FC2ブログ

091219 鉈屋町

12月19日(土)晴れのちくもり、雪も少々


岩手川跡地に建設中の(仮称)鉈屋町地区消防コミュニティセンター。
現場事務所ができて、敷地が柵で囲まれたよなあ・・なんて見ていたのだが、
きょう通ったら、もう鉄骨で建物のかたちがわかるみたいな状況。早っ。
現場に掲げれている看板を抜粋すると・・
------------
工事名 (仮称)鉈屋町地区コミュニティ消防センター建設(建築主体)工事
工事場所 岩手県盛岡市鉈屋町439-3,442ー2,443-2
工 期 自 平成21年10月28日 至 平成22年3月17日
発注者 盛岡市長 谷藤 裕明
設計管理 盛岡市建設部建築住宅課建築係
施工者 建築 東野建設工業株式会社
    電気 ムラテック
    機械設備 有限会社中野設備工業所
------------
完成予想図はなかったので、どんなふうな塩梅になるかはわからない。
盛岡市が自ら設計管理であれば、それなりに周囲に配慮はするのだろうが。

木造の建物の側面は拝めなくなった。
そして、とある絵と同じ角度で謎の2階建ての建物を眺められる角度も失われた。

091219shitacho.jpg

それから下町へつづくT字路交叉点あたり。
あれま、大きな家がひとつ消えてしまっていた。
金属板で覆われていた壁には、政党や英会話学校のポスターが貼られていたものだ。
気がつかないほど、通っていなかったか。そんな自分にショック。
どうやら新しい家が建つようす。

雪の上積みはそんなになかったが、真冬日だったので白い風景のまま一日は過ぎる。
このまま年越しなのかなあ・・。

(多賀アパート跡)
091219fukushima-rinten.jpg

清水町の多賀アパートA棟が消えたのは2008年の冬のこと。
車が停まっていたりして、よくわからない跡地利用だったけど、プレハブ風の建物がひとつできた。
なんだろうと思っていたが、そこで福島輪店が営業をはじめている。
多賀アパート時代もあって、解体によってダンス教室の下に移転していたが、さらに移転したわけだ。

○JR東日本の来年3月のダイヤ改正 
 午前6時7分発のやまびこ42号が仙台ではやて100号に接続。乗り換えれば、東京に9時4分に到着
○川井村閉村式。来年から区界トンネルをぬけると宮古市に
○なまえ 裕羅、晴希、心音、希空、隼

この記事のトラックバックURL

https://iwatelife.blog.fc2.com/tb.php/2155-0cab6b23

コメント

むさしや
最近のあのかいわいですが、
突き当たりの「むさしや」は健在ですよ。
むさしや
団子屋さん覚えています。
ここのしょうゆ団子がおいしくて大好物でした。
あと、あさ開きの向かいに駄菓子屋があって10円とか5円で買い物をしていました。
私はこの下町を通歩いて久昌寺保育園へ通っていました。
神子田に近い鉈屋町に「星山さん」という駄菓子屋もあってよくお菓子やおもちゃを買っていました。
肴町の裏にも駄菓子屋があった記憶があります。そこは通るだけで買い物をしたことはないですが。
下町
角にあった床屋、川村とか言わなかったかなぁ。 
右側の角は東豆腐店、そのあと付近に移転したが・・
下町はあさ開きの辺りから上り坂になっていて、
突き当りが「むさしや」という団子屋と模型店があった記憶が
あります。昭和30年代初めのころの話 
下町
下町は、「したちょう」と読むんですよね。
角にある黄色い建物は、床屋さんでした。
小さい頃よくここで「おかっぱ」に髪を切ってもらっていました。
自分の好きな髪形にできなくて、いつも不機嫌でした。(笑)
下町って通称らしいんですよね。幼い頃祖母の妹がこの界隈に住んでいました。
大きくなって地図にも自分の周囲の会話にも下町という言葉がなくて内心戸惑っていました。画像が記憶にあったらしく人目みて「あ”」と思いました。下町という文字を見て一人懐かしさをかみしめました。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99