FC2ブログ

もりおかの坂 その43

もりおかの坂 その43 高松の兄弟坂 兄坂<仮称>


登って下りたり、下りて登ったりという場合を除いたペアな坂というのは盛岡では珍しい。
マナ自然食から高松三丁目を緑が丘方面へ向かうとY字路があります。
小さな高松さんかく公園を挟んで2つの坂が別れていきます。

坂の世界では、男坂・女坂という名前の坂があります。
傾斜がきついのが男坂で、その反対が女坂。本場の東京には何箇所かあるようです。
また、夫婦坂というのもありますが、それは谷のように相対している場合をいうのだとか。
やっぱり、そのまま別れてしまっては縁起が悪いってところでしょうか。

なんとなく、どちらもしっくりと来ない。
そこで兄弟になぞらえるのはどうだろうと考えてみました。
仲が良い兄弟も世の中にはいると思いますが、
始まりはいっしょでも別々の場所へ向かっていくというのがボクの兄弟観です。

070707takamatu-otokosaka2.jpg

道幅が太いほうがやっぱりお兄さんという感じ。
ここは下から見るのがとても好き。
頂上の国道交通省高松宿舎からすぐ下り坂になるせいか、坂の向こう側が空なんですよ。
まるで、小さな港町にありそうな、登りきったら海だよ・・みたいな幻想を味わえます。
まあ、盛岡なんで、やっぱり海はないんですがね。
ここと北夕顔瀬にある坂が幻想を味わえる坂の両横綱でしょうか。

そんな幻想が終わると、ゆるりと下り坂が緑が丘方面へ。
そして、かつての競馬場への道へ出ると言うわけです。

「姉坂」でもいいのですが、とりあえず「兄坂」にしておきます。

この記事のトラックバックURL

https://iwatelife.blog.fc2.com/tb.php/987-1599fe23

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99