FC2ブログ

070326 岩手公園

3月26日(月)はれ


桜山神社と鶴ヶ池の間にある道に続くところ。
岩手公園トイレ周辺整備工事ということで、舗装の道が延びています。
看板によれば、請負額は3,570千円。
台所御門跡近くのトイレから東大通に出るまでの区間。
確かに雨の日のあとは、ありがたい気もしますけど。

なかなか遠くへ行くことができない日々。
そのまま腰曲輪まであがって、そらをつかもうとした日でした。
春だし、もっともっと遠くへ行きたいものです。

070326uchimaru.jpg

ここはテレビ岩手あたり。
ふと何気なく通る場所ですが、ここは国道106号の終わり(正確には始まり)のところ。
そう見ると、なんかすごいようにも感じます。
何事も考えようなんでしょう。
前向きに。

(きょうの掲示板 お休み)
良いのが撮れませんでしたので・・。
ちなみに公職選挙法では、「ポスター掲示場」というようです。

(ポスター掲示場)
第144条の2 衆議院(小選挙区選出)議員、参議院(選挙区選出)議員又は都道府県知事の選挙においては、市町村の選挙管理委員会は、第143条(文書図画の掲示)第1項第5号のポスター(衆議院小選挙区選出議員の選挙において候補者届出政党が使用するものを除く。)の掲示場を設けなければならない。

2 前項の掲示場の総数は、1投票区につき5箇所以上10箇所以内において、政令で定めるところにより算定する。ただし、市町村の選挙管理委員会は、特別の事情がある場合には、あらかじめ都道府県の選挙管理委員会と協議の上、その総数を減ずることができる。

3 第1項の掲示場は、市町村の選挙管理委員会が、投票区ごとに、政令で定める基準に従い、公衆の見やすい場所に設置する。

4 市町村の選挙管理委員会は、第1項の掲示場を設置したときは、直ちに、その掲示場の設置場所を告示しなければならない。

5 公職の候補者は、第1項の掲示場に、当該選挙に関する事務を管理する選挙管理委員会が定め、あらかじめ告示する日から第143条第1項第4号の2及び第5号のポスターそれぞれ1枚を掲示することができる。この場合において、市町村の選挙管理委員会は、ポスターの掲示に関し、政令で定めるところにより、当該公職の候補者に対し、事情の許す限り便宜を供与するものとする。

6 前項の場合において、公職の候補者1人が掲示することができる掲示場の区画は、縦及び横それぞれ42センチメートル以上とする。

7 前各項に規定するもののほか、第1項の掲示場におけるポスターの掲示の順序その他ポスターの掲示に関し必要な事項は、当該選挙に関する事務を管理する選挙管理委員会が定める。

8 都道府県の議会の議員の選挙については都道府県は、市町村の議会の議員及び長の選挙については市町村は、それぞれ、条例で定めるところにより、第143条第1項第5号のポスターの掲示場を設けることができる。

9 都道府県又は市町村が前項の規定によりポスターの掲示場を設置する場合においては、当該掲示場の総数は、1投票区につき5箇所以上10箇所以内において、政令で定めるところにより算定しなければならない。ただし、特別の事情がある場合には、当該都道府県又は市町村は、それぞれ、条例て定めるところにより、その総数を減ずることができる。

10 第3項から第7項まての規定は、第8項の規定によりポスターの掲示場を設置する場合について、準用する。

○盛岡と能登半島地震
全国中学生ハンドボール選手権大会が富山県氷見市で。
黒石野中の男子が出場していました。無事だったようですが、試合は残念ながら1回戦敗退
黒石野中16-28神森(沖縄)
○遠野ネタですが、大出小中学校が25日に閉校式。58年の歴史に幕
○25日 盛岡西消防署城西出張所落成式 総工費 約2億8,700万円
○どんど晴れのヒロイン 比嘉さんが盛岡駅の一日駅長
○コラゾンカンパニーは厨川一丁目に 盛岡で8店8業態を展開
→大沢川原にできた「城下町市場壱寸」「中華そば石割桜製麺工場」もそうなんだとか
○市長の日程(26日)県住宅供給公社理事会、県土地開発公社理事会

この記事のトラックバックURL

https://iwatelife.blog.fc2.com/tb.php/822-03ef2606

コメント

大出小中学校
閉校式のときは、3人の姿が写っていました。
統合後は、附馬牛小や附馬牛中に通うことになります。
道路は舗装されていますが、それでも結構距離あります。
中学校は遠野では再編の計画があるようです。
大出
 小出分校はとっくの昔に廃校になったけれど、大出が本校だったのですよね。つまり大出小学校、小出分校。その大出も廃校ですか。大出や小出の子供たちはどこの学校に通うのだろう、などという心配は子供がいなけりゃ必要ないのか。いるにしても、昔、バスで1時間以上かかった砂利道も立派に舗装されただろうし、スクールバスも用意されるだろうから時間もあまりかからないのかもしれません。
整備
私の場合、よその土地へ行くとき、いわゆる観光地には行きません。
生活の匂いがする場所、つまり町を歩きます。
現実もあれば、風情もあります。そのまま受け入れるようにしています。

ただ過剰なものに出会うと興ざめするときはあります。
今回の整備がどうかはあえて言いませんが・・。
今朝、出勤途中目撃しました。
岩手日報社本社前で、作業中のところを見ました。確かに、雨の日は良いでしょうが 「踏めば柔らかい感覚が足の裏に残る土の小怪をなして残さないのかな~」 と、為政者の感覚に疑問を持ちました。中津川原の遊歩道も同じですよね。盛岡ならではの「感覚」を残して欲しいと思いました。思わず写真を撮ろうかな~と思ったのですが、撮らなくて良かったです(笑)。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99