FC2ブログ

090927 大新町

9月27日(日)晴れ


大新町の南にある大館町遺跡に立つ。
はじめてここに来たときは「大新はらっぱ」と勝手に名付け感動したものだ。
その風情はほぼ変わりなく残されている。
ただ園路や説明板は、あのときから変わっていること。

大館町遺跡は岩手県指定史跡とのことで、縄文時代中期のムラの跡。
県内でも最大規模で長期間営まれていることから保存となった書いてある。
けっこうすごい場所だったんだ。

大新小学校へ出る。
入口には「第36回スポーツの祭典が新型インフルエンザの為中止となりました」とある。
影響はじんわりと。

090927tatesawa.jpg

国道46号で田沢湖線を越えようとするあたり。
北天昌寺町のコーポたてさわが解体風情。
ここは何度も通っているはずなのに気にもとめていなかった。
こうしてちゃんと見ると、6つの三角屋根がかわいらしいなと思う。
同じ敷地に第2コーポたてさわもあったようだが、そちらはすでに消えた。
いずれ新しい建物ができるようす。建築計画の看板があった。

(運転免許証更新)
090927aina.jpg

アイーナ1階にある盛岡運転免許センターへ行く。
5年前は釜石だった。さらにその前は玉山へ行ったと記憶している。
いずれにしろパスポート以来だろうか、必要性があってこの建物に入るのは。

最初に更新自動受付端末というのがある。
免許証を入れて、それから暗証番号を2つ入力した。
すると更新申請書がペロッと出てくる。便利なったものだ。
そのまま前に進んで、更新手数料と更新時講習手数料用の県証紙を買う。

申請書に電話番号などを記入したら、適性検査(視力検査)。
裸眼の視力を口頭で言ったら、最初から眼鏡をつけてやることになる。
右、左、両方。

次は窓口へ。免許証更新は3つの窓口。
一式提出して、しばらく待つと10人くらいを単位にして呼び出される。
申請書を渡されて、内容を確認するように言われた。
法改正の関係で、普通とは記載されず中型との記載になる。ただし条件付き。
履歴書も中型免許と書くことになるらしい。

そして、いよいよ写真撮影。5年間つきあう顔だから慎重になる。
しかし整える時間はあまりなく、あれよと撮られてしまう。
色付きの札と暗証番号等が記載された紙を渡されて、講習の時間まで待つことに。

講習はいろんなタイプのものがあるわけだが、説明とビデオを見て終了。
その教室で新しい免許証が交付された。ほぼ札の番号順で交換。
手に入れた免許証の顔写真はうーむ。
がんばってダイエットすべきだったか。仕方なし。

試しに最初にあった機械に新しい免許証を入れてみる。
暗証番号を2つ入れると、免許証と同じ画像がでてきた。
次はどこで更新するのやら。

○大沢川原の宮田燃料店の建物が解体中。数日で消えそうな感じ
○大沢川原の壱寸がランチ営業を9月7日から休止。夜の部に力を入れるため
○みちのくSANSA・CUP(小学生ドッジボールカラーコート全国大会)が盛岡で開催
→15チームが参加
○県高校新人大会テニス女子団体 盛岡白百合学園が15年ぶり11度目の優勝(26日)
○北東北大学野球リーグ1部プレーオフ 富士大は八戸大にサヨナラ負け(26日)
→2部 1位 盛岡大学(8勝1分け1敗)、2位 岩手県立大学(5勝5敗)
○トップイースト 釜石SW21-31三菱重工相模原(26日)

この記事のトラックバックURL

https://iwatelife.blog.fc2.com/tb.php/2045-d853605f

コメント

大新町
大新町にも歴史ありですね。
みやさかストアー、古い地図で探してしまいました。
ちゃんと名前がありました。

はらっぱという呼び名があったんですか。嬉しいです。

大新町の歴史はあまり公式な本では知ることができませんので、
また何かあったら書き込みお願い致します。
更新
以前は申請書に写真なんかを貼ったような記憶がありますが、ほんとあれよという感じになりましたね。
だいぶ前になくなったそうですがみやさかストアなんて懐かしすぎて号泣です。
懐かしすぎるお店として、昭和40年代に存在していたのは瀬田商店、田沼商店、田頭商店、印部さん…みんな浦島レベルで年月を実感します。
迷香さんへ
お~~っていうことは厨川中ですか??
私の頃は1学年11~13クラスあってマンモスでした。
11組以上は校庭のプレハブ教室。
1クラス45人で今では考えられない人数。
北稜中ができるまでそうだったみたいです。

みやさかストアをご存知ですか?
道路はさんだ向かいに日清カップヌードルの自動販売機が
盛岡で一番最初にできて毎日通いました。
受験勉強の夜食にと・・・コンビニがない時代でしたから
でもほとんど売り切れていました。
ただただ懐かしいです。
最近毎晩こちらのブログを訪れて昔の盛岡を探す旅に出てる感じで・・年かな・・きっと。
あ…あの…、私の実家もこの近くです。かつては厨川字小屋塚でしたね。懐かしい響きです。この画像は建物には見覚えがあるのにこの整備された道の記憶がありません。きっとこの10年内に整えられたのでしょうね。大新原っぱという呼び名は私が子供の頃にもありましたが遺跡とは、今知りました。東北本線沿いの防風林のあたりを掘ると土器・石器が見つかるという言い伝えがあったのも思い出しました…
私の実家
大新町に私の実家があります。
両親が土地を購入した昭和44年はまだ字小屋塚と呼ばれていて梨畑でした。
庭にも何本か梨の木があったのですが虫がすごくつくのとヘビがよってくるのには閉口。
中3の夏休み部活から帰って2Fの自分の部屋に入ったら
青大将がトグロを巻いてこっちを見ていました・・・・で父が即伐採。
それと・・・こんなこと書いていいのか
大新町は2件も殺人事件がありました。
最初のは大新小学校のできる前の年に建設用地で。
内容を知ってるだけに忘れちゃいけないような気もします。
何故か最近仕事が一段落するこの時間
故郷の新鮮さとキュートな猫さんたちに癒してもらうのが日課になってます。
私も更新しました
私も1月に免許の更新をしてきました。
一本木の頃と比べて、随分スピーディーになったもんです。

期限切れの免許証は記念に貰ってきました。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99