FC2ブログ

もりおかのバス停 その16

もりおかのバス停 その16 三本柳権現堂


正式な読みはわからないが「さんぼんやなぎごんげんどう」でいいのだろう。
ごつごつとした響きが忘れられないバス停。

今は閉店してしまったサティ(旧ニチイ)の最寄りのバス停でもあった。
そのせいか立派な待合室があったりする。

長らくその寂しい姿をさらしていた建物も2009年春とうとう解体に着手。
やがて新しい役割がこのバス停にできるのだろう。

権現堂はここから少し歩いたところに本当にある。
「ここなんだ」と感慨深いものがある。

「はっと見りゃ三本柳権現堂・・」
このへんを通ると、ついつい替え歌を口ずさんでしまうのは自分の中では変わらない。

■日詰線
 603(日詰駅前)
 603・605(盛岡バスセンター)
 604(盛岡駅)
■日赤経由みたけ線、日赤経由川久保線、雫石・日赤線、都南盛南線 
 108・407・412・414・420・421(手代森ニュータウン南口)
■手代森・乙部コース(乙部)
■手代森・矢巾駅コース(矢巾町役場)
■盛岡大船渡線<急行>(大船渡<須崎>)
■盛岡釜石線<急行>(釜石<上平田>)
■滝沢・病院線 217(滝沢村役場)

090511 老松町

5月11日(月)雨のちくもり


菜園旧町名の巻き看板シリーズ。
今度は「老松町」を発見。鶴舞町と似たデザインで、こちらは松の絵。
プラザバンベールやアーヴァーズビルあたりの電柱に設置されていた。
昭和のはじめ頃は、この言葉が縁起が良かったんだろう。
いわゆる佳名というもの。

今の時代だったら、違う名前になるはず。
平仮名とかカタカナとかだけの町名になったのだろう。

090511esashikoji.jpg

きょうは仕事に行く頃から雨が降り出して、やっぱりね・・と思いながらペダルを踏む。
昼もずっと雨。久しぶりにまじめなご飯を食べて、からだを清める。
岩手公園は静かだった。隙間から見える旧県立図書館は入口部分の屋根が撤去されて別な印象に。
杜陵小学校の皆さんは早めのお帰りの様子。

雨は夕方にはあがっていた。
写真を撮ると、どこかぼんやりとしている。雨上がり効果か。
心地良い空気だったが、伝えられないのは僕の腕の未熟。

【不定期連載】橋のプレート その139 好摩跨線橋
090429koma-kosenkyo.jpg

県道好摩停車場線は大きな「こうまこせんきょう」で好摩駅へ。
そこから見える駅の構内は結構広くて、分岐駅として栄えたことをしのばせます。
岩手山も姫神山もしっかりと見える、風光明媚な跨線橋です。
昭和52年7月竣功。プレートの文字は細めで独特な文字。

○肴町のミッシェルは改装中。5月27日朝8時にリニューアルオープン
○9日は岩谷稲荷の例大祭。子供みこしは7基
○春の高校野球盛岡地区の代表 盛岡中央、盛岡北、盛岡四、盛岡大附、盛岡一、江南義塾
→北高は11年ぶりの県大会
○北東北大学野球 岩大は八戸大学に連敗で勝ち点をとれず(10日)
○天皇杯県予選1回戦 アンソメット岩手八幡平はPK戦で盛岡中央に破れる(10日)
○飯岡、羽場、永井の共有学校林が羽場小の西約3キロにあるそうだ
○もりおかの人口 297,592人(4月1日現在 対前月比 908人減)

もりおかのバス停 その15

もりおかのバス停 その15 天満宮前


カセドラルレジデンス紅梅の前にあるバス停。
以前はお店が数軒入居していたと思うが、シャッターが並ぶ。
ここは「前」というよりは「入口」と言ったほうがいいような天満宮との位置関係。
ただ周辺のランドマークから選ぶとすれば、やはり天満宮だったのだろう。

