FC2ブログ

070624 緑が丘幼稚園

6月24日(日)はれのちくもり


坂を採集に緑が丘方面へ行く。
アネックスカワトクに寄り、ベスト電器ではじめての買い物。
結構スペースを使っていることを知る。望んでいたものもなんとか入手できた。
ついでにユニクロで生きていく上で必要なものを買い込んだ。

そらは少しずつ雲を増やして、日差しはとぎれとぎれになってくる。
坂の採集はほどほどにあきらめて、緑が丘幼稚園から再び市道へ出る。

緑が丘にもフローラルアベニューがあることを知る。
県営アパートに隣接した広い土地。まだ道だけだけど、知らぬ間に変わっていることだろう。

070624midorigaoka-chizu.jpg

アネックスカワトクと三高の間にある手書き系地図。
バス停の近くでもないし、あまり脈略がない場所にある。
高松のもりしんから黒石野保育園まで。それなりな範囲をカバーしている。

070624ekinishidori.jpg

駅へ戻る。新幹線25周年のイベントは終わりに近く。
トレインジャーが子供たちと記念撮影をしているところだった。
思う所あり、時間をつぶすことにし、西口へ。

マリオスの脇にあるエスカレータで人工地盤を離れる。
上り側に行ってしまい、反対方向に階段が動きだし焦る。
センサーで反応するみたいだが、毎度のことながら間違える。

下に降りた道は「アーバンモール」と呼ばれる道だ。そんな名前があることをはじめて認識する。
ラウンドワンもできて、風景的にも密度は高まった感じはする。
道の真ん中にひょろひょろした曲線。これは川の流れを現していると言う。

ワイズマンとラウンドワンの間もできたなという印象。
いつからか知らんが、銀色のベンチも数台設置されている。

どこまで行けるのだろう?
最後のガードをくぐりぬけると、そこは旧JR中川町アパートだった。
仮設住宅になったがゆえ、生き残っているこの建物。
もはやこの場所を知る最後の証人になるのだろうか。

070624iwayama.jpg

日は長い。安倍礼司が終わって、そらはまた回復傾向だった。
岩山へ行く。跳ねたくもたちと対面。
展望台(レストランがあるほう)の階段は工事中。
スロープで行く必要がある。結構大変であることを知る。

○高松のサンクスは改装中。ローソン跡はヤマザキショップで再出発している
○岩手競馬のコスト調整案が運営協議会で了承
・事業費を当初から4億8,100万円減の65億8,000万円に
・売上高の見込みは275億2,100万円に下方修正
・重賞と交流競走を除くレースで出走頭数を10頭以下に制限
・水沢の車載型映像装置を廃止など
○矢巾で「ちゃぶ台返し世界大会」が開催。岩大の3年生が優勝(23日)
○岩手競馬 第33回ジューンカップ ツジジオット(関本浩)<23日>
○きょうの自戒
http://blog.mf-davinci.com/mori_log/archives/2007/06/post_1234.php

この記事のトラックバックURL

https://iwatelife.blog.fc2.com/tb.php/946-90b38329

コメント

盛岡人
はじめまして。
水色のブックカバーは気になって入るのですが未読です。
そのうち、見ておきます。「おやれんせ」ですね。
盛岡人とは
初めまして。
最近、盛岡人とは、とよく考えます。
意外なところで、出会ったヒントが「盛岡冷麺物語」という本の中に
ありました。
「おやれんせ」がキーワードです。本屋で立ち読みしてみてください。
ご参考まで。
http://www.amazon.co.jp/dp/4903165019/
ありがとうございます
Funaさん ありがとうございます。
しんみりと読ませていただきました。
心の片隅に置きながら、日記を書きたいと思います。
はじめまして
盛岡に住んでいたのは幼児期の1年、そして中学、高校時代を過ごした彼是30年以上も前のこと。歳がばれちゃう(笑)  しかし、街のあちらこちらの画像は、当時の空気を感じさせ・・・・・・・心に染み入ります。こんな密かな大ファンがいることを忘れないでください。
はじめまして
PADDLEさん はじめまして。
生粋の盛岡人とはうらやましいですよ。
私に子供時代から高校生時代の盛岡の記憶があったら、深みがあるサイトになったんですが・・。

盛岡がすべてだと思いませんけど、住んでいるならやっぱり楽しく暮らしたいものです。
住んでいて楽しい気持ちがみんなの中に少しずつ広がっていけば、いい町になっていくのではないでしょうか。
はじめまして!!
 はじめまして!PADDLEと申します。現在岩手県盛岡市に住んでいます。生まれも育ちも盛岡の、生粋の盛岡人です!郷土愛が強いので(昔は凄く嫌だったけど…)、自分の愛する盛岡を紹介してくださって本当に嬉しいです。このサイトを通じて、盛岡や岩手に対して新たな発見や認識ができればなと考えています。宜しくお願いします!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99