FC2ブログ

もりおかのバス停 その74

もりおかのバス停 その74 薬師神社前


水道橋くるみ幼稚園の前を通り、ほどなく薬師神社。
鳥居の前に錆びて色あせた薬師神社前のポールがある。

ここから銭掛まではフリー区間。自由に乗降できるはず。
一度は乗ってみたい銭掛行き。でも果たせないでいる。
本数が少ないこともさることながら、終点まで乗る勇気が出ないのだ。
バスで一人だけになったときってどこか気まずいから。

■浅岸学校線 (銭掛、盛岡バスセンター)

この記事のトラックバックURL

https://iwatelife.blog.fc2.com/tb.php/2063-954e4807

コメント

今では途中の峠はなんなく越えてしまいますけど、苦労がしのばれます。
そしてこの路線に歴史があることを知りました。
銭掛
私の亡くなった叔父は路線バスの運転手をしていました。
生前に聞いた話では、銭掛路線の山道の道幅が狭いところでは
ダブル・タイヤの後輪の外側が路肩からはみ出して空中を
回転してしまうところがあったそうです。
その頃
よっちゃんさん
私は今の道しか知りません。だからありがたみを感じる気持ちが薄いのかも。
この前、バスの日で見たボンネットバスの雰囲気を思い出しながら、その様子を想像しました。
ありがとうございました。
折り返し
merumeraさん
やはり先人がいらっしゃるのですね。
あの回転場で運転手さんと二人きりですか。それも楽しいかもしれませんね。
あとは自分の勇気が出てくるのを待つだけです。

いずれバス停のポールは撮影しなければなりません。
暖かくなったら、またたどろうかと考えております。
でこぼこ道路
子供の頃、ここの路線は、ボンネットのバスが通っていました(たしか)。
銭掛まで行くのは、結構それなりの覚悟が必要だったと思います。
だって、ものすごいでこぼこの砂利道で、ひどいときは、いすから体がジャンプして、
天井近くのものを置くネット(今では棚ですか)に頭が付くくらいでしたから。
祖母たちとワラビ取りかなんかに、浅岸小学校まで行きましたが、
子供としては、そのジャンプが楽しかったです。
今は本当にいい道路になりましたよね。
銭掛折り返し経験者
路線バスに乗るのが趣味の私は、銭掛折り返しなどの終点折り返しを多く経験しております。折り返しに時間があるときは、周辺の景色、その先はどうなっているのだろうと好奇心旺盛にすごします。が、そんなに時間をつぶせず、運転手さんとお話することが専らです。たいてい、バス話にはじまり、今の不景気の話へ・・・。
銭掛の運転手さんは、私は、その手の趣味者だと察したのでしょうか、方向幕をいろいろ回転して、今は無き行き先を見せてくれました。日の戸、城内、一本木、土渕。数軒しかないさびしい回転場ですが、気まずくはないですよ。折り返しの約20分。ちょうどいい時間でした。去年の岩手山初冠雪の日でした。
おりかえし
例えば、銭掛行きや簗川局行きのバスに乗ったとき。
一人になったら気まずいなあと感じてしまいそうで、こわいのです。
路線バス
私が仕事で中国に赴任していた1年4ヶ月、路線バスに乗って知らないところに
行くのが楽しみでした。
終点まで行って折り返しのバスで帰ってくればマンションに辿り着くので。。。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99