FC2ブログ

011017 肴町

10月17日(水)はれ


あまり意味はないが、こちらも最近入れ込んでいる餌差小路かいわい。
坂本屋さんの建物。ごついなあ。
実はこの先の阿部鮮魚店ラインも好きなのだが、それはまた別の機会に。

071017seishunkan.jpg

もりおか啄木・賢治青春館へ入る。
中に入るのは、オープンしたての頃以来じゃないだろうか?
ずっとお金がかかると思っていたが、実は入館料が「無料」だったことを知る。

2階の企画展はお金がかかるときもあるらしいが、
31回目の企画展は「立原道造と盛岡」展。やはり足が動いてしまう。
お昼休みだったが、中はまばら。
メインは、盛岡ノートの原本だろうか。見覚えある表紙だったが、かなり薄いことを知る。

個人的に印象に残ったのは、盛岡から水戸部アサイにあてた手紙。
最後に「では さようなら」が二重線で消されて、その隣に「迎へに来られる?」と書いてある。
意外と読み易い字とともに、ココロの揺れみたいなものを感じた。

アサイさんの写真もあったが、今の時代にもいそうな顔立ち。
へえへえへえと眺めた。

青春館。無料ならば、これからはもう少し入ってみようかと考え直す。

071017kudo-ryori.jpg

またまた夜は夜。
今度は日付を越える。
嗚呼。

○岩手21赤べこ野球軍団が休部へ
○盛岡市市勢功労者に4人と1団体
○盛岡市と石川啄木記念館が「悲しき玩具」の復刻本を発行
○市長の日程(17日)企業立地促進法に基づく基本計画に対する同意書の交付式、(移動)東京→盛岡

この記事のトラックバックURL

https://iwatelife.blog.fc2.com/tb.php/1150-ed982de7

コメント

文字
文字って意外に大切で、生まれ変わったら、もっといい字を書きたいものです。
盛岡ノートは持っていて、損はないと思います。
思い出したら、適当にページを開いて、鑑賞ができる不思議な本です。
青春館
私は今日行って来ました。
「盛岡ノート」は買おうか買うまいか迷ってたクチでしたが、展覧会を見てそのまま肴町の東山堂に直行しました。たしかに読みやすいし、丸っこい人柄が感じられました。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99