よく見ると、小さなブロック。
僕らがすごいと思っていることは、気がつかないところで支えられている。
そんなことを考えてみる。なかなか思索させる光景だ。

盛岡天満宮は言うまでもなく、受験のときは欠かせない場所。
そうでなくても、階段からの眺望、不滅のキャラ・狛犬さん。
散歩好きにとっても欠かせない場所だ。

そしてマルタカも忘れちゃいけない。
懐かしい文房具店の雰囲気が味わえるところ。

■新庄線 405(つつじが丘団地)
■浅岸線 314(水道橋)
■岩山定期観光線 406(新庄墓園)
■青山天神線 214(附属中学校)

090510 東北農業研究センター

5月10日(日)くもり


存在は「それぞれ」に過ぎないかもしれない。
ただ「それぞれ」があって、世の中は成り立っている。

数年ぶりに訪ねた東北農業研究センターの「菜の花公開」。
きのうは絶好のコンディションだったと思うが、きょうはあいにくの曇り空。
岩手山も薄く見える程度。

数年前の記憶と違うのは駐車場所が松並木のほうになっていたこと。
パンフレットによると研究所内には約605アール作付け。
うち公開されているのは約420アール。品種は「キラリボシ」。

090510city-aoyama.jpg

それからシティ青山。
スロープを登ったところで、3階のたまやさんの貼紙を見つけた。
-----------
3Fファンションショップたまやシティ青山店は閉店する予定はございません。
お客様のご指示がある限りどのような状況下でも営業を継続いたします。
どうぞ、ご安心ください。
-----------
それからフードコートで一休み。
マクドナルドとえびすが奮闘している状態は変わらない。

【不定期連載】橋のプレート その138 鶴飼橋、鶴飼歩道橋
090429turukaibashi.jpg
090429turukaihodokyo.jpg
090429turugaibashi2.jpg

玉山総合支所から下ったところで北上川を渡るのが「つるかいばし」。昭和45年9月竣功。
その隣にある歩道専用の橋は「つるがいほどうきょう」。平成2年3月竣功。
渋民運動公園と渋民公園を結ぶのは「つるがいばし」。昭和60年3月完成。
どうやら2対1で読みは「つるがい」になるのかな。
どのプレートもそれぞれに個性がある文字。

いずれ吊橋が原点。明治30年に下田の竹田竹松氏が架設に奔走した橋。
この先の下田踏切近くに彼の偉業が書いてある碑がある。

○シティ青山の筑紫野はまだ営業をしていた
○ヤマダ電機テックランドNew盛岡本店は5月22日オープンとのチラシ
○旧姫神小学校で映画「しあわせカモン」の撮影が行われる(9日)
○県内の献血者数 55,178人(08年度)
○大西民子の歌碑の除幕式。上の橋緑地に設置(9日)
→素材は群馬県鬼石町産の三波石

もりおかのバス停 その14

もりおかのバス停 その14 加賀野児童公園前


加賀野児童公園は盛岡バイパスの岩山入口交叉点に近い小さな公園。
ここにあるキリンが好きで、近くに来ると立ち寄ってしまう。
足が長く、凛とした風情がいいのだ。

周辺も古い家が残っていて、道路向いには小さな農地もあって、
昔は周辺もこんな風情だったのかなあ・・なんて。

バス停は公園の前にあって、青山天神線のバスがやってくる。
その気になれば、直通で滝沢村に行ける。
その気になればだが。

■青山天神線 214(滝沢村役場)

090509 浅岸三丁目

5月9日(土)晴れのちくもり


いつもの土曜日の課題をこなして、さてどうしようか。
空はまたまたまた青い。ペダルを踏みこんで地図の上のほうを目指した。
盛岡バイパスを越えて、浅岸エリアにいた。

三丁目(柿木平)の奥まで来れば、まだ広々とした場所が残っている。
ただし、かなり家は増えたなという印象。新しい家たちはまぶしいくらいだ。
原っぱごしの岩手山が拝めるのも、そんなに長い期間ではないんだろう。

