FC2ブログ

番外編 仙台市連坊小路



仙台駅の東に連坊小路という町がある。
とりたてて何があるというわけでもないが、高校に囲まれた穏やかなところである。
メインストリートは拡幅されてから、もう数年がたち「小路」な感じはなくなってしまった。
そこから一本南側に入ったところに国鉄の社宅がある。
かつては「連坊小路国鉄アパート」と名乗った社宅群は数年前に半分取り壊されマンションに変わった。
そして残っていた4つのアパートも最後の時期を迎えようとしている。

もう既に誰も住んでいない。入口はベニヤ板が打ち付けられて入ることもかなわない。
草は好きに伸びて、人がいなくなるとこんなに簡単に荒れ果てるのかと驚く。
まるで松尾鉱山みたいな状況だった。

僕はここに小学校から高校生まで住んだ。
大げさに言えば、ここで人間としての土台と価値観を作った。
それがなくなろうとしている。
うまく消化できるだろうか。

「そんな時代じゃないんだよ」
わかっているんだけど・・・。

この記事のトラックバックURL

https://iwatelife.blog.fc2.com/tb.php/242-5013aeaf

コメント

感謝
鉄平さん
今でもあのお店は自分の中の文房具店の原点です。
中の雰囲気はいまでも感覚として残っています。
私もコメントいただけて嬉しいです。
嬉しいです。
自分は西本文具店の孫です。

こんなところに西本の名前を見れて幸せです。
連坊小路
いしさん はじめまして。お生まれの年からすると、学校はすれ違いになりそうですね。
ただ弟さんは、同級生だったかもデス。

大黒屋のがんづきは、私の子供の頃は貴重なおやつでした。
そして、覚えているのは遠藤商店です。ここの駄菓子で成長したようなものです。
国鉄アパートの敷地で遊び、気が向きゃ一高で凧をあげてみたいな。
あのへんはいつまでもボクのノスタルジアな場所です。

正月に連坊小路のアパートに立ち寄りました。
まだ残っていたかと驚きましたが、今年中には消えるのでしょうね。
とても寂しいです。

盛岡もかなり変わったと思われますが、ぜひ遊びに来てください。
(ここ数日は雪なんで、暖かくなりましたら・・・)
ついうれしくて
はじめまして、私は生まれてから19年間仙台で過ごし、その後6年ほど盛岡で暮らしてから
またずっと仙台に住んでる男です。
今日たまたま、連坊の大黒屋さんの雁月について高校時代の友人と話をしてましてググッてたらここがヒットしまして、そうしたらこの内容。つい嬉しくなって1年半前の記事にコメントしまいました。
私は66年生まれなのでまるとさんとは同じ時期に通学ってのはありえないとは思いますが国鉄アパートには高校の同級生もいたし、連坊界隈は随分うろついてましたから、もしかしたらすれちがったことくらいはあるのかもしれませんね。
そうそう、モリヤさんの息子さんだったかな?、私じゃないですけど弟が小学校時代同級生だったらしいです。
連坊小路
コメントが2件も!ありがとうございます。

まろんさん
モリヤは初めてイチゴ大福を食べたお店です。
話したことはないけど、同級生がいたお店です。
私はどちらかというと大黒屋が好きでした。今回は残念ながらお休み。がんづき食べたかった・・。

hiroさん
僕は一高へ続く道にあるエンドウ商店にお金を注ぎ込みました(笑)。
文房具はニシモト、スーパーはマーキュリーストアです。

盛岡へ行く子がいたのは覚えています。
僕は岩手に来て、逆に山がたくさんあってとまどった口です。
でも岩手山があるから、この町に住み続けているのだと思います。
連坊小路 その2
はじめまして

私は まるとさんよりちょっと早い時期、連坊の国鉄アパートに4年ほど住みました。
懐かしいですね。

一銭店という こども相手の駄菓子屋にどれほどお小遣いを注ぎ込んだか・・・・
パン屋、八百屋、本屋、文房具屋・・・いろいろな店が並び、ほのぼのした通りでしたね。
夏休みにはアパートの壁をスクリーンにして映画会があったのも楽しい思い出です。

ただ仙台には盛岡で毎日見ていた岩手山のような山がなくて 変な感じでした。
4年後、また盛岡に引越し、夕顔瀬橋から見た岩手山は美しかったです。
私も生まれ育った下田の国鉄アパートは跡形もないけれど 忘れられない原風景です。



連坊小路
はじめまして。
パン大好きのまろんです。
毎日楽しみに見させていただいています。

こちらから幸町さんを知り、幸町さんのところも覗かせていただいています。

連坊小路に菓心モリヤというお店ありましたよね?一高のところの交番の斜め向かいです。
昔バイトしていました。
仙台へ行くことはあっても、なかなか連坊小路まで足をのばすことはなく、エスパル店を覗いては懐かしく思っていました。
思いがけず「連坊小路」という響きにふれられ、うれしくてコメント書いてしまいました。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99