FC2ブログ

120129 盛岡市斎場やすらぎの丘

2012年1月29日(日)晴れ

今更ながらインフルエンザの予防接種など。
それから、津志田のマクドナルド。ドライブスルー渋滞なるものを知る。
手元にあったハンバーガー無料券などを使って店舗内で昼食を調達。
引きが弱い俺、ハッピーセットのおまけはまた同じものだった。
16種類もあるというのに・・。

(やすらぎの丘見学会)
120129saijyo.jpg

きょうは盛岡市斎場やすらぎの丘の火入れ式。
そのあと、午後2時30分から見学会があるというので行ってみた。
おそらくこのまま生きていれば、ここで自分も灰になるだろうから見ておきたかった。

愛宕町の駐車場からマイクロバスで移動してみる。
下小路中の脇に出て、あとは想定されるルートで進んだ。

120129saijyo2.jpg

入口で一枚の紙を渡される。案内図と施設概要が書かれたものだった。
それによると・・

【施設概要】
・名称 盛岡市斎場やすらぎの丘
・所在地 盛岡市三ツ割字寺山46番地4
・敷地面積 7700.44平米
・建設費 2,509,080千円(設計監理費含む)
・運営維持管理費 3,786,762千円(約20年間)
・運営維持管理者 株式会社不来方やすらぎの丘
・供用開始日 火葬棟 平成24年2月1日 駐車場 平成24年10月(予定)

そのほかには、
・火葬炉は9基、胞衣炉が1基
・ほかに告別室2室、集骨室3室、待合室8室(洋室6、和室2)、授乳室1室、幼児コーナー1室
・整備はDBO方式を採用し、指定管理者制度も導入。5億5500万円の削減効果
・平成22年度時点での建設事業費は3,203百万円
・財源は地方債(合併特例債)2,916百万円、補助金等39百万円、一般財源248百万円
そんなことがわかる紙だった。

炉室の前に立つ。ずらりと並ぶ。
これからの時代を思う。お別れがこんなに多いのか。
火葬場整備基本構想によれば、平成17年の火葬実績は2,283件。
たぶん僕がこの世とサヨナラするころの平成52年がピークで約4,200件という。
所要時間を聞いてみた。それは今までとさほど変わらないという。

2階には待合室。
洋室が多数派だったのが印象的だった。
ラウンジには岩山からの岩手山の写真。これは吉田修次さんの作品らしい。
そこに南部古代型染めの正方形の木型がぱらぱらと。



帰りは歩いて帰ってみた。
坂道を下って、報恩寺の入口。
看板もいつのまにやら「やすらぎの丘」に。
いずれ、2月1日から使用開始。

(あれから 山賀橋)
120129yamagabashi.jpg

山岸側からの眺め。
でかい重機がそびえ立っていた。

(それいけ!アンパンマン)
土曜日だっただろうか、テレビの番組表を「アンパンマン」で検索したらヒット。
テレビ岩手では去年の10月から放送が再開されていたという。
今は日曜日の朝6時15分から。岩手での放送は1999年3月以来。
ツレが大好きなのでよかった。

○県が募集した任期付職員の採用試験が行われる
○ジョイス月が丘店が26日リニューアルオープン
→緑が丘店のような食の提案型に切り替え
○盛岡地方気象台があるあたりは「藤ヶ森」と呼ばれていたそうな
○東北観光博の主要観光地 岩手は「盛岡・雫石」など6カ所
○この1年で風邪を引いた回数 岩手県は2.18回(ウェザーニュース社調べ)
→風邪が完治するまでの平均日数 岩手県は4.78日

Template Designed by DW99