FC2ブログ

130309 川目

2013年3月9日(土)くもり


明日、簗川道路が開通するというので、旧道となる区間を訪ねる。
戸仲のバス停付近が分岐点。きょうは片側交互通行で最後の詰めが行われていた。
立派な道路は高度をあげて簗川方面へ続いている。

山深くなって来たあたりで落合。
簗川と根田茂川が合流するところ。
ここから県道盛岡大迫東和線が分岐している。

盛岡市によると県道の付替道路簗川工区部分は3月10日(日曜日)15時から通行止めになるという。
そういうふうには書いてなかったが、看板は「切り替わり」ますとは書いてあった。

130309katakai.jpg

渓流沿いに道が続く。
ここが湖の底に沈むとはすぐには信じられない。
県道に夢中だった頃を思い出しながら、しみじみした気持ちで走る。

切替道路まで行こうと思っていたが、ツレもいたので片貝橋で折り返す。
橋のたもとにあった石碑類はまだ残されていた。
この橋もこのまま水の中に沈んでいくのだろうか。

130309kendo2.jpg

再び戻って、大きな橋を見上げる。
もう二度と見られないのかなと思いながら。

いつかあの橋の上から眺めたとき、流れる感情はどんなものだろう。
たくさんのいろんな思いがあって、あの道がある。
通るときは思い出すようにしよう。

130309yanagawakyoku.jpg

106号をさらに東へ走る。
県交通の簗川線のルートが変わるのかどうか気になったため。
でも、旧道となる道に存在するバス停に特別な貼紙はなかった。

106号の旧道となる道は簗川道路開通後も通過できるようだが、
6月以降は熊谷砂利店簗川採石所入り口付近の工事のため、通り抜けできなくなるそうだ。
そのときなのかなと推測する。

曽利田バス停(頭がないポールだった)を過ぎると、新しい道路と合流した。
そしてほどなく簗川郵便局。

ここまで一日一本のバスがやってくる。
錆びたポールが気の毒だった。

○岩手医大で卒業式。薬学部(114人)は初めての卒業生(8日)
○盛岡市が浅岸三丁目地内の宅地7783平米をミネルバ開発に売却する議案が可決(8日)
○メモ 麗央(なお)、光太郎(こたろう)/真莉(まり)、紗衣(さえ)/悠基(ゆうき)・洸輝(こうき)

もりおかのバス停 その131

もりおかのバス停 その131 大手先口


昔は「愛宕町口」だったが、2008年7月に「大手先口」に名称変更になった。
理由は、たぐち脳神経外科クリニック通所リハビリセンター脇に
新しい対となる「愛宕町口」ができたから。

バス停は残された。
本町通一丁目がすでにあったということもあって、大手先という名前が採用されたのだろうか。
いずれにしろ、いい取り組みだと思った記憶がある。

県交通がバス停名を決める基準はよくわからんが、こんなこともある。

■松園山岸線 310(盛岡駅)

(撮影日 2012年11月)

Template Designed by DW99