090509takamatuike.jpg

ひといきついてから高松の池。
まずはぐるりと池を一周。途中で看板があることに気づく。

「傷ついた白鳥がいます、ボートはこれより先へ入らないでください。」

ゆえに
池の奥は進入禁止になっていた。
だいたい看板をむすぶラインあたりに2羽の白鳥がいた。
両方とも怪我しているのかどうかはわからない。

帰ることができない理由は様々。
金銭的なものだったり、気持ちの問題だったり、健康の問題だったり。
大なり小なり、その場所への思いはココロのどこかではうずいているものだ。

白鳥さんも無事に帰れるといいのだが・・。

それから公園外を歩いた。
ガーデンヒルズ高松公園も「済」マークが増えている。
駐車場におりながら、階段が幾つかあることに気づく。公園になるエリアはこのへんか。
走路部分も少なくなり、かなり競馬場風情はなくなってきた。

(きょうのネコ)
090509asagishi-neko.jpg

浅岸にて。近づいても堂々とその場にいてくれた。
どうやら他のものに関心があったためらしいが・・。

【不定期連載】橋のプレート その137 川崎橋
090429kawasakibashi.jpg

合併により松川も盛岡市内を流れることになった。そして渋民の北で北上川に合流する。
そのあたり架かる橋が「かわさきばし」。
IGR沿いにあって、ちょうど好摩と渋民の中間あたり。
歩道がないので、古さは否めないものの、貴重な橋になるはず。
昭和46年12月完成。プレートの文字は縦書き。

○岩山の「石割桜」を見る。今度は満開のときに・・。下の広い駐車場あたりにあります
○啄木茶屋は再開してましたね
○アンソメット岩手八幡平は21人の選手(うちブラジル人4人)
○八幡はしご酒祭りが年2回に。今年は6月3日と11月中旬開催
○達増知事と谷藤市長が12日にJT本社を訪問。盛岡工場閉鎖の撤回を要請へ
○なまえ 友香、里桜、爽汰、一華、琉希亜、香弥、くらら、花音、櫂誠、翔耶、華蓮、舞衣、達力、花菜、優誠、葵

もりおかのバス停 その13

もりおかのバス停 その13 上田二丁目北


上田通りは長い。
あと少しで盛岡バイパスというところにバス停がある。
これといったランドマークもなかったのか「上田二丁目北」という名前だ。

「上田二丁目」が別にちゃんとあるせいもあるのだろう。
最後に「北」と、付け加えたような名前にどこか惹かれてしまう。
素っ気なさ過ぎる名前も、かえって別の魅力をかもしだしたりするわけで・・。

生垣に食い込みそうなポール。
缶の吸い殻入れ。
たたずまいもなかなか。

■上田線、巣子箱清水線 229・301・305(盛岡バスセンター)
■上田・都南BT線 318(都南バスターミナル)
■松園羽場線 319(盛岡工業高校)
■滝沢箱清水線 228(盛岡駅)
■駅桜台団地線、駅上田線 307・311(盛岡駅)
(県北バス)
■盛岡バスセンター行き
■イオン盛岡南SC行き(一本のみ 盛岡駅西口・アイーナ行き)

090508 中央通一丁目

5月8日(金)晴れ、暑い


またもやいい天気。自分の中のもやもやの一部は晴れた。
外へ出てみると暑いことに気づく。昼時点で夏日。
最終的には28.1℃まで行って、とりあえず今年最高を記録した模様。

日影門の入口にさしかかると、ライト写真館に足場が組まれているのが見えてきた。
近づいてみるが、特に貼紙などはない。
気になるところだが、補修でもするのかなと推測。

(きょうのピカデリー)
090508pikaderi.jpg

ピカデリーの営業は続いている。
「劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦」というらしい。

【不定期連載】橋のプレート その136 下田橋
090429shimodabashi.jpg

渋民駅の北にある小さな団地を抜けて線路沿いへ。
緩やかな坂道を下って行くと、「しもだばし」という橋があった。
半分ガードレールで半分きちんとした欄干。歩道が増設された関係だと思われる。
川の名前は欄干にはなかったが、おそらく生出川。
平成3年3月竣功。

