FC2ブログ

131001 タケダスポーツ仙北店

2013年10月1日(火)くもり

10月、制服が変わって、街の色が変わる。
冬服になると、とたんに学校の区別がつかなくなる。
埋もれて行くような感じ。



きのう、タケダスポーツが民事再生法の手続きを申請したという。
負債総額も約54億円で大きい。

僕が見たニュースの映像は、仙北店の建物が映されていた。
今はないが駅と同じ「もりおか」の文字が印象的なところだった。
本社が永井にあることを初めて知る。

盛岡育ちではないので、ピンと来ない部分もある。
地元の人には、仙台で例えるとサイカワがなくなったときような風が心に吹いているのだろうか。

これからはゼビオの支援を受けていくという。
文字通り再生されることを願う。

(さよなら菊水)
131001kikusui.jpg

季節の変わり目。
驚いたのは菊水の閉店だった。
盛岡劇場近くにあるやきとりのお店。
きのうでおしまいだったそうだ。

訪ねてみると、ひっそり。
お知らせはなかったので、どうも実感がない。

131001kikusui-harigami.jpg

夜、再びお店の前を通ると貼紙があった。
ビニールに包まれた文書を読む。閉店前に書かれたもののようだ。
55年の歴史があったことを知る。
さよなら。

131001masuda-bill.jpg

肴町の枡田ビルの解体はほぼ終わった。
御幸新道は杜陵老人福祉センターのスギの伐採もあって、すげえ変わった。

折り返し。
なかなか先行き不透明な感じになって来た空気。
でも3人でがんばる。これが基本。

○タケダスポーツあれこれ
・1954年 武田運動具店として創業、1964年 武田スポーツに法人化
・1989年 タケダスポーツに商号変更
・今後はゼビオの支援による再生をめざし、23店舗の営業、従業員292人の雇用は継続
・県内企業の倒産としては、1966年以降で負債総額は14番目に多い
○盛岡市議会 公平委員会委員の同意人事で紛糾も、議長が市に厳重注意し可決(30日)
○街角の年金相談センター盛岡が七十七日生盛岡ビル4階に開所(30日)
○山田線の社会実験がスタート(30日)
○メモ 悠貴(はるき)、湊一(そういち)、禅芯(ぜんしん)/夏鈴(かりん)、美和、いろは

Template Designed by DW99