FC2ブログ

090626 中央通一丁目

6月26日(金)真夏日


(仮称)岩手医科大学放射線治療施設がつくられる場所は、
もともと駐車場だったが、アスファルト類が剥がされて、ほんとの更地風情になった。

敷地に隣接したところに少し崩れ気味の背中をした建物を見つける。
前から見えていたはずなのに気がつかなかっただけ。
よくよく考えてみると、盛岡散歩好き必修コースの八日町の細道の長屋だった。

歳月さえ経れば、なんとかなるというものでもない。
風雪にさらされてこそという側面がある。

ホンモノを永遠に見られないもののひとつして、自分の背中がある。
それなりの味わいが出ていればいいのだが、いまのところほめられたことはない。

長屋の向こうにそびえるのは、トーカンマンション。
そして背中がのっぺりしているのは浅沼ビルと浅沼立体駐車場のはず。
どちらがどちらかわからない。

背中ってやっぱりちゃんと見ていない。だから心配しなくてもいいのか?

090626tokugenji.jpg

7月から「盛岡視覚支援学校前」に変わる「盲学校前」のバス停にお別れに行く。
現地にはそんな貼紙はなかった。普通に当たり前に変わるということなんだろうか。

その途中で徳玄寺というお寺に寄る。
「銭掛松乃旧跡」という石柱を見つけたからだ。
境内にはもっと立派な「錢掛松舊蹟」という石柱。
そんなすごいものなのかと見渡してみるが、そのような松は見つけられず。

家に帰ってから「いわてのお寺さん」で調べてみると、
銭掛の松にかかわる伝説があること。松そのものはなくなっていること。
二代目は境内にあるらしいこと。そんなことを知る。

あと、今シーズン初の真夏日。

■もりおかの集積所(第四部)■ その176 山岸・黄色網の小屋タイプ
090308yanagishisho-ura.jpg

山岸小学校の別口みたいなところがあることを知る。
木造校舎時代は合理性があった位置だったのかもしれないが、変な感じ。
そんな入口に木造の集積所があった。近年勢力を増している黄色網を使った小屋タイプ。
竹箒がひそかにすてきな飾りになっている。

○岩手競馬第1期発売額(4月4日~6月8日)48億8200万円
→当初計画を2.3%下回る。前年比は0.6%減。収支は2800万円の不足
→総入場者数は402,841人
○県交通 県立中央病院循環線は7月から右廻り線の運行経路に統一
○十三日町 リマンドだった建物がシートに覆われていた
○ユートランド姫神の08年度利用者数 10万人減の24万3千人
○25日 宮古市と川井村が県に廃置分合を申請
○盛岡市営住宅などの滞納家賃総額 08年度分2億5千万円(5月末時点)
○ホテル紫苑に「南部曲り家の湯」6月29日オープン
○都南川目道路は東北地方整備局事業評価監視委員会で継続審議に(25日)
○なまえ 佳永、綾乃、優那、雄真

もりおかのバス停 その33

もりおかのバス停 その33 月が丘児童公園前


6月下旬に閉鎖されたシティ青山近くにあるのが月が丘児童公園。
テトラポットを転用した遊具などが印象的なところ。みたけ台団地の碑もある。
バス停は公園沿いの緑にまぎれながら存在していた。

■滝沢かつらぎ団地線 227(滝沢営業所)

Template Designed by DW99