橋夕顔瀬線。
はちやビル3号館の前あたりからの一枚。

このあたりが収束していて、落ち着いているというか
坂としてまとまりがあるような感じがします。
北上川の景色も楽しめますし。
個人的には、ここから館坂橋教会の屋根を見るのが好きです。

070813abetatesaka3.jpg

渋滞の名所・館坂交叉点付近では、ある種「展開」しているので、撮影も難しいです。
館坂橋バス停あたりでは、坂らしさはこれから。
それでも、谷藤ビルや館坂ビル。ローリエに肉の小泉。
あまり変わっていない基本的な風景に、しみじみする人も多いのでしょうね。
(ローリエはオレが住むようになってから変わったけど)
交叉点の近くに、キッチンあべの仮店舗があった頃は、よく通ったものです。

070813abetatesaka.jpg

谷藤ビルを過ぎて、まとまりを見せてくる坂は、
プロスペール安倍館に通じる階段で、緑を演出しながら安倍館の町へつづいていきます。
天気が良い日は、岩手山の頭が見えますから、
「岩鷲坂」(岩手山が見える坂)の仲間に入れて良いかもしれません。

つい最近まで、この坂が「館坂」だと思っていたのですが、そうでもないらしいのです。
愛読書「もりおか思い出散歩」(盛内政志著)によると
「北上川の西岸から前九年二丁目の敵見が森方面へ通じるだらだら坂のことで・・」とあります。
まじ?そんなの嫌・・。
普通、館といったら、安倍館じゃないですか。
まだ、ちょっと腑に落ちないまま、このエントリを書いています。

Template Designed by DW99