○県内で大量雇用変動届が提出された事業所は12月~3月で54事業所、離職者2,643人
→1事業所で1ヶ月に30人以上の離職者が発生する場合に職安に届け出
○地デジ受信機の世帯普及率(3月調査)岩手県は47.4%(全国は60.7%)
○三ツ割の「ちいさな野菜畑」がリニューアルしたそうだ
○菜園皮膚科クリニック 5月8日開院(菜園センタービル1階)
○連休中(4月25日~5月6日)の県内の高速道路料金所から降りた車 約56万台
→1日平均47,070台(前年比5.6%増)
→1日平均 盛岡インター8,386台、盛岡南インター6,002台 
○なまえ 凛、俊栄、春翔、碧、彩現、悠

090507 大沢川原一丁目

5月7日(木)晴れ


またどうしたことかいい天気である。
内丸のトチノキさんたちの新たな緑がまぶしい。
ずっとこの季節だったらいいのにとは思うが、このままだったらたぶん飽きてしまう。
束の間だから幸せに感じることもある。

賢治清水を岩手女子高校方面へ曲がったあたり。
かつての「プラム」跡にできたのが「パン工房 穀」。

シンプルな店内。
パンが並ぶ部分は狭くて、それがまたよし。おいしくいただいた。
昨年の12月にオープンしたらしいが、ちっとも気がつかなかった。

090507odori-iriguchi.jpg

あらためて大通入口に立つ。
破産手続き行うことになった盛岡レンズセンター。
4月26日付けの貼紙があって、
「本来なればお客様お一人様ごとに感謝とお詫びを・・」と書いてあった。

レンズセンターから東北銀行にかけてのエリアは路面店の空店舗が目立つ。
続いているのがそんな印象を持たせるのではと推測。

(プチ定点観測 クロステラス盛岡)
090507kurosuterasu.jpg

しばらく来ないうちに鉄骨部分が大きくなっていたよ。

【不定期連載】橋のプレート その135 船田橋
090429funadahashi.jpg

県道渋民川又線で国道4号に出ると渋民に来たなという感はあり。
まっすぐが渋民の中心部、右は渋民バイパス。左を選べば渋民駅方面。
すぐに北上川を渡る橋があるわけで、それが「ふなだはし」。
岩手山も姫神山も良好に見えるなかなかの風景を擁する。
竣功は昭和58年12月。

○開運橋通にSONGKRANGが4月22日オープン
○南大通一丁目の居酒屋竹の子が4月28日で閉店
○映画館通り・ヒグチビル1階にtime flowができていた(昔の藤崎跡)
○県立美術館に舟越保武の「魚シリーズ」の5点のうち3点が集まった

もりおかのバス停 その12

もりおかのバス停 その12 一高前


盛岡第一高校の最寄りのバス停。
正門はこの道路に面していないので、どちらかというと「一高脇」という位置関係にある。

岩大側にあるバス停には頻繁にバスがやってくる。
しかし、こちらの明月館側はひっそり気味。

090404ichokomae2.jpg

はじめて岩大あたりに来て、帰りのバスが少なくて戸惑う人が年に何人かはいるはずだ。
そういうことも想定しているようで、案内図があった。
盛岡に長いこと住んでいるが、ここから「盛岡駅」に行けないことを知った。

ここには附属中学校行きが昼間はほぼ1時間に1本のペースでやってくる。
存在意義はそれなりにあるというところか。

■上田線 306(盛岡バスセンター)
■青山天神線 214(附属中学校)
■滝沢・病院線 217(盛岡友愛病院)

090506 運動公園

5月6日(水)はれのちくもり


運動公園を歩くことになる。
とうとう黄色の線を全部たどった。2キロだという。
まずは陸上競技場のまわりをぐるり。
古さと狭さを感じながら。

再びメインストリートに出てから、サッカー場のところで曲がる。
きょうは岩手県女子サッカーリーグというのが行われているとのこと。
個人的にも少し懐かしい風景。
やがて変わるかもしれない空を覚えておく。

サッカー場からテニスコートを経由して、再びメインストリート。
2キロコースのゴールは気がつかないまま過ぎてしまった。

(ちゃんと「ヘルスコース」という名前がついている)

