FC2ブログ

120119 教育の像

2012年1月19日(木)快晴


やけに青いそらだ。
二年前もこうだったっけ。

もりおか歴史文化館のとなりあたりに「教育の像」。
背中から眺めてみる。
肩に手をかけていたんだ。

台座にはこんな碑文。
----------------
家に不学の人なきを期して 教育の大炬火を
星雲に燃やしてより ここに百星霜
思えば岩手の教育は陽炎に蝶の舞う日も
氷雪空を鎖す日にも つねに「愛と創造」の交響楽を
北方の風土に力強く繰りひろげてきた
そのこだまの天の祥青にいよいよ高鳴ることをねがい
学制発布百年をトして この像を建てる
------------------

この像は、1974年建てられた。
-------------------
建 立 岩手県小学校長会、岩手県中学校長会
記念像 小野寺玉峰氏作
題 字 岩手県知事 千田正氏 揮毫
碑 文 吉丸竹軒氏 揮毫
-------------------

僕とさほど変わらぬ年数を春も夏も秋も冬も過ごして来たわけだ。
それだけで親近感がわいてくる。

120119iwatekoen.jpg

岩手公園の奥深くへ入っていく。
人の姿は少ない。
あらゆる音を吸い込んでしまったみたいに静か。
ココロを乱すものは無い。
冬の公園の良さでもある。

そのときの思いは思い出して言葉や気持ちでつないでいく。
それしかできないんだよなあ。

【もりおかのデザイン その3】
120119yukiakari-sakurayama.jpg

雪あかりの頃、桜山では「桜山雪見カフェ&雪あかり」。
ことしはやっぱり盛りだくさんだ。
目は輝いてなくちゃだね。

○岩手ビッグブルズ ブラシオスヘッドコーチが退任へ
○みかわや 4月から2トン車による移動店舗を展開
○盛岡市老人クラブ連合会の創立50周年式典(18日)
→現在255クラブ、会員1万5200人。1962年1月発足、当初は21クラブ
○菊竹清訓の作品 岩手教育会館(1965)、盛岡グランドホテル(1966)、県立図書館(1967)
○県内の辰年生まれの法人は913社(東京商工リサーチ盛岡支店しらべ)
→最古は杜陵信用組合(1916年)、次いで岩手医科大学、岩手自動車販売(いずれも1928)
○盛岡駅前商店街振興組合 1月20日から3月30日まで毎週金曜日「民謡ふれあい屋台村」を開催
→市内と滝沢村の3業者が出店

Template Designed by DW99