FC2ブログ

もりおかの坂 その86

もりおかの坂 その86 新庄坂(岩山坂)<仮称>


盛岡市民の人なら、たぶん一度は行ったことがあると思われる岩山。
そのメインルートでもある盛岡バイパス側の入口がこの坂になります。
「岩山入口」交叉点から、早くもそれなりな風情を醸し出してはじまります。
吉昭石材工業から、もう坂です。

はじめは小ぶりな印象がするのは、見通しがないからかもしれません。
新庄バス停までは序章といった感じ。

070825shinjyosaka3.jpg

バス停を過ぎると、この坂がなかなかの大物であることに気づきます。
新庄浄水場(正確には配水場)まで、ほぼ一直線に傾斜が伸びているのです。
300m近くあるのではないかしらん。

三田な世界(独身寮があり)が終わると、両側に民家。
歩くと、傾斜のきつさというよりは長さが大変です。
自転車では、もちろんダブルのダメージがあるだと思われます。

070825shinjyosaka.jpg

坂は新庄浄水場で一区切りでしょうか。
温度計がある突き当たりから振り返ると、南昌山の屏風がひろがり、やはり登ったなと思います。

ここから、まだまだ道はつづきます。
クランク状になっているこのあたりからは、加賀野の大日如来へ下りる道。
浄水場の間にある東桜山への分岐点。
最後に、その先にある、つつじが丘と岩山の分かれ道。
だいたい、この分かれ道で自分の中での一連の坂が終わるような気がします。

極めてノーマルですが、バス停名につられて「新庄坂」とでもしておきます。

もりおかの坂マップ
→その85までプロット済み。やや重くなってきました・・。

この記事のトラックバックURL

https://iwatelife.blog.fc2.com/tb.php/1088-c2aef417

コメント

分岐点
 まるとさんなら、分岐点から上るものと下るものを二つ一緒にして何か気の効いた呼び方をするのではないかと期待しています。
分岐点
新庄のこの長い坂は、個人的にはつつじが丘への分岐点が区切りなのかなと思っています。
そこから先は、どちらも新しい名前をつける坂もしくは山道と理解しています。
新庄坂
 岩山漆芸美術館へ上る坂とつつじヶ丘に下る坂の分岐点はこの近くですか? この二つの坂をどう表すのでしょうか?

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99