FC2ブログ

080605 加賀野四丁目

6月5日(木)晴れから予報通りの雨へ


加賀野四丁目、大日如来の入口。
何かが足りない。こんなに鳥居がすっきりと見えるはずはない。
そう、あの松舘商店がなくなってしまっていたのだった。
分かれ道がつくる鋭角の土地は更地に変わった。
加賀野にあった頃の市立高校に通っていた人は感慨深いのではないだろうか。
自分にはそんな記憶はないのに、けっこうしみじみしたから。

080605boco.jpg

それからゴーウエスト。上田あたり。
ちょっと気になっていたお店「BoCo」(ボコ)をのぞく。
お惣菜とお弁当のお店。

ロールキャベツに異様にひかれてしまったが、バランス弁当をセレクト。
小分けにされた(12だったかな?)スペースにご飯やおかずが並ぶ。
普段あまり口にしない、ブロッコリー、カリフラワー、トマトがしっかりと入っていた。
いかにバランスを欠いた食生活をしているか、かみしめながら食べた。
好きなものはおいしかったですよ。

値段設定も面白い。650円というのもあるのに、648円というのもある。
その違いにどんな意味があるのだろうとすごく気になった。ポリシーがなにかあるのかしらん。

ちなみに店内で食べることも可能とのこと。
そのときはみそ汁がつくらしい。

080605anmagarin.jpg

さらに長田町の福田パンへ。
あんマーガリンを入手しようと思ったのだが、ここではパッケージはつかないことに気づく。

そうそう、道路向かい側の旧店舗は「ながた町整骨院」「セラピーながた町」というお店に。
長田町をひらがなで表記すると、違った味わいがあるな・・。

結局、ベルプラスワンでパッケージ入りを入手。
温めて食べるとおいしいらしい。そのうち試してみたい。

いろいろあった二乗の日。
そのいろいろが終わる頃にはしっとり系の雨に。

(材木町のしゃおしゃん)
080605shaoshan.jpg

夕顔瀬橋たもとにあった「しゃおしゃん」は5月末で閉店。
手書きの味わいのある挨拶が入口に貼ってありました。
------------------
お客様へ
せっかくいらして下さったのに申しわけないのですが
材木町の「焙茶工房しゃおしゃん」は
二〇〇八年五月三十一日をもって
移転のため閉店いたしました。
今後は通信販売にてお茶のご注文を承ります。
また、来年の夏ごろを目処に
雫石町長山にて
予約制試飲サロンを再開する予定です。
五年間のご愛顧、ありがとうございました。
今後も「しゃおしゃん」をよろしくお願いします。

二〇〇八年六月一日
感謝をこめて
(以下略)
----------------------
1回だけですが、すごく落ち込んでいたときに行って救われた思い出があるお店です。
しみじみとこの場所でのしゃおしゃんにサヨナラしました。

■もりおかの集積所(第二部)■ その71 境田町のツインズ
080510sakaida.jpg

境田町と中屋敷町の境あたりであった双子系小屋タイプ。
赤みを帯びた本体もいい感じですが、面白いものも設置されています。
画面右の小屋に長い木片がぶらさがっているのですが、これは「スプレーかん穴あけ器」とのこと。
画面左にあるポリタンクは乾電池入れと廃ライター入れらしいです。
ぜひ現地を訪れてみていただきたい集積所のひとつ。

○クラブチェンジがあるビルの1階に互助センターの広報が入居していたことに気づく
○上田の「とんかつのまる岩」が5月末で閉店
○日本たばこ上田一丁目アパートが解体風情
○盛岡西バイパスの道路構造の見直し
→高架4車線、平面4車線から平面6車線(当面は平面4車線)へ
○滝沢村 交通死亡事故ゼロ1年半を達成(5月31日で)
○環境省選定の「平成の名水百選」に「大慈清水・青龍水」と「中津川綱取ダム下流」が選ばれる
○岩手県の07年合計特殊出生率は1.39(06年と同じ)
→生まれた赤ちゃんの数は10,344人(06年比 ▲212人)
○東日本ハウスは本社機能を東京に集約へ。登記上の本店は盛岡市のまま
○岩手大学の学長かわる

この記事のトラックバックURL

https://iwatelife.blog.fc2.com/tb.php/1438-2cb7c44e

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
私は
私は未踏のままでした。
上田界隈もうごきがはげしいですね。
梨木町への道も確実に変化していますよ。
まる岩の思い出」
そうなんですか。まる岩が閉店ですか。およそ30年くらい前に裏の入り口から入ってラーメンをいただいていました。以外と安くておいしかったのを覚えています。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99