FC2ブログ

071226 本町通三丁目

12月26日(水)晴れ


仁王新町から四ツ家教会へ向かう坂道の途中。
久しぶりにすてきなスキマに出会う。
シンプルな壁と冬の日差しに照らされた石たち。
管理地を告げる看板も味を添えている。

ぴったりよりはスキマがあったほうがいい。
その距離感は難しいけど。

澄み渡る空。でも仕事。
旅路を思うが、果たせないまま見過ごすだけ。

071226yamayasu-ato.jpg

本町の山安跡は東北ダイヤパーキングの時間貸駐車場へ。
12月29日にオープン。
この交叉点、4つの角のうち3つが駐車場になった。

夜は夜。
小さなサプライズと小さな偶然。

○盛岡中央高校の附属中学校 2009年春の開校予定を延期
→早くても1年遅れになる見込み
○衆院小選挙区「1票の格差」 岩手1区 1.280倍
○ベルプラスと伊徳(秋田・大館)が業務提携。2010年度には資本統合を目指す
○全国高校選抜バスケ 男子2回戦 盛岡市立 94-78 昌平(埼玉)<25日>
○盛岡市が福祉灯油購入費を助成。1世帯当たり6千円。対象世帯は1万6400世帯
○市長の日程(26日)市内用務 

もりおかの坂 その147

もりおかの坂 その147 名乗坂


山岸の細いメインストリートを抜けて、たいていの車はそのまま左カーブして行きます。
洞清水や三ツ割へ向かうのでしょう。
でも、まっすぐの方向にはセンターラインがある立派な道が続いています。
それが名乗坂のはじまり。
野田街道の流れを汲む由緒ある道です。

はじめて、この道を通ったときは不安だったものです。
どこへ連れて行かれるのだろうか・・と。
結局は国道455号に出ます。
どれくらいのショートカットになるかわかりませんが、使えるルートです。

071117nanorisaka2.jpg

物好きなので、今回歩いて越えてみました。
最初はじんわりとあがっていきます。そして家はなくなり寂しい状況になります。
冬の午後では日差しも差し込まなくなり、孤独感が増してくるからです。

カーブがひとつあって、その一角に白い文字で「名乗坂のエドヒガン」との表示がありました。
集落まで唯一のホッとするところかもしれません。
ここで「名乗坂」というのが使われているのが確認できました。

071117nanorisaka3.jpg

名乗坂がどこまでなのかはわかりません。
踊り場的な区間があって、それからはまた坂。
そこには集落があったり、山岸タイガースのグラウンドへの入口があったり。
やがて、切り通しの終わりが見えてきます。
もうそこから向こう側は下るだけ。

いつも車だったから、歩いてきてみると手応えがある道でした。
先人は、ここから先歩いて岩泉や野田へ行ったのです。
それだけですごいことですよね。

Template Designed by DW99