090506nihon-tabako.jpg

それから運動公園外を歩いた。
閉鎖が決まった日本たばこ盛岡工場のまわりをぐるり。
運動公園と工場の間には住宅たちを抜けて、敷地沿いに。
それからグラウンド、南通用門を過ぎて、新幹線と並行する道へ出る。
施設は高い場所にあって見上げる形になる。

交叉点があって、今は八重桜が満開の坂道をくだる。
ジョイフルタウンみたけが現れる。グランドオープン後、初見参。
アスティもたしかにあった。ダルマもあった。

工場の正門に立つ。
祝日のせいもあるのだろうか人影はなく静か。
本当になくなってしまうのだろうかという感じだ。

(厨川駅地下自由通路新設工事)
090506kuriyagawa-nishiguchi.jpg

厨川駅の西側。いわて福音教会の前あたりで工事が始まっている。
工期は平成23年7月29日まで。まだまだ先の話かな。
完成予想図があった。それがプリティだった。
自転車置場が整備されるみたい。

【不定期連載】橋のプレート その134 門前寺橋
090429monzenjibashi.jpg

県道渋民川又線にある橋。門前寺地区と盛岡工業団地の谷間にみたいなところにある。
ここから見る岩手山はシンプルながら絶景だと思う。
読みは「もんぜんじばし」。残念ながら漢字のプレートはどこかへ行ってしまったようだ。
昭和49年9月24日竣功。ここも日にちまで載っていた。濁川の橋の謎。

○シティ青山にある筑紫野は運動公園前(みたけ3丁目)に移転。5月22日オープン
○盛岡市長は歴代で19代、16人

もりおかのバス停 その11

もりおかのバス停 その11 盲学校前


09年4月から「盛岡視覚支援学校」に校名を変更した県立盲学校。
このバス停名もいずれ変更になると思われる。
反対方向のバス停は学校にかなり近い場所にあるので、名実ともに「前」と言えるだろう。

時刻表はシンプル。
県立中央病院循環線が1日7本。
滝沢・病院線が1日3本。
(いずれも平日)

■県立中央病院循環線 右廻り(盛岡駅)
■滝沢・病院線 217(滝沢村役場)

090505 東山一丁目

5月5日(火)晴れ


じんわりと晴れていて、気温は上昇。
午後3時頃には26.7℃まであがって、夏日を記録。
暦どおり、夏が立った。

遠くへでかけるわけにもいかず、市内をふらり。東山あたり。
ユニバース中野店は盛況で、そこから名もなき道を進む。
小山観音のしだれ桜とかを見学。

それからは坂道を避けて山裾を進んだ。
このあたりでも少なくなった広々した土地に出る。
真ん中に小屋がぽつり。

090505higashiyama2.jpg

大きな発見はないけど、小さな発見はある。
歩いているとそれが見えてくるのは理由があるような気がする。

三段に並ぶ集積所に惹かれて登った坂の先にあった小屋。
積み重ねと傾きの美。周辺はじんわりと緑。
ココロにしみいるものを手に入れるには、多少の苦労は必要なようだ。
ふう。

【不定期連載】橋のプレート その133 旗井沢橋
090429hataizawabashi.jpg

しばらく玉山区の橋たちを。
県道渋民川又線は玉山支所前食堂などを擁する裏道的な県道。
風景が開けて、新幹線と岩手山が手に入れられるのが畑井沢あたり。

ふと通り過ぎたガードレール橋にプレートがあることを発見。
太めのしっかりとした文字。それが「はたいざわばし」だった。
漢字の表記は「旗井沢橋」。架かる川は濁川というらしい。
昭和49年3月25日完成。

しかし、畑と旗。どちらが正しい表記なのかしらん。

○岩手県の15歳未満の子どもの数 174,000人(08年10月1日現在)
→この5年で約25,000人減。県人口に対する割合12.9%
○旧サティの解体工事 9月頃には更地になるらしい。不動産はみずほ信託銀行が所有
○岩山にもウコンザクラがあるんだ
○北東北大学野球春季リーグ1部 岩手大学は開幕から4連勝中
○盛岡農業高校は今年度が創立130周年
○いわて花巻空港(08年度利用者)
・年間利用者 361,175人(前年度比 89.9%)
→定期便348,674人(うち大阪線150,964、札幌線103,359、名古屋線94,351)
→チャーター便12,501人(94便、うち国際便80便)

