FC2ブログ

060501 加賀野二丁目

5月1日(月)薄い晴れ


見慣れた町から少しずつ慣れていない町へ入って行く。
人生は旅に例えられることが多いが、そうなんだと思うときもある。
自分にとっては、盛岡バイパスを渡ると、一線を越えてしまった気分になる。

加賀野二丁目の裏路地。ここだけ何故か道が細い。
向こう側に僕を見ている猫がいた。
どちらかというと猫のほうが好きだ。どこか間に何かが挟まっているようなスタンス。
そんなふうに生きていけたらいい。

060501sasamori.jpg

バイパスの向こう側の加賀野は浅岸へ向かう道路ができてかなり変わった。
バスを誘導するおじさんはいなくなり、加賀野公民館の桜も近くなかった。
かつてのバス通りに足を踏み入れれば、ぬくもりこそ残っているけど
松舘商店も笹森酒店もこころなしか寂しいのはなぜなんだろう。

大日さんの鳥居を抜けて、岩手保護院の壁を見て、新しい家が立ち並ぶエリアに出る。
桜が数本並ぶ場所がある。もしかして市立高校の名残なんだろうか。
ちょっと前までは専門学校の看板なんてのがあって、学校があったことを教えてくれたがそれも今はない。

宅地を抜けると、体育館やテニスコートがある。
思い出を探り出したら、キリはないけど、少し目を閉じて思いを馳せるのである。

060501tenjincho.jpg

一方でバイパスの内側に戻れば、一種の安堵感みたいなのがある。
住吉町、天神町・・。「普段」の町ではないけど、なじむ空気が流れている。
それでも久しぶりの道に出会ったりして、記憶をまた繋ぎ直す。

剪定されてこぶりになった二高の桜。
きょうは綺麗だった附属の桜。
遠目に見ながら、春を思う城南の桜。

そうして、誰かと一緒にいないことを思い知らされた天神町の自転車。

○盛岡市の子育て支援施設は、大通のセントラルガーデンスクエア4階に設置
→昔のカサビルです。7月頃事業開始予定
○浅岸小学校の新入生も1人。複式3学級でがんばっています
○岩手県平均の65歳以上の介護保険料 月額3,686円(全国39番目)

この記事のトラックバックURL

https://iwatelife.blog.fc2.com/tb.php/480-6362ff88

コメント

市立高校跡
壁はピンク色だったんですか。
学校の歴史からして、女子が多かったということなんでしょうね。
あまり、市立高校の生徒を見ることはないのですが
まだ加賀野にあったとしたら、なかなか面白かったのではなんて想像します。
地図で見なしてみると、宅地半分、公共施設半分ってところでしょうか。
あれ~ 懐かしや。。
 毎日 あの鳥居をくぐって 壁がピンク色の校舎へ。  イチオウ 男女共学ではあったけど 圧倒的に女生徒が多かったなあ・・
 そうなんですか。。  移転後は 宅地になったんですね。
 
次の帰省の折に バスセンターから二高、付属小学校、中学校、バイパスに至るルートを 歩いてみよう・・   変わっただろうなぁ
加賀野の市立高校跡
猫は難しいですよね。じっとはしてくれません。
にこやかに近づいているのですが・・。

加賀野に市立高校があった時代をリアルに知らないので
なんとも言えないのですが
あのへんは宅地になっています。保育園もあったかな。
奥の方に職業訓練校と弓道場。
体育館らしき建物が加賀野地区センターです。

裏山は昔と比べれば変わっているのかどうか。
数年前、たずねときは裏山の中にある家は茅葺きではなくなっていて、しみじみしたものです。
加賀野2丁目
盛岡市立高校の跡地は、どうなっているのでしょうか?高校の時、国語の時間に裏山に上って教科書を読んだのを思い出します。
可愛い写真ですね。
私も時々、猫を撮ろうとするのですが
絶対シャッターきる瞬間に逃走されます。
それまで近場でジーって眼を合せてたくせに!
それが「猫」ってものなんでしょうか。
加賀野に甘酒やさんがあったけどまだ営業しているのかなあ・・・。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99