FC2ブログ

070922 津志田西二丁目

9月22日(土)くもり


ちょっとできた空白の時間に自転車をこいで出かける。
北上川の傷跡を眺めながら、野球で快進撃中の四高グランド脇をすりぬける。
隣接する、かつての盛岡高等技術専門校跡地は荒れているように見えた。
どこかに売却されたらしいから、去年まで見られてソフトボールガールズの姿も見られない。

やがて津志田。住居表示後の位置関係はまだ頭の中に入っていないボク。
綺麗になったぽい夢屋からのストリートを南に。
まあ、かなり今更なネタなんだが、サーパス津志田ができて風景が変わったところ。
その前にはツルハが存在する。これも比較的新しい。

野田踏切を越えて、残された津志田へ。
いわゆる線路の西側を自分の中では、そう呼んでいる。
まだ田園風景が色濃く残っている2地割や3地割あたりのこと。

070922moriokaminami-bs.jpg

鴨助堰から南側は永井。たくさんのバスが見えてくる。
岩手県北バスの盛岡南営業所だ。県「北」のバスが「南」にある。
違和感があるのは、偏見に過ぎないか。

ここには「盛岡南」という立派なバス停がある。
宮古~東京を結ぶ「ビームワン」やイオン盛岡南を経由のバスセンター行きが発着する。
周辺の風景は立体交差の影に隠れたようなところ。
利用者数なんてのはどれくらいいるものだろう。不思議な存在感があるバス停だ。

070922nagai.jpg

飯岡駅裏で見つけた、盛岡南公園の案内看板に身を任せてみる。
意外に近いじゃんと思いながら、ペダルを踏んだ。
永井小学校の別な入口をはじめて意識する。石の柱が立つ。
もしかしたら、こっちのほうがホントの入口だったのだろうか。
現校舎の風情では、明確な入口がよくわからなかったので、なんかそんな気がしている。
スキー山とオリジナルな進入禁止の赤い標識がキュート。

盛岡南公園まで来たのは良かったのだが、折り返しを思えば憂鬱になる。
でも、最後の力を振り絞って・・。

070922tagajinjya.jpg

多賀神社がそう遠くないことを思い出す。
台座に彼らは確かにいなくて、ウソじゃないんだと知る。
いつもは閑散としている境内に足を踏み入れる人たちがいた。
気になっている人は多いようだ。

失ってしまったことの大きさは、どうやって感じることができるのだろう?

○一人当たりの実質的な借金(地方債+債務負担行為ー基金)
 盛岡市 50万円。藤沢町 156万円、滝沢村 31万円、市町村平均 56万円
○盛岡大学の学長、今月末で退任へ。理由は家族の看護
○岩手競馬 馬インフルエンザのレース前日検査を終了(21日)
○東京三菱UFJ銀行の盛岡営業所が支店に昇格へ。11月9日から
○岩手銀行がはじめて幹事としてシンジケートローンを組成。マイヤに14億融資
○盛岡市の放課後児童クラブ 5月1日現在で31箇所、登録児童は1,295人
○滝沢村の自衛隊巣子宿舎浸水事故 現状復旧で自衛隊と合意。工事費は約680万円
○駅前の小岩井・明治安田ビル1階 かつての小岩井リグレ跡、工事してますね

もりおかの坂 その95

もりおかの坂 その95 紅葉が丘のびっくり坂<仮称>


ちょっと都合で、傾斜部を外れます。
傾斜部からすぐの脇道に入ったところは別の坂のはじまり。
その途中にあるのが、紅葉が丘の「びっくり坂」。
このサイトでは、短くて、傾斜がきつくて、車で通りたくない坂を、そのような定義にしています。

ここの特徴は、接続する部分も傾斜であること。
ゆえにちょっと斜めに接続点の辺がなっているわけです。
車での難易度は高そうです。でも接続したかったんでしょうね。

070825momiji-bikkuri2.jpg

上からの眺めもなかなかです。
びっくり坂から続く道は、滑らかに平坦部の紅葉が丘に続いています。

盛岡市内で私の知る、そそる「びっくり坂」はこれでおしまい。
車では無理でも、自転車などで、その傾斜を味わってみたらいかがでしょうか?

■いまんとこ盛岡三大びっくり坂
もりおかの坂 その77 上堂三丁目のびっくり坂<仮称>
もりおかの坂 その46 東新庄一丁目のびっくり坂

Template Designed by DW99