もりおかのバス停 その10

もりおかのバス停 その10 総合福祉センター入口


紺屋町番屋を背景にして、黙々と立っている感があるバス停。
松園方面とみたけ方面からのバスセンター行きは、市役所前で県民会館方面は曲がって行く。
そしてこのバス停を経由し、飛島さんきょうプラザ前にある盛岡バスセンターで降りることになる。
時々このまま中三前まで乗ってだめなんだろうかと思いつつ、言い出せないまま十年余が過ぎた。

090403sogofukushi-jikoku.jpg

時刻表は、松園方面やみたけ方面からのバスが通るので本数だけはすごい。
県交通でも屈指。でもバスセンターまでしか行けないところが特色といえば特色。

名前になっている総合福祉センターは若園町にあって、ちょっと歩くことなる。
「入口」と名乗るのは妥当なところ。

■北山経由東緑が丘線、上田線、青山町線、南青山町線、みたけ中央線、みたけ東線、みたけ西線、盛岡北高線、滝沢長橋台団地線、滝沢ゆとりが丘団地線、滝沢かつらぎ団地線(201・203・204・209・212・213・222・223・227・255・260・301・305・306・312・332)(盛岡バスセンター)

090504 向中野

5月4日(月)くもりから回復へ


スコーレ高校から諏訪神社の裏手を通って行くと、周辺とは明らかに違う風景が残っている。
諸事情があるかとは推測されるが、大きな木が2本。そして古い建物2棟。

敷地の緑色も濃い。だからだろうか、なおさら変わった風景に感じる。
これらの建物がありふれていた頃はもう記憶の彼方。
この目で見たはずなのに言葉が出てこない。

090504saikawa.jpg

向中野から飯岡新田を中心に変わりゆく風景を写真におさめた。
例のエゾエノキの関係もいろいろご苦労があることを知る。
いまのところの西バイパスの終点から横に広がる道は高橋整自工で途切れているわけだが、
つながれば、一気に喜盛の湯へも通じる立体交差へも行くことができる。
盛岡動物霊園も線路に近いところに移転していること知る。

才川商店あたり。道路の反対側の建物類は姿を消した。
なぜかこちら側だけそのまま。

090504iioka-shinden.jpg

飯岡新田の「ヤナギ・サクラ」も桜の季節は過ぎた。
そして最後の緑。西側からの姿。

夜は思っていたことの実践をしてみる。
小さな一歩ではあるけれど。

(今月の大慈寺児童センター)
090504daijiji-jido.jpg

鯉のぼりではあります。

○ジョイフルタウンみたけ店が2日グランドオープン
→結局、16店のテナントが入居。ダルマ、アスティ、一誠堂、鈴徳などなど
○東北社会人サッカーリーグ1部 グルージャ盛岡4-3盛岡ゼブラ(3日)
→2季ぶりの「盛岡ダービー」。グルージャは開幕から4連勝、ゼブラは3敗1分け
○第46回JABA県知事旗争奪春季大会決勝 JR盛岡6×-5水沢駒形倶楽部(延長10回)(3日)
→JR盛岡は初優勝
○東中野町のアパートで火事。1人死亡(3日)

090503 手代森

5月3日(日)くもり


法領神社にある市指定天然記念物は「法領神社のハルニレ」という。
自分の記憶では「法領のタモ」という名前だったはずだが、変わったのだろうか。
まあ、それはいい。

その他にもメタセコイヤ、シンジュと木に関する看板が多い境内。
すごさとかはわからない。それらについて何も知らないからだ。

通行禁止の道があった。
横顔だけ見せるステキそうな小屋があった。
もしかして真正面から見るとたいしたことがないのかもしれない。

わからないからドキドキする期間はあってもいい。
でもいつかは正面と向き合うべきときはやってくるのだ。

090503kurokawa.jpg

手代森も国道をはずれれば、農村地帯。
山沿いは坂もあったりなんかして苦労もする。
いつのまにやら林檎の花の季節。
あまり語られることがないが、林檎の花見は盛岡の東に住んでいる楽しみのひとつ。

