FC2ブログ

090309 中央通一丁目

3月9日(月)晴れ
090309idai-chushajyo.jpg

岩手県赤十字会館の北側。
隣接した場所にある駐車場が岩手医科大学のものであることを知る。
建築計画の看板があった。
(仮称)岩手医科大学放射線治療施設等新築工事。
着工は6月で、完成予定は来年の10月末。
変わって行く風景だったのだ。

そうなれば目で覚えておく。
なかなかつかみきれない印象の通りで忘れてしまいそうだが。

090309omitu.jpg

駐車場の敷地から向こうは本町通。
かわいいのれん見つける。

穏やかな月曜日。
「春だったね」が口ずさもうとして思い出せず。
口の間近まで曖昧な旋律が出てきているのに。

【特別企画】山岸な風景(1)


山岸三丁目の桜ヶ丘団地の入口あたり。
名乗の分かれ道から狭い道はつづく。
山岸にいることを一番感じるのは、この道を走っているときかもしれない。
わずかな拡幅区間まではあと少し。

○岩手公園で梅が開花。昨年より2週間早い
○盛岡デー 11月末に広島と沖縄でイオングループと提携して開催
→7月は東京、11月は大阪
○小山田一門の創業100周年のつどい(8日)

もりおかのバス停 その1

もりおかのバス停 その1 水門


国道396号と県道上米内湯沢線の分岐点である手代森交叉点からやや盛岡寄り。
「水門」というどこか機械的な名前が通るたびに気にさせる不思議な存在感を持つ。

バス停のそばには建物があり、水利使用標識が掲げられている。
水利使用の目的は「かんがい」とある。
北上川から取水している施設のようだが、中はよく見えなかった。
水門の由来はこの施設のことだろうか。

凝らずにシンプルにその場所を現す。なかなか忘れられていること。
そして岩手山が綺麗に見えることを知る。

■長岡線(日詰駅前)
■日赤経由川久保線・雫石・日赤線(手代森ニュータウン南口)
■日赤経由川久保線・手代森・乙部コース(乙部)
■手代森・矢巾駅コース(矢巾町役場)
■中央線(盛岡駅)
※平日の時刻表より

バス停留所にたっているこれ、その筋ではポールというのだそうです。
しばらく、そしてときどき、盛岡の町の中、郊外でたたずむバス停留所たちを紹介していきます。

Template Designed by DW99