FC2ブログ

080809 玉山区川崎

8月9日(土)晴れ

(玉山循環線をたどる)


5月から運行されている玉山循環線をたどってみることにする。
始まりは渋民駅前。

どうやら7月から運行の見直しが行われたみたいだ。
・木曜日の運行を休んで、かわりに日曜日に運行
(よって、木業日、土曜日、祝日、お盆のお休みに)
・渋民駅前発の路線の終点が「八角医院前」に
・循環線にユートランド姫神の送迎バス接続(水曜日と金曜日に1日1往復)

渋民駅前を出て、普通に4号線をたどる。
「下渋民」と「愛宕下」、「啄木記念館前」と「玉山農協前」と
県北バスと県交通がバス停名が微妙に違うことを知る。

循環線はイオンスーパーセンターに一度立ち寄ったあと、
「玉山総合支所前」の道を選んで独自区間に入って行く。

「渋民中学校前」を過ぎ、T字路を左へ。線路と沿いながらまっすぐな道がつづく。
この区間は車もあんまりいないので好きな道である。
ここにバスが走っているのかとやや感慨も。
建設会社の目の前にあるのが「川崎」、そして「市営住宅前」「芋田向一」なんてのがあって
好摩の町へ入って行く。


080809hakkaku-iin.jpg

好摩の町の中は、軽く循環して路線がくまれている。
そのまま高架橋の下をくぐって、線路の東側にある住宅地の中に「好摩東」。
踏切を渡って「好摩駅前」。ここが終点だったが、八角医院まで延びたという。

渋民駅前行きは「好摩小学校前」を通る。ここまでは順調にたどれたが
その次の「芋田向二」と「八角医院前」が見つけられない・・。
病院の建物の前を何回もめぐるもそれらしき存在がないのだ。

2回ほどまわったあと、好摩小学校近くのたけやの交叉点を反対側にまがることに気づく。
すると「芋田向二」があった。
線路沿いを再びたどりながらすすむと「八角医院前」がそこにあった。
一所懸命めぐっていたのは「八角病院」だった。
うーむ、同じような名前がふたつあったとは。深い。

(未知の玉山区へ)
080809matunai.jpg

それから未踏の玉山区を行くことにする。
最初にセレクトしたのは松内(まつない)。
松川の西側にある地区。かるい河岸段丘っぽい地形をちんたらと。
やがて公民館にたどりつく。けっこうな敷地を持つ。
遊具や開田記念碑も残る。入口も植物でアーチがかたどられている。

しびれたのは石花橋へつづく道の入口。
いい感じに寂れた白看板が残っているではないか。
それに姫神山を重ね合わせる。
(その後、数箇所で白看板を見つけた。王国か?)

公民館からそのまま一本道をたどっていく。
やがて山と川が迫り、わけがわからないうち八幡平市になっていた。

080809nagaisawa-kominkan.jpg

引き返して、永井というところを目指す。
新しい盛岡の北端のひとつだ。どんなところなんだろうかと。
県道好摩大更線から細い道をあがっていく。

途中、大きな変電所がひとつ。岩手変電所というらしい。
赤い鉄塔がそらへ向っていた。

畜産がさかんだったのだろうか。そんな風景がひろがっていた。
道路も途中からセンターラインがある道が中心に。
たどりついたのは永井澤公民館。
開拓系の土地でみかけそうな、シンプルだけど大事にされていそうな建物だった。

ここも盛岡なんだ。
そう思うと、またしみじみ。
ここから北へ広がることはしばらくないだろうから。

ただ境を決めるのは、いずれにしろ人なんだ。
やっぱり大地に線はあいにくひいてなかったりする。

○夜は都南の花火(今は「盛岡花火の祭典」)
 前半戦はけっこう空白があって、ちょっと間延びした感じ。
 観覧席で見れば、そんな間延びした感じもしないんだろうな。
 後半戦は遠くで見ていても楽しめました。
 門の川原に吹く風は秋の色。やや寒でした。
○城西中が東北中学校体育大会軟式野球で準優勝。全国大会へ(8日)
 準決勝4-3しらかし台(宮城第一)<特別延長11回>、決勝0-3中央台南(福島第一)
○上米内の七瀧神社はあそこだったのか・・
○きょうの誤変換 玉や幕

Template Designed by DW99