昨日の個展に影響されたみたいで、何気ない建物を探してしまう。
これは大沢川あたりにあった建物。

魅力はつぎはぎとういうか、積み重ねの部分の美しさ。
小屋系はこれがわかると、たまらなく愛おしくなってくる。

090503sakai-jichi.jpg

盛岡聴覚支援学校と名前を変えた学校あたりからは乙部になる。
なるべく外れた道を選んでいると、境自治公民館に出会った。

今度は特徴があるわけでもない。つぎはぎというわけでもない。
でも味わいがあるのは立地なのか、何なのか。たたずまい勝ちというのもあるのかも。
建物の魅力も一言ではなかなか言い表すことができない。

その先にある市営境住宅も健在だった。
今のうちにみておくべき、公共住宅のひとつ。

国道に押し出されると、乙部バイパスの入口あたり。
まだ盛岡市だが、川向こうの4号で照らし合わせるともう矢巾町。
けっこう遠くまで来ているのだ。
自転車だし、帰ることにする。

【不定期連載】橋のプレート その132 太田橋
090329otahashi.jpg

「おおたはし」は城西町と太田地区を結ぶ橋。
県道盛岡環状線の橋だから交通量は多い。今の橋は昭和61年9月の完成。
盛岡八景を取り入れたデザインがほどこされていて、
親柱は「沢田の夕照」と渡し船。立見台高欄は「太田の落雁」が表現されている。


○県民意識調査速報 「あなたは、今の生活全般についてどのように感じていますか」
・「不満」「やや不満」49.5%
・「満足」「やや満足」24.7%

090502 田中

5月2日(土)晴れ


先月末でさよならだった田中。
貼紙もなく、静かな時間が周辺に流れる。
盛りを過ぎた花の跡も終わってしまったことをほんのりと伝える。

近くでは大きなマンションが着実に背を伸ばしている。
こちら側は裏手にあたるようで、建物は迫ってはこないようだが、志家の空も少し狭くなるのだろう。

090502konyacho.jpg

お昼前、妻とでかける。
早足の彼女に、大股で対抗するがついていけず。
そのうち暑いくらいになって、薄手のコートすら脱いだ。

目的地の一つは藤原養蜂場が経営する「はちみつ村」。
特製ひっつみ定食(550円)にありつく。味はカレー味をセレクト。
ひっつみにも入っているという蜂蜜はわからなかった。
さらさらしたスープのカレー味は食べやすく工夫されているなという所感。

その他、期間限定でイタリアンひっつみ、ひっつみ冷麺などがあった。
強烈に惹かれるが、今回は我慢。

腹ごなしに紺屋町かいわいを一周。
忘れな草のプランターがあることを知る。

090502purin.jpg

そしてクラムボン。
もう一つの目的、飯坂真紀絵画展「町まちな家々」を見る。
プリンセット(600円)を注文。妻は変わりプリン、紅茶味だった。

やはり建物の絵が面白い。
真正面というのは写真の世界ではほめられないようだけど、
対象に正面で向き合うのは必要なんだと思うこの頃。
「中津川べり」でそれはありなんだと教えてくれたような気がした。

「上田堤の納屋」という作品もあって、ついついどこだと記憶をめぐらしてしまう。
まだまだ知らない場所がある。それがまだあるのが嬉しい。

【不定期連載】橋のプレート その131 杜の大橋
090329morinoohashi.jpg

盛南地区と中心部をつなぐ橋としてもう一本架けられたのが「杜の大橋」。
残念ながら読みのプレートはなかった。暫定開通で親柱が片側にしかないからだろうか。
ただプレートの輝きはこの橋がまだ新しい部類に入ることを教えてくれる。
平成18年11月の開通。

