FC2ブログ

100729 もりおか啄木・賢治青春館

7月29日(木)くもりから強い風と雨
100729seishunkan.jpg

非常事態。
もりおか啄木・賢治青春館にかけこむ。
1階にも、2階にも目的の施設がなく焦る。
だが、それは外付けのエレベーターあたりにあった。

無事に用を済ませる。
木の色が目立ち、落ち着いた雰囲気のトイレだった。

ひといきつけば、冷静に世の中を見られる。
入口にあたりに段差をつけながら、座る場所が三つ。

午後になってから強風、そして雨。
僕も雨にきちんと逢って、びしょぬれになりながら家路へ。



もりおか歴史文化館の前庭入口に新しい案内版が設置されていた。
盛岡信用金庫の寄贈で、これで3基目。28日に除幕式が行われたのだとか。
他のと違うのは、地図の範囲が岩手公園以外の周辺部分にも広がっていること。
そして、その脇にポスターコーナーもある。
今は当然のことながら、さんさ踊り。
ここだけ先行して、根っこを抜いていたのはこういうことだったんだね。

新聞記事によると、280万円相当。
この手の看板は結構お高い。
○第46回盛岡市小学校水泳記録会@市立総合ブール。約900人参加(28日)
○美ら島沖縄総体2010 岩手県の旗手は盛岡市立バスケ部の晴山選手
○玉山区では午後7時、正午、午後5時、午後8時に時報が流れるそうだ
→うち午後8時については、8月1日で休止へ

この記事のトラックバックURL

https://iwatelife.blog.fc2.com/tb.php/2399-aaa13ec0

コメント

時報
個人的に時報で思い浮かべるのは、河南地区に流れるイーハトーブの風でしょうか。
時報…今となっては懐かしい言葉になっていますね。子供の頃は青山町にあった製薬会社の工場のサイレンの音が外遊びを終えて帰宅する時報の役目をしていました。まだ遊びたいのに、遊びを辞めて、みんながばらばらにそれぞれの家に帰宅していくのがとても寂しくて、涙ぐんで、この時報を非情に思った事が何度もありました。父や、夫の転勤に伴いいろんな処で暮らしましたが、やはり20時の時報は現代の生活状況に合わないという事で休止になるのがほとんどでした。
大迫では今でもベルンドルフの丘の鐘の音って鳴っているんでしょうかね…

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99