○中ノ橋通二丁目のロマナ美容室が新築、ブライダルスタジオは改装
○盛岡農業の寮も「自彊寮」というそうだ
○緑が丘二丁目の葉たばこ技術センター跡地は256区画の宅地開発へ。2011年度完成予定
○岩手競馬 開幕から4月29日までの発売額 19億7200万円(計画比は2.1%増、前年比は2.3%減)
○リンク栃木の川村選手(盛岡南高出身)がNBAを目指して渡米を表明(1日)
○盛岡市保健所の発熱相談センターの相談件数 24件(1日午後4時現在)
○なまえ 健真、優哉、充希、茜音、颯良、葵、智輝、ひなた、春奈、隼斗、桜和、悠斗、絢寧、さくら

090501 葺手町

5月1日(金)晴れ


5月になった。この町では過ごしやすい季節のひとつ。
石割桜も緑。違う季節へ軸足はうつっていく。

長福院の門の横は、東家の従業員さんの駐輪場。
わずかばかりのお賽銭でお願いをひとつ。すみません。

090501nakanohashidori.jpg

岩手銀行中ノ橋支店の交叉点。何かが変わった。気づきますか。

松栄ビルの電光掲示板は撤去だった。
日報のニュースなどが流れていたが、ひっそりと消えた。
理由は知る由もないが、この場所の存在感の変化もあるのかもしれない。

090501saty.jpg

どうしたことか体は都南を向いており、ひたすらペダルを踏んだ。
三本柳のサティ跡はやはり解体のようだ。
敷地はフェンスで囲まれた。そして建物に足場が組まれている状態。
そのうちシートに覆われて、その中で消えて行くはず。

遠目から見ると巨大な船。
一世風靡はしたのだろう。ある時代には大きな役割を果たしたのだろう。
それでも終わりはあったのだ。

これからも僕らは同じようなことを繰り返して、船の終わりを目の当たりにするのだろう。

風も必要。地も必要。
だとしたら、解く問題はそんなに難しいものではないと思う。

○仙北町交番の小便小僧が・・
090501senboku-koban.jpg

このあたりにお住まいの方はご存知だと思いますが、仙北町交番の小便小僧がいないのです。
かれこれ1ヶ月は経っているようです。
台座の様子を見ると、あまり良い知らせは聞けそうもない感じです。

○ヤマダ電機 テックランド盛岡店は5月10日で閉店。きょうから閉店セール
→チラシには店舗移転の旨が記載
○JT盛岡工場 正社員は122人(うち県内出身者97人)
→1905年盛岡煙草製造所が前身。1926年上田に移転、1972年みたけに移転
→ピーク時(04年度)は131億本製造。08年度は約66億本
→1972年には約600人の従業員がいたという
→葉たばこを購入する東北原料本部は継続
○県内の今春卒高校生・大学生の内定取り消しは8人(労働局調べ)
○県内の非正規労働者の雇い止め状況(昨年10月~今年6月)111事業所、4,331人(労働局調べ)
○3月の有効求人倍率 0.38倍(北上が過去最低の0.2倍)
○白堊団パレートは12日。運動会は129回目とのこと
○認知症疾患医療センターが医大附属病院に4月30日開設
○なまえ 葉菜乃、稜大、あかり、慧大、翼、一花、茉桜、萌、隼太、美尋

もりおかのバス停 その9

もりおかのバス停 その9 榊


後ろにみえるのは岩手山と孝仁病院。そして田んぼ。
斜めに傾いているポールが更に良し。
盛岡でも指折りの美しいバス停風景だ。

読みは「さかき」。
路線図的には分岐点であり、岩手缶詰盛岡工場の交叉点で分かれて行く。
こちらは東へ向う路線を受け持っているバス停。

■太田線・太田本宮線・太田経由繋線 106・409・411(盛岡バスセンター)
■太田線 409(盛岡市立高校)、615(先人記念館)
■太田本宮線 411(盛岡バスセンター)
■太田経由繋線 106(繋温泉)
■仙北町駅西口イオン線 520(イオンモール盛岡、仙北町駅西口)

Template